就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

福岡で子どもが楽しめる遊び場は?お気に入りスポットを見つけよう

福岡で子どもが楽しめる遊び場は?お気に入りスポットを見つけよう

福岡県は全国的に見ても大きな都市で、博多ラーメンや明太子などのグルメを目当てに訪れる方も多いですよね。福岡県は親子で楽しめる遊び場も多く、家族連れにも最適な観光地です。ここでは、親子で行きたい人気のスポットをご紹介します。福岡県へお出かけする予定のある方は参考にしてみてくださいね。

子どものテンションが上がるテーマパーク

次世代型テーマパーク「リトルプラネット」

東京、埼玉に続き、2018年12月に「リトルプラネット マリノアシティ福岡」がオープンしました。ここは子どもの創造力を刺激する次世代型テーマパークです。屋内型施設なので、天候を気にせず遊べます。

リトルプラネットでは、「遊びが学びに変わる」をコンセプトにしており、様々な知育デジタルアトラクションを体験できます。最先端技術を駆使したアトラクションに子どもたちのテンションが上がること間違いなしです。

砂遊びやボールプールなどのお馴染みの遊びもデジタルになると、また違った発見がありますよ。新感覚の遊びに引き込まれる大人も多いですよ。ママパパも童心に返って、子どもと一緒に未知の体験を楽しんでくださいね。

女の子が喜ぶ「かしいかえんシルバニアガーデン」

女の子に長年愛されているシルバニアファミリー。小さなころに遊んでいたというママも多いのではないでしょうか?福岡市にある「かしいかえんシルバニアガーデン」は、そんなシルバニアファミリーの世界観を取り入れたテーマパークです。

2017年には二度目のリニューアルを果たし、世界的なガーデンデザイナー石原和幸氏が手掛けた、フラワータワーやフワラーアーチなどを見ることができます。シルバニアファミリーキャラクターもリニューアルを期に増え、女の子たちに人気のスポットとなっています。

フラワーガーデン以外にも、メリーゴーランドやジェットコースターなどのアトラクションもあります。ヒーローショーも定期的に開催されているので、男の子でも楽しめますよ。

わくわくの宝庫「ボーネルンドキドキド」

世界中の遊びを集めた「ボーネルンドキドキド」はわくわくの宝庫で、全国的に展開されているテーマパークです。ここは福岡県福岡市のタカシマヤキッズパティオ博多リバレインモール店の中にあります。

キドキドは子どもたちの鼓動「ドキドキ」から名付けられ、好奇心を刺激する遊びを体験することができます。ボールプールやトランポリンをはじめとしたお馴染みのアトラクションで、思いっきり身体を動かして遊んでみてくださいね。

屋内型施設なので天気を選ばず遊べます。さらに、乳幼児を対象とした子育て支援のイベントも開催されています。子どもの教育に役立つだけでなく、ママ同士の情報交換もできますよ。興味のあるイベントがあれば、ぜひ参加してみてくださいね。

親子でたくさん身体を動かして遊べる公園

大きな船が目玉の「筑紫野市総合公園」

子どもにはしっかり身体を動かして遊んでほしいと思うママも多いですよね。福岡県筑紫野市にある「筑紫野市総合公園」は天拝山のふもとに位置します。

大きな船型の遊具がこの公園の目玉で、子どもから大人まで楽しめます。一つ一つの装飾のクオリティが高く、本物の海賊船を探検しているような気分を味わえますよ。ただし、10歳未満の子どもは保護者の方と一緒ではないと遊べないので注意しましょう。

ほかにも、ローラースライダーや砂場もあるので、小さな子どもでも楽しめそうです。公園内は芝生がメインですが、丘の上までは舗装されているスロープなので、ベビーカーでも登ることができます。丘の上から眺める天拝湖も絶景ですよ。

巨大池で白鳥ボートに乗れる「大濠公園」

福岡市のほぼ中心に位置する「大濠公園」は、市民の憩いの場として知られ、敷地面積の約半分の面積を有する巨大池があります。この池では白鳥ボートに乗ることもでき、池の真ん中から眺める公園の景色に癒されること間違いなしですよ。

敷地内にはくじら公園(東側児童公園)とどんぐり公園(西側児童公園)があります。くじら公園は大型の遊具が多く、見晴らしがよいので、子どもたちが駆け回って遊ぶのに最適です。一方で、どんぐり公園は幼児向けの遊具が多く、小さな子どもでも安心して遊べます。

天気のよい日にはピクニックをしている家族で賑わいます。福岡県内にお住まいの家族だけでなく、旅行で訪れる家族にもおすすめです。自然の心地よさを満喫してくださいね。

草スキーを満喫できる「東平尾公園」

「東平尾公園」は、草スキー(ソリ)が人気の公園です。大小二つのコースがあり、小さなコースは斜面も緩やかなので、幼児でも楽しめますよ。ソリの持ち込みはできませんが、その場で無料レンタルできます。1回15分の交代制で、待ち時間が少なくなるよう配慮されています。草スキーの爽快感を満喫してみましょう。

ほかにも、大谷広場にはアスレチックや遊具、芝生広場があります。すべり台やロープ、鉄棒でもたくさん身体を動かして遊んでくださいね。園内には「じゃぶじゃぶ池」と呼ばれる池があり、夏にはここで水遊びをすることもできます。

また、春には桜、秋には紅葉など、季節によって違った装いを見ることもできます。四季折々の自然を楽しみながらピクニックをするのもよいですね。

子どもの知的好奇心を満たすスポット

31 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND