就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ペットと一緒に子連れ旅行。事前準備と宿選びのポイント

ペットと一緒に子連れ旅行。事前準備と宿選びのポイント

ペットは大切な家族。一緒に旅行に行けば、きっと楽しい思い出も膨らむはずです。子連れでペットと一緒の旅行を計画したいと思っているパパママに、旅行の事前準備、知っておきたい宿のルール、宿の選び方、おすすめの宿などを紹介します。子どもとペットと楽しい思い出を作りましょう!

快適に過ごすために、事前準備はしっかりと

予防接種や迷子札など、ペットに必要な準備

ペットとの子連れ旅行、事前準備はしっかりして、楽しみたいですよね。では、ペットにはどんな準備をしていけばよいのでしょうか?

旅行に行く前には必ず、予防接種を受けましょう。狂犬病の予防注射、混合ワクチンなど、感染症や伝染病をうつしたり、うつされたりしないためにも予防接種は飼い主であるパパママの最低限のマナーですね。予防接種済みが宿泊の条件となっている宿もあります。

知らない土地で、知らない人、知らないペットに会い、興奮してしまうペットも少なくありません。ちょっとしたことで驚いて、ペットが逃走してしまうケースもあります。

迷子札、鑑札はペットが身につけるようにしましょう。逃走防止のダブルリードや慣れたゲージがあるとパパママもペットも安心ですね。

ルールは宿によって違うので事前確認を

旅行計画で一番迷うところは、宿選びですよね。ペットと一緒に泊まる場合、宿によってルールが異なります。素敵な宿を選んだけど、こんなルール知らなかった…とならないように事前に確認が必要ですよ。

ペットのサイズによって、宿泊できる宿が限られる場合があります。サイトやパンフレットで確認できます。

また、ペット宿泊OKの宿でも、ペットが入れないエリアや施設もあります。入館する前にチェックしましょう。

ペットを客室で留守番させてはいけない宿もあります。自宅では上手に留守番ができても、環境が変わり、上手に留守番ができないことも…。どうしてもペットをおいて出かける必要がある場合は、家族が交代で出かけるとか、宿の方に相談するなどをおすすめします。

移動は無理せず休憩しながら

旅行で心配なのは移動ですね。子どももそうですが、ペットも移動で疲れて体調を崩すなどということも少なくありません。余裕をもった移動方法、移動時間をおすすめします。

車での移動を考えている場合、事前に車に慣れるように練習しましょう。近場のドッグランに行く、公園まで車で行って散歩をするなどがいいですね。

中には乗り物酔いをするペットもいます。動物病院で酔い止めの薬を処方してもらえますので、相談してみましょう。

そして車に乗る2時間前くらいから、ご飯は控え、水は1時間前までに飲ませましょう。車の中では慣れたゲージで過ごしてもらうのがよいです。車内の温度、適度な休憩に気をつけましょうね。

飛行機や電車で移動する場合も慣れたゲージを使用しましょう。

宿探しで押さえておきたい3つのポイント

子どもが楽しめる、ペット可の宿を探そう

家族旅行といえば、宿で思いっきり遊ぶのがよいですよね。パパママも一緒に楽しめて、ペットものんびり楽しめる宿を探しましょう。

赤ちゃん連れなら生活リズムを崩さないために、自宅のような環境がいいですよね。ちょっと静かで、赤ちゃんグッズがそろった、やさしい宿がいいですね。

子ども連れには体を動かしてたくさん遊べる施設があるとうれしいです。キャラクターと一緒に遊べたり、プレイランドのような遊具がたくさんあったりすると子どもも興奮しますね。

食事では、月齢に応じた離乳食や幼児食を提供してもらえる宿も増えています。部屋食ではもちろん、バイキングやレストランでも離乳食、幼児食の対応ができるところがあります。

宿側の「ペット歓迎度」を調べておこう

ペットと泊まれる宿では、客室や食堂など、ペットが入れる場所の多さが、宿側のペット歓迎度を量る目安のひとつになります。

ペットと泊まれる宿には、全面的にペットを受け入れるペット連れ専用宿と客室やプランによって受け入れるペット可能宿のタイプがあります。ペット可能宿はペット連れでない宿泊客への配慮も必要なので、ペットが入れないスペースが多い傾向にあります。

ペットとの旅行に慣れていない方はペット連れ専用宿がおすすめです。ペット連れ専用宿には、ペットと一緒に入れるカフェやレストランなどが備わっているところも多いですね。ドッグランやアジリティー設備、ドッグプールなどといった本格的なドッグスポーツの設備まで用意しているところもありますよ。

食事やベッド、ペットの居場所も確認を

ペットも大切な家族です。食事やベッド、居場所もしっかりチェックしたいですね。

食事はペット用メニューを用意している宿もあります。食べなれた食事の方が安心という場合は持っていきましょう。移動中でも食べることができるので、携帯ボウルなどもあるとよいです。

ゲージは宿に用意してあったり、レンタルできたりすることが多いです。持って行く必要があるときは忘れないようにしましょう。レンタルの場合、予約は必要か、有料か無料かもチェックが必要です。

ベッドは持っていく必要があるかどうかは宿によって違います。でも、慣れない旅先ですので、いつも使っているベッドがあるとペットも安心しますよね。車で移動する場合は、持っていけるといいですね。

ペットとの子連れ旅行でおすすめの宿3選

家族一緒に食事ができる!きぬ川国際ホテル

鬼怒川といえば、温泉で有名ですね。その鬼怒川にある「きぬ川国際ホテル」は別名ペット同室宿泊パイオニアの宿。ペットも家族もうれしいホテルです。

きぬ川国際ホテルには【ネコちゃん限定】ねこちゃんとゆったりHappyプラン~満足プランが用意されています。ペットと泊まれるというとワンちゃんを思い浮かべることが多いですが、ねこちゃんとだってのんびり温泉を楽しみたい!というねこちゃんの飼い主さんにはうれしいプランです。

また、ペット専用露天風呂、家族風呂、温泉プール付きドッグランなど子どももペットも楽しめる施設がいっぱいです。そして、きぬ川国際ホテル周辺の散歩道は、鬼怒川と大自然に囲まれ、パパママも子どももペットもリフレッシュできます。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事