就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏は赤ちゃん連れでキャンプデビュー!楽しく当日を迎えるために必要なこと

夏は赤ちゃん連れでキャンプデビュー!楽しく当日を迎えるために必要なこと

夏は海やキャンプなど、アウトドアを家族で楽しめる季節ですよね。しかし、キャンプに赤ちゃんを連れて行くのは、少しハードルが高く感じる方も…。今回は、赤ちゃんがいる家庭でも安心して行けるキャンプ場の選び方や、キャンプをしているときに気をつけることなどをご紹介します。

赤ちゃんとキャンプに行く時に考えたいこと

赤ちゃんのキャンプデビュー時期  

「キャンプに今年も行きたいけど、赤ちゃんを連れて行くのは無理かな」と、キャンプに行くのを諦めている方も多いのではないでしょうか。キャンプ場では基本的に年齢制限がないので、パパやママがしっかり準備をすれば、赤ちゃんを連れてキャンプに行くことは可能です。

しかし、キャンプは屋外で過ごすことが多くなるので、外に慣れていない赤ちゃんの場合は体調を崩す子もいます。キャンプデビューさせたいときは、公園などで外遊びに慣れさせておいてからのほうが安心でしょう。

また、パパやママがアウトドアに慣れていない方だと、まだ歩けない赤ちゃんを連れてのキャンプは大変です。アウトドアに慣れている方は、赤ちゃんが1人でおすわりができる頃になってから行くとよいでしょう。

赤ちゃん連れのキャンプ場の選び方

赤ちゃんを連れてのキャンプは、荷物なども多くなり大変なこともありますが、キャンプをすると決めたら家族みんなで楽しみたいですよね。「赤ちゃん連れは、どのようなキャンプ場に行けばいいの?」と、キャンプ場選びに悩む方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんのキャンプデビューは、近場のキャンプ場がおすすめです。屋外で過ごすことが多いキャンプは、ただでさえ赤ちゃんにとって体力を使うもの。移動時間が長すぎると、移動だけで赤ちゃんは疲れてしまいます。赤ちゃんに負担が少ない移動時間を考えてあげましょう。

また、初めてのキャンプに体調を崩す赤ちゃんもいるかもしれません。キャンプ場の近くに病院があるか、チェックしておくと安心ですよ。

赤ちゃん連れのキャンプの持ち物

赤ちゃん連れでキャンプに行くときは普段のキャンプで必要な持ち物とは別に、用意する持ち物がいくつかあります。事前にしっかりチェックしてからキャンプに出発しましょう。

おむつ、おしり拭き

キャンプは屋外で過ごすことが多いので、普段よりも汗をかきます。オムツかぶれにならないように多めに持って行き、こまめに交換してあげましょう。おしり拭きは口や体も拭くことができるので、たくさん持って行くと安心です。

離乳食

離乳食を始めている赤ちゃんは、湯せんでできるレトルトの離乳食がおすすめです。

バスチェア

空気を入れて使うビニールタイプのバスチェアは、お風呂やテントの中で使えるので便利です。

ほかにも、ベビーカーや日焼け対策グッズなども持っていきましょう。

赤ちゃん連れのキャンプで注意したいこと

無理のないプランと大人の数でカバー

赤ちゃん連れのキャンプは、想像以上に大変だと感じる方も多いですよね。赤ちゃんのキャンプデビューを楽しむためには、無理のないプランと、大人の人数で赤ちゃんをカバーすることが大切です。

友人に聞いてみると、子どもが生後10カ月の頃にキャンプデビューをさせたそうです。バーベキューは火を起こしたり準備をしたりするのが大変なので、カセットコンロを使って簡単に料理をしたと話してくれました。

また、キャンプ好きな何組かの家族と一緒に行ったので、テントを張るなどの準備を任せることもできたそうです。ほかのママ達が順番に赤ちゃんを見てくれたので、友人も赤ちゃんとキャンプを楽しめたそうですよ。

大人の人数が多いと助け合うことができ、安心かもしれませんね。

屋外なので体調には気を付けよう

赤ちゃんは環境の変化に敏感なので、いつもと違う場所に行くと体調を崩すこともあります。キャンプに行くのは普段の買い物などとは違い移動時間がかかりますし、キャンプ場に着いてからも屋外で過ごすことが多いですよね。 

