就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】遊びが学びに繋がるお店「アネビートリムパークラボみずほ」

【東京】遊びが学びに繋がるお店「アネビートリムパークラボみずほ」

東京・西多摩郡瑞穂町にある「アネビートリムパークラボみずほ」は、実験ができるラボやモノづくりができる工房、自由な発想で作品が作れるアトリエなど、遊びながら子どもの考える力を育む屋内遊び場です。今回はそんなラボみずほ店の魅力をご紹介したいと思います。

4つのラボで見つかる不思議と発見

アネビートリムパークラボみずほとは

西多摩郡瑞穂町にあるショッピングセンター「ザ・モール みずほ16」の3階に「アネビートリムパークラボみずほ」はあります。

ラボみずほ店は子どもの「?(なんで)」を遊びを通して見つけて、遊びながら「!(答え)」につながるきっかけを発見できる遊び場です。

ものを作ったり、本を読んだり、頭を使った遊びを体験できるのがラボみずほ店の特徴といえます。

遊んで、調べて、発見がある4つのラボ

ラボみずほ店には4つのラボがあります。

「ドリームラボ」では、主にダンボールなどの素材や道具を使ってモノづくりをすることができます。様々なサイズのダンボールが用意されているので、大きなダンボール遊具を作る子もいるそうですよ。作品は持ち帰っても、お店に置いていってもOKです。

電動工具が揃う「ファクトリーラボ」では、イベント時にDIYに挑戦できたり、プロが作業しているところを実際に見たりすることもできます。

「ウォーターラボ」では水を使った遊具で遊ぶことができます。軽くて水に強いポリエチレンフォーム製の積み木を水に浮かべてみたり、おもちゃのさかな釣りをしたり、水の中で透明なアクリルブロックを積み上げてみたりと水を使った遊びが楽しめるエリアです。

ガラスにお絵かきできて水で消えるクレヨン「キットパス」もあります。口紅と同じ素材でできているので万が一口に入れても安全です。大きなガラスに思いっきりお絵かきをして楽しんでみてください。

「リサーチラボ」には絵本や図鑑が揃っており、調べものをすることができます。ほかのエリアとは仕切られており、集中して読書ができる環境が整えられています。

はだしになってのびのび遊ぼう

いろんな発見があるおもちゃ遊び

縦に広々としたフローリングのはだしエリアでは、数種類の積み木や、長さの違うパイプから音が鳴るおもちゃ、自分でコースを作ってボールを転がす遊具など様々なもので遊ぶことができます。

球体とカラフルな棒状の積み木「スマートマックス」は磁石になっているのでくっつけて遊ぶことができます。プラスとマイナスがあり、磁石のくっつく・くっつかないの仕組みを遊びながら体験できるおもちゃです。

そのほかにもはだしエリアには、木の温かみを感じられる木製おもちゃや、写真映えしそうな鏡のトンネルなど楽しめるものがたくさんあります。

赤ちゃんとママが安心して過ごせる空間

はだしエリアには自然をイメージしてデザインされた0〜2歳児専用の「乳幼児エリア」があります。

安全のためフェンスで囲われており、ハイハイやつかまり立ちが安心してできる環境があります。また、赤ちゃんの感覚の発達を促すおもちゃもたくさん用意されています。おむつ交換台や授乳室はこちらのエリア内にあります。

アクティブに体を動かして遊べる

いろんな動きができるクライミングウォール

店内に入ってすぐ左手奥に見えるのがドイツHABA社のクライミングウォールです。

ホールドは子どもが持ちやすいように設計されています。床には安全対策としてマットを敷いているので安心して挑戦することができます。

登って楽しむのはもちろん、横にあるアスレチックからクライミングウォールのうんていへと移動する一連の流れで楽しむこともできるので、遊びながらいろんな動きが体験できます。

でこぼこ道も乗りこなせ!オフロードエリア

お台場店で人気のペダルゴーカートのコースが、坂道や砂利道、でこぼこ道のオフロードコースとして登場しました。JEEPやJohn Deereなどの本格的なゴーカートに乗ってコースを走れます。

サーキット場の中心にある障害物のない小さなコースは2歳以下の子におすすめです。

オフロードエリアはお店を出たすぐのところにあり、開催時間が毎日異なるため、入場したら参加予約をして、時間になったらみんなでオフロードエリアまで移動します。

ラボみずほ店スタッフさんからのメッセージ

最後に、アネビートリムパークラボみずほのスタッフ・岩瀬さんにお話をお聞きしました。

「アネビートリムパークラボみずほは地域密着型のお店で、子どもとママパパだけでなく、おじいちゃんおばあちゃん家族みんなで遊びにきてもらえるようなアットホームな環境です。」

子育て世代や保育経験のあるスタッフが多く、来場されたママとの意見交換もされているようです。

子どもが目一杯遊べるだけでなく、育児の悩みなどがあればスタッフさんに気軽に話せるような、そんな和やかな雰囲気のあるお店ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?アネビートリムパークラボみずほは、遊びながら子どもの思う不思議や疑問を深め、解決に導くきっかけを与えてくれる遊び場ではないかと思います。

また、ショッピングセンター内にあるということもあり、お買い物ついでに遊べて、同じ地域に住むお友達もできそうなアットホームな環境も魅力の一つといえます。

指先を使った遊びから、体を思いっきり動かす遊びまで、様々な遊びが用意されているので、子どもの好みにあった遊び方ができるのではないでしょうか。

アネビートリムパークラボみずほ(あねびーとりむぱーくらぼみずほ)

東京都西多摩郡瑞穂町高根623 ザ・モールみずほ16 3F

042-557-8591

10:00~19:00(最終受付18:00)

無休 ※ザ・モールみずほ16に準ずる

0〜12歳

【会員料金】※入会費・年会費無料
6カ月〜12歳:最初の30分400円、最初の1時間800円(延長15分ごと200円)、3時間パック1,600円(延長15分ごと200円)、平日限定1dayフリーパス1,600円(数量限定)
大人:施設利用料400円〜(延長料金なし)
【ビジター料金】
6カ月〜12歳:最初の30分600円(延長15分ごと250円)
大人:施設利用料600円(延長料金なし)
※すべて税別表記

http://anebytrimpark-labo-m.com

ベビーカー置場有り、おむつ交換台有り、授乳室有り、駐車場有り

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

野々山 恭江

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018