就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

鹿児島で子どもと行ける遊び場は?親子が夢中で楽しめる場所を紹介

鹿児島で子どもと行ける遊び場は?親子が夢中で楽しめる場所を紹介

桜島を眺めながら遊べる「重富海水浴場」

夏といえばやっぱり海ですよね。鹿児島には子どもとの海水浴にピッタリなスポットも数多くあります。一つ目は、姶良市にある「重富海水浴場」です。

ここは海岸から桜島を眺めながら遊ぶことができます。海と島のコントラストが見事で、観光客からも人気の高い海岸です。利用料・駐車場代も無料なので、何度も遊びに行きたくなりますよ。

浅瀬は広く、波も穏やかなので、小さな子どもでものびのび遊ばせることができます。海は透明度も高く、天気がよければ魚たちと一緒に泳げますよ。国立公園の一部なので、海水浴の後に遊び足りないときは、公園で遊んで帰ってもよいですね。食堂や売店、トイレ、シャワーもあり、家族で安心して遊ぶことができますよ。

日本の水浴場88選の一つ「浦田海水浴場」

「水質」「自然環境・景観」「クリーン」「安全性」などを基準に選ばれる、日本の水浴場88選というものがあります。種子島には日本の水浴場88選に選ばれた、「浦田海水浴場」があります。

種子島は離島の中では鹿児島市から比較的アクセスがよく、青い海と白い砂浜の景色が一面に広がるきれいな海水浴場です。観光客が少ないので、地元の住民から穴場スポットとして人気が高いですよ。海開きのシーズンが本州より早いので、本格的に夏が始まる前から海水浴を楽しむこともできます。

夏以外の季節でもマリンスポーツができるので、1年を通して遊ぶことができます。近くにはカフェやレストランもあり、きれいな海を眺めながら食事を楽しめますよ。

近隣に温泉施設がある「まさかり海水浴場」

最後に紹介するのは、「まさかり海水浴場」です。ここは大隅半島にあり、近隣には日帰り温泉施設があります。海で思いっきり遊んだ後は、天然温泉に癒されてみてはいかがですか?

海岸は遠浅で、波も穏やかなので、小さな子どもでも安心して遊ばせることができます。海も透き通って木々や岩山などの自然が残り、開聞岳や桜島、薩摩半島などを眺めることができる風光明媚な場所としても人気がありますよ。

開設期間は7月中旬~8月中旬の約1カ月間と、鹿児島県内では少し短めです。期間中はトイレが設置され、隣接するテイエム温泉牧場には有料のシャワーがあります。また、ビーチパラソルや浮き輪も有料でレンタルすることが可能ですよ。

まとめ

鹿児島には自然豊かな屋外施設や、物語の世界を楽しめる珍しい屋内施設など、子どもと一緒に楽しめるスポットが盛りだくさんです。鹿児島やその近郊にお住まいの方、旅行に行く予定のある方などは、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

また、夏といえばやっぱり海ですよね。鹿児島は海がきれいな場所も多く、砂浜と海のコントラストは見事ですよ。マリンスポーツを楽しめる海水浴場もあります。夏以外のシーズンも、鹿児島のきれいな海を楽しみましょう。
28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事