キャンプ場に着いてからは、赤ちゃんの体調管理に気をつけましょう。暑い日に屋外で長時間過ごしていると、赤ちゃんが熱中症になる危険性もあります。赤ちゃんが熱中症になると、重症化する恐れがあるので注意が必要です。

赤ちゃん用のスポーツドリンクなどでしっかり水分補給をさせ、帽子などで日除け対策をしてあげましょう。「体調がおかしい」と感じたら、すぐに近くの病院に連れて行くことをおすすめします。

夜泣きの時期はキャンプは控えよう

生後10カ月頃になり1人でおすわりができるようになると、「そろそろキャンプデビューさせたい」と思うパパやママもいますよね。しかし、赤ちゃんによっては生後8~10カ月頃に夜泣きが始まる子も…。

赤ちゃんが夜泣きをしている時期は、キャンプは控えたほうがよいでしょう。キャンプ場は住宅地などとは違い、夜静まり返っていることも多いです。赤ちゃんが夜泣きをすると、キャンプ場を利用しているほかの方に迷惑がかかる可能性があります。

「うちの子は夜泣きがないから大丈夫」と思っていても、普段と違う環境で過ごすと急に夜泣きをする子もいます。赤ちゃんの性格などを見極めながら、キャンプデビューする時期を考えましょう。

まずは手軽な方法でキャンプ体験してみよう

手ぶらで行けるキャンプ場

赤ちゃんをキャンプに連れて行く場合、普段のキャンプとは違い持ち物も多く大変ですよね。また、テント張りやご飯作りなど、準備することがたくさんあると、赤ちゃんを連れていては楽しめない場合もあります。

負担を減らして家族みんなで楽しみたい、そんなときは手ぶらで行けるキャンプ場がおすすめです。キャンプで必要なものや食材まで、すべて準備してくれるキャンプ場もあるので便利ですよ。

手ぶらで行ける場所だと荷物が少なく済むので、赤ちゃんに必要なものをたくさん持って行けますよね。また、キャンプはすべて自分でしようとすると準備や片付けに時間がかかるので、赤ちゃん連れには負担が大きいです。手ぶらで行けるキャンプ場だと、赤ちゃんと一緒に時間に余裕を持って楽しめそうですね。

テントで寝るのが心配ならコテージ泊

「普段は夜泣きしないタイプだけど、キャンプ場で夜泣きしたらほかの方に迷惑がかかるし不安」というママもいますよね。テント泊の場合は赤ちゃんの泣き声が周りに響きやすいので、心配になる方も多いのではないでしょうか。

「テントで赤ちゃんと寝るのが心配」という方は、キャンプデビューはコテージ泊がおすすめですよ。コテージは壁が厚く、隣ともある程度距離が離れているので赤ちゃんが泣いても安心です。テントに比べると、お家にいるような感覚でくつろぐことができます。

テントとは違って準備する必要がないので、時間も手間も省けてよいですね。また、屋根付きテラスがあるコテージを選べば、雨の日も安心して利用ができますよ。

泊りが心配なら、デイキャンプがおすすめ

「赤ちゃんとキャンプを楽しみたいけど、泊りがけで行くのが不安」というママも多いのではないでしょうか。そのような方は無理に泊らず、デイキャンプから始めるのもよいかもしれませんね。

先輩ママに聞いてみると、子どもが1歳になる前に「夏に家族でキャンプに行こう」と計画したそうです。しかし、泊りがけのキャンプは赤ちゃんには負担が大きいと考えて、気軽に楽しめるデイキャンプに行ったと話してくれました。

デイキャンプでは朝から夕方までバーベキューや芝生遊びなど、さまざまな屋外体験ができたそうで、泊らなくてもキャンプを楽しめたそうですよ。デイキャンプなら荷物も少ないので、パパやママの負担も少なく済みそうですね。

まとめ

普段の生活とは違う自然をたくさん満喫できるキャンプを、「家族みんなで楽しみたい」という方も多いですよね。しかし、「赤ちゃんがいるとキャンプに行くのは難しい」と諦めてしまう方も…。

赤ちゃんに負担がかからない移動距離でキャンプ場を探す、大人の数で赤ちゃんをフォローするなど、事前にしっかり計画を立てれば、赤ちゃんと一緒にキャンプを楽しめる方法はたくさんあります。コテージ泊やデイキャンプなど、パパやママの負担が少ないキャンプにすることが、赤ちゃんのキャンプデビューには大切ですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR