就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・調布】目玉おやじのかき氷を堪能!「鬼太郎茶屋 深大寺店」

【東京・調布】目玉おやじのかき氷を堪能!「鬼太郎茶屋 深大寺店」

「ゲ・ゲ・ゲゲゲのゲ〜」。誰もが耳にした事のあるこのフレーズ、そう国民的アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」!現在アニメが放送していることもあり、子どもからの人気が再燃中です。そんな中、深大寺にある「鬼太郎茶屋」では夏季限定で「目玉おやじのかき氷」が食べられるというので行ってみました!

自然豊かな調布・深大寺の門前にあります

緑に囲まれた愉快で怪しげな妖怪茶屋

深大寺は、京王「つつじが丘駅」か「調布駅」からバスで深大寺行きに乗り約15分で到着します。東京にこんな緑深い所があったのかと感動するほど自然にあふれていて、バスを降りた瞬間から喧騒とは無縁の世界に癒されます。

バス停の目の前が深大寺への入り口になっているので、鬼太郎茶屋も目の前にあります。店先ではねずみ男と鬼太郎が立っているので、記念撮影もできますよ。まだお店に入っていないのにすでにワクワクが止まりません!

鬼太郎茶屋には妖怪がたくさん!

茶屋内にはたくさんの妖怪がいます。あなたはいくつ見つけられるでしょうか…!?子どもと妖怪探しゲームをすると楽しさも倍増しそうですね。

外では木の上で鬼太郎たちがこっそり覗いています。屋根の上にもこわ〜い妖怪が…。演出が細かいです!

かわいい一反もめんがたくさん飾ってあります。トイレに行くときはこの一反もめんを追いかけるとたどり着けますよ。これもゲームのようで楽しい!

座席もよーく見ると、背もたれがぬりかべになっています!鬼太郎やいろんな妖怪たちのぬいぐるみも置いてあるのがなんともかわいらしい。

行くなら平日がオススメ!

土日は混雑するので、平日の方が子連れでのんびり過ごせます。ベビーカーは混雑状況により、中に入れることも可能だそう。窓際の席なら庭に通じているので、お子さんがちょっと動き回りたくなった時にも息抜きできます。

庭には撮影スポットもあります。遊びに来ていたご家族をキャッチ。鬼太郎のちゃんちゃんこ(ベスト)に青い服でバッチリ決まってますね!鬼太郎のちゃんちゃんこは店内の売店スペースにも売っています。つい「おい、鬼太郎!」と呼びたくなってしまいました。

いろんな味が選べる「目玉おやじのかき氷」

目玉餅がついた昔ながらの味わい

楽しい店内に夢中になりつつ、メニューをチェックしてみましょう。そう、今回のテーマは「かき氷」!こちらでは他では味わえない「目玉餅」がのったかき氷が食べられます。子どもに人気のブルーハワイといちご、そして妖怪抹茶を注文してみました。

漫画形式になっているメニューも鬼太郎茶屋ならでは。ユニークな遊び心が満載です!ちなみに、かき氷は夏季限定なので大体9月頭くらいまで、その時期の天候に合わせて提供しているとのこと。

かき氷作りの様子をのぞいてみました

四角い氷をかき氷機で削っていきます。レトロな見た目もかわいくて、お店の雰囲気にもバッチリ。ソースをかけながら山盛りのかき氷にしていきます。すぐに溶けてしまうのでスピードが命、スタッフさんさすがの手慣れた様子です!

氷をたっぷり乗せて…大人の手のひらより大きい!ボリューム満点です。

目玉おやじがかき氷のお風呂に

最後にシロップをたっぷりかけて、目玉餅を乗せたら完成です!目玉おやじも暑いからお湯じゃなくて氷のお風呂に浸かっているんですね。涼んでる所大変申し訳ないのですが、美味しそうなので食べちゃいます!

小さい頃から食べてきた「THE かき氷」の味。冷たくてシャリシャリ!ブルーハワイってかき氷でしか食べられない特別な味、夏を味覚で感じルことができます。目玉餅ももっちもち!目玉部分はあんこになっているので、それもアクセントになっていてかき氷と一緒に食べるとまた美味しいです。

いちご味も子どもに人気!ねずみ男もうらやましそうにしています。

店内は冷房ではなく自然の風と日本茶屋の雰囲気を楽しむようになっているので、かき氷で気持ちよく涼むことができますよ。

妖怪抹茶はさらにボリューム満点!

