就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の自然体験が子どもを強くする!おすすめの自然体験や場所

幼児期の自然体験が子どもを強くする!おすすめの自然体験や場所

子どものころは自然に触れさせたほうがよいといわれています。しかし、自然と触れさせるといっても、どうやればよいかわからないママも多いのではないでしょうか。今回は自然体験が子どもに必要な理由や、子どもに与える影響、手軽に自然と触れ合う方法を紹介します。

家の近くにある自然の多い公園

幼児期の子どもに自然体験が必要な理由

自然と触れ合うことは成長につながる

近年、インターネットが身近となり、知りたいことや分からないことがあればパソコンやスマートフォンを使って手軽に調べることができるようになりました。

しかし、インターネットやテレビで得られる知識は、あくまでも文字や画像です。例えば、猫の種類や育て方を知ることはできても、猫の体の温もりや匂い、抱きしめたときに湧き上がる感情を知ることはできませんね。

自然と触れ合うことは、体験をとおして「感覚」や「感情」を知り、心の土台を作ることです。しっかりとした土台があって初めて、知識や情報を活かすことができるのではないでしょうか。

心と体が大きく成長する幼児期に自然と触れ合うと、しっかりとした心の土台を作ることができますよ。

自然体験が子どもの力を伸ばす

例えば、エアコンがない自然の中では、暑いときは日陰に入るか、川に足をつけることで暑さをやり過ごさなくてはいけません。しかし、ちょうどよい日陰がないときはどうすればよいでしょうか?

子どもは、木の枝や木の葉を使って屋根を作ればいいと考えるかもしれませんね。では、どうすれば快適な空間を作ることができるのでしょうか。

また、川に足をつける場合は川が安全かを確かめなくてはいけませんね。子どもは川の安全を確かめるために、住んでいる魚を観察したり、石を投げてみたりするかもしれませんね。

自然の中では、想像力や観察力を働かせなくては快適な環境を得ることができません。自然体験は子どもたちの生きる力も伸ばしてくれますよ。

親子で一緒に同じ体験ができる

子どもが自然体験をするときは、パパやママも一緒に自然を体験してみましょう。

パパやママは子どもが知らない星座や虫の名前、自然の道具を使った遊びをたくさん知っているので、子どもだけで自然遊びをするよりも深い体験をすることができますよ。

また、子どもの想像力や危険予知能力は不十分なため、子どもは「安全」だと考えていても実際は危険なこともあります。パパやママが見守ることで、子どもを思わぬ事故やケガから守ることができますね。

子どもが小さいうちはパパやママがリードして、子どもが成長したら少し離れた距離から見守るとよいでしょう。いろいろな感動や体験を親子で共有して、家族の絆を深めることができたらよいですね。

幼児期の子どもにおすすめの自然体験は?

虫取りなど生き物との触れ合い

子どもたちにとって「身近なところにいる不思議な存在」である虫たちは、今も昔も子どもたちの人気者です。

虫を捕まえて飼育するときは虫について調べなくてはいけませんので、子どもは自分で興味を持ったことを学ぶ力を身に着けることができます。また、虫の寿命は人間に比べるとずっと短いため、虫によっては生まれてから死ぬまでを見ることになり、命について考える機会を得ることができますよ。

ただし、虫が苦手、虫が怖いという場合は、無理に虫取りや虫の飼育にチャレンジする必要はありません。

動物園や牧場で羊やヤギなど、さまざまな動物に触れ合うこともおすすめです。温かい動物たちと触れ合うことは、優しい心を育てる効果が期待できますよ。

食べものを知る農業や味覚狩り

種や苗から植物を育てる農業体験や、いちご狩り、梨狩りなどの味覚狩りは、収穫した野菜や果物を味わえることから人気の高い自然体験です。

農業は土に苗を植えて水をやればよいというわけではなく、植物の成長を見て間引きや肥料をまいたりしなくてはなりません。植物は動物のように鳴くことも動くこともないため、じっくり観察する力を育てることができますよ。

