就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・日暮里】ローラーすべり台デビューにうってつけ「日暮里公園」

【東京・日暮里】ローラーすべり台デビューにうってつけ「日暮里公園」

今回取材をするのは日暮里にある通称「ローラー公園」「夕焼け公園」とも呼ばれる、小さめなサイズの公園です。ローラー公園はもとかく、何故、夕焼け公園と呼ばれているのか?その辺りも探りながら取材を進めていきましょう。

「夕焼け公園」と呼ばれる地域に馴染んだ公園

JR常磐線「三河島駅」から徒歩7分

公園から一番近い駅はJR常磐線「三河島駅」ですが、「日暮里駅」からでも徒歩15分ほどで行ける距離。今回は「三河島駅」からスタートします!

駅の出口は1つ、構内にはエレベーターもありますので、ベビーカーの方はそちらを利用すると良いですね。改札を出たら右に曲がりましょう。車の通りは多めですが、歩道はベビーカーでも十分に通れる道幅で、駅から3つめの信号を左に曲がって少し歩くと到着です。

公園を象徴する2つの彫刻

日暮里公園は昭和18年に開園され、古くから地域で親しまれている場所です。周りには幼稚園や小中学校があるので、公園へ近づくほどに子ども達の声がたくさん聞こえてきますよ。

それでは早速、園内を探索開始!
まず目に付くのはシンボルらしき彫刻。説明プレートが無かったので後日調べた情報になりますが、「夕焼けの詩」という作品だそうです。

そう!これが「夕焼け公園」と呼ばれる理由と繋がります。かつて、童謡作家・中村雨紅がこの地域の小学校へ教師として赴任をして「夕焼け、小焼けで日が暮れて〜」でお馴染みの童謡「夕焼け小焼け」を作詞したことから呼ばれるようになったとのこと。

そして、もう1つ気になるのが、広場の一角に置かれた胸に手を当てて空を眺めている彫刻。一瞬、考える人?と思ってしまいましたが、全然違いますね。

これは「まほろばの像」という作品で、“まほろば”とは優れた場所や好きな場所などの意味があります。そう言われて見てみると、幸せそうというか、感無量の表情を浮かべているようにも見えるかも。

その昔「日が暮れるまでいても飽きない」と賞賛され、ひぐらしの里と呼ばれた日暮里らしさを象徴するような彫刻ってことですね。

全長16mのS字コーナー付きすべり台

ローラー初心者も安心のコース

彫刻がある広場の奥へ進むと園内中央の小さな丘の上に、すべり台らしきもを発見!

ありました!丘の上から滑るローラータイプのカラフルなすべり台です。全長16mで小さなS字カーブがあります。

下から見るとこんな感じ。傾斜は緩やかななので、小さい子でも安心して乗れそうです。それでは、子どもがいないうちに、初滑りしちゃいます。

えいっ!!

お尻が、お尻が痛い。ローラー1本1本が少し太めな部分が影響しているのか、体重が掛かる大人の場合はお尻が少しだけ悲鳴を上げます。子どもと一緒に滑る場合は、ダンボールを持参して下に敷くことをおすすめしますが、何もない場合はそれなりの覚悟で挑みましょう。

思ったとおり、緩やかな傾斜とカーブがあるため、スピードは遅めで小さい子でも安心して滑れそうです。また、丘からの傾斜に合わせて作られているため地面からも低く、子どもを横で補助しながら滑らせることもできます。

高さのある大きなすべり台は怖がる子もいますが、距離が短めで地面からの高さが低いなので、大きいすべり台のデビューには丁度良いサイズ。

取材中には、パパと公園へ遊びに来た1歳の子が抱っこされたまま、すべり台で遊んでいました!写真を取らせてもらいましたが、表情はちょっと驚いている状態?それでも楽しかったようで、その後も何度か滑っていました。

それにしても、子どもを抱えたまま何度も楽しそうに滑るパパ。お尻は痛くないのかだろうか?やっぱり子を持つ親は強いってことですかね。

小さいサイズでも充実の遊具

すべり台の他には、ターザンロープやブランゴ、子馬のスプリング遊具や砂場が設置され、取材時にはターザンロープを楽しんでいる子どもたちが多かったですね。

また、複合遊具には小さなすべり台も付いているので、こちらですべり台デビューというのも良いのでは?複合遊具の地面は、ゴムチップ舗装と言われてる見た目がアスファルトのような、少し柔らかい地面になっています。ただし、小さい子どもが遊ぶ場合は安全のため、 保護者が付き添うようにしてあげましょう。

遊具以外にもベンチや椅子が点在しているので、子どもの様子を眺めながら一休みすることもできます。
園内ではありませんが、すぐ外に自動販売機も設置されていますよ。

近くには区認定のベビーステーションが点在

乳幼児専用の遊びスペース

公園の隣には、荒川区のベビーステーション「夕やけこやけふれあい館」があります。乳幼児から高齢者まで区民が交流できる地域コミュニティの場所して活用されていて、授乳やオムツ替えを行いたい場合はこちらの施設を利用するのが良いですよ。公園内にもトイレはありますが、ベビーシートはありません。

施設自体は9時〜22時までが開館時間ですが、乳幼児が遊べる「親子ふれひろば」などは、月〜土曜は9時〜18時(休館日を除く)、日曜は10時〜15時(休館日を除く)までの利用が可能です。

3Fには乳幼児と保護者専用の遊びスペース「親子ふれあいひろば」、中学生までが利用できるプラレールや絵本が揃った「プレイルーム」もあります。日差しが強い日やちょっと天気が悪くなったときには、室内で遊ぶのもありですね。

また、保育園・幼稚園に通っていない乳幼児と保護者を対象に、読み聞かせやリトミックなどのイベント活動も行っているので、詳しくは区のHPでチェックしてください。

他にも図書館や写真館など、区が認定したベビーステーションがあり、すべてに授乳やオムツ替えのスペースが備えられています。「荒川区 ベビーステーション」で検索すると簡単に見つけることができますよ。

日暮里公園(にっぽりこうえん)

東京都荒川区東日暮里3-11-10

03-3802-3111(荒川区道路公園課)

24時間

無休

0〜6歳

無料

http://www.city.arakawa.tokyo.jp/shisetsu/koen/koen/nippori.html

ベビーカー入場可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018