ぜんざいと練乳が氷の中にたっぷり入っている妖怪抹茶はボリューム満点です。高級宇治抹茶シロップの苦味と甘みが丁度よく、サッパリとした味わい。抹茶といっても苦くないし、ぜんざいや練乳の濃厚な甘みもあるので子どもでも食べられます。

他にも色んな妖怪甘味メニューが

一反もめんの茶屋サンデー!妖怪クリームあんみつ!砂かけ婆の砂かけ寒天!あれもこれも頼みたくなるような魅力的な妖怪メニューです。

開店当初から人気という「ぬりかべのみそおでん」…カワイイ!これはインスタ映え必至でしょう。じんわり温かいこんにゃくに甘じょっぱいみそが美味しい!おやつ感覚でペロっと食べられます。

「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者といえば水木しげる大先生。店長の権田さんはじめ、働いているスタッフの多くが水木先生のファンだそうです。ちなみに、権田さんは「エロイムエッサイム〜」の呪文でおなじみ「悪魔くん」が水木ファンになるキッカケだったのだとか。

「水木先生は妖怪などの作品だけでなく戦争体験の作品も多く残していらっしゃるので、そんな幅広い作風も尊敬しています。鬼太郎茶屋には妖怪がたくさん隠れているので、それを見つける楽しみも味わえますよ!」と熱く語っていただきました。

私ももう一度読み直そう!

売店スペースには水木しげる関連グッズが盛りだくさん!

妖怪だらけのユニークな店内や美味しくて楽しい甘味ですっかり妖怪に感化されたあとは、グッズが欲しくなる!そんな欲もしっかり満たしてくれる売店スペースがあります。

文房具から雑貨・お菓子にお酒まで。こんなに鬼太郎グッズが売っているお店は他にはないと思えるくらいグッズがたくさんあるので、どれにしようか迷ってしまいます。水木しげる先生の作品や、妖怪についての本も購入できますよ。

私は子どものお土産にこの2つを購入しました!「目玉おやじのお風呂玉」と「一反もめん」のキャンディーです。とっても喜んでくれました。(ちなみに何が出るかわからないお風呂玉は目玉おやじが出てきました!)
なお、鬼太郎茶屋では季節ごとのイベントも開催されており、今なら2018/8/11(土)〜8/19(日)まで夏祭りが行われます!夏祭り限定で妖怪甘味の販売やゲームが楽しめる縁日が催されるとのこと。

2Fは妖怪ギャラリー!現在は「河童の三平展」

水木しげる先生独特の世界観を味わえます

100円をポストに入れて階段を上がると…そこは妖怪ギャラリー!扉を開けると妖怪が出てきたり、日本各地の妖怪を紹介するマップがあったり、とにかく妖怪まみれ。

小さい子どもにはちょっと怖いかもしれませんが、妖怪好きにはたまらない内容になっています。水木しげる先生の生い立ちや境遇についても知ることができるので、一見の価値ありですよ。

おどろおどろしい妖怪たち。この妖怪の由来やどんなイタズラをするのか気になります。夏祭りの間は「海の妖怪たち」をテーマにしたパネル展も開催されるそうです。夏にぴったりの妖怪に会えるチャンス!

2Fには居間でくつろげるスペースも!カツラとちゃんちゃんこを着て寝転がれば…あなたも鬼太郎になれます。窓から見える景色も美しくて癒されますね。

「怖いは楽しい」ことを教えてくれた水木しげる先生。永遠に愛される妖怪キャラクターたちを生んでくれてありがとうございました!

©️水木プロ

癒されて楽しめる場所・深大寺

茶屋を楽しんだあとは参拝へ

妖怪の世界に浸ったあとは、深大寺でお参りしてから帰るとなんだか心がスッキリ洗われたような感覚になれそうです。心なしかストレスも減ったような…?

子どもも大人も楽しめる場所、深大寺。都会の喧騒から逃れたいとき、育児で疲れたときに行ってみては?