また、収穫した後は調理体験もできるほか、野菜嫌いな子が野菜を食べられるようになるなど、食育の効果も得ることができます。

貸農園や自宅の花壇で本格的な農業体験をすることもできますが、近くに貸農園がない、マンションなどに住んでいる場合などは、プランター菜園や野菜栽培キットがおすすめです。

自然を感じる山登り体験

今では山で遊ぶ子どもは減ってしまいましたが、今も昔も山は自然の宝庫です。親子で自然を観察しながら足腰を鍛えられる山登りをしてもよいかもしれません。

山登りは、子どもの体の成長を助けるだけではなく、パパやママのストレス解消に役立ちます。頂上からの景色を楽しんだり、お弁当を一緒に食べたり、親子で喜びを共有することができますね。

ただし、山には蜂やクマなどの危険な生物がいるので注意しなくてはいけません。また、子どもの体力に合わせた山やコースを選ぶ必要があります。

子どもと一緒に登るなら標高300m程度の低い山が最適です。地域のお年寄りが散歩コースにしている山や、近所の幼稚園が遠足で登る山を調べてみるとよいでしょう。

幼児期の子どもでも自然体験ができる場所

「自然体験」というと、どこか特別な場所に連れて行かなくてはならない気がするかもしれませんが、家の近くにある自然の多い公園でも自然を感じることはできます。

例えば、住宅街にある公園でも、桜やイチョウなどの木が植えられていることが多く、春になるとタンポポ畑になる芝生や、季節ごとの花が咲く花壇もあります。大人には物足りないかもしれませんが、幼児期の子どもにとっては、自然と触れ合うことができる場所です。

また、都市部でも神社やお寺などの周囲は自然が残っていることが多いほか、各自治体が管理する「自然公園」などもあります。

公園によっては園内でお弁当を食べることもできますので、ピクニック気分で自然体験を楽しむのもよいかもしれませんね。

自然の中で体を動かせる施設

近年、子どもの自然体験が減っているということから、子どもが自然体験をできる施設がさまざまな地域で作られています。

自然観察を楽しむことができるハイキングコースや、木製の遊具で体を動かすことができるアスレチック、ボール遊びを楽しめる芝生広場、夏は魚つかみ体験ができる小川など、さまざまな設備が用意されていますよ。

自然の山や川とは違い人の手で管理されているので、ケガや事故などにあう可能性も少なく、安心して遊ぶことができますね。トイレや水道などの設備も整っているので、子連れのママも安心です。

また、施設によってはアロマキャンドルづくりやなどのワークショップが用意されていたり、自動車などの乗り物を楽しめたりすることもあります。

子連れに優しいキャンプ場

大型連休や夏休みシーズンは、家族でキャンプを楽しんでもよいですね。

キャンプ場には大きく分けて、車の近くにテントを張ることができるオートキャンプ場とテントを張る場所だけが用意された昔ながらのキャンプ場の二通りがあります。

オートキャンプ場の多くは各スペースに電源と水道が設置されていることが多いのですが、昔ながらのキャンプ場は設備があまり整っていません。子連れのキャンプでは、オートキャンプ場の利用がおすすめです。

また、テントを持っていない場合などは、バンガローやコテージを利用してキャンプを楽しむこともできます。設備はキャンプ場によって違いますが、壁があるので子どもの声で迷惑をかける心配も少なくてすみます。

まとめ

幼児期は心と体が大きく成長する時期です。この時期に自然に触れておくと、丈夫な体だけではなく、想像力や観察力、創意工夫する力を育てることができます。

また、パパやママと一緒に自然体験をして気持ちを共有すること、命と触れあったり食べる喜びを感じたりすることで、子どもの心に豊かな感情、生きる力、かけがえのない思い出を育むことができますよ。

自然の中で過ごすとストレス発散にもなりますので、子どもと一緒に自然体験を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018