就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】遊びが学びに繋がるお店「アネビートリムパークラボみずほ」

【東京】遊びが学びに繋がるお店「アネビートリムパークラボみずほ」

東京・西多摩郡瑞穂町にある「アネビートリムパークラボみずほ」は、実験ができるラボやモノづくりができる工房、自由な発想で作品が作れるアトリエなど、遊びながら子どもの考える力を育む屋内遊び場です。今回はそんなラボみずほ店の魅力をご紹介したいと思います。

4つのラボで見つかる不思議と発見

アネビートリムパークラボみずほとは

西多摩郡瑞穂町にあるショッピングセンター「ザ・モール みずほ16」の3階に「アネビートリムパークラボみずほ」はあります。

ラボみずほ店は子どもの「?(なんで)」を遊びを通して見つけて、遊びながら「!(答え)」につながるきっかけを発見できる遊び場です。

ものを作ったり、本を読んだり、頭を使った遊びを体験できるのがラボみずほ店の特徴といえます。

遊んで、調べて、発見がある4つのラボ

ラボみずほ店には4つのラボがあります。

「ドリームラボ」では、主にダンボールなどの素材や道具を使ってモノづくりをすることができます。様々なサイズのダンボールが用意されているので、大きなダンボール遊具を作る子もいるそうですよ。作品は持ち帰っても、お店に置いていってもOKです。

電動工具が揃う「ファクトリーラボ」では、イベント時にDIYに挑戦できたり、プロが作業しているところを実際に見たりすることもできます。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

「ウォーターラボ」では水を使った遊具で遊ぶことができます。軽くて水に強いポリエチレンフォーム製の積み木を水に浮かべてみたり、おもちゃのさかな釣りをしたり、水の中で透明なアクリルブロックを積み上げてみたりと水を使った遊びが楽しめるエリアです。

ガラスにお絵かきできて水で消えるクレヨン「キットパス」もあります。口紅と同じ素材でできているので万が一口に入れても安全です。大きなガラスに思いっきりお絵かきをして楽しんでみてください。

「リサーチラボ」には絵本や図鑑が揃っており、調べものをすることができます。ほかのエリアとは仕切られており、集中して読書ができる環境が整えられています。

はだしになってのびのび遊ぼう

いろんな発見があるおもちゃ遊び

縦に広々としたフローリングのはだしエリアでは、数種類の積み木や、長さの違うパイプから音が鳴るおもちゃ、自分でコースを作ってボールを転がす遊具など様々なもので遊ぶことができます。

48 件

ライター紹介

野々山 恭江

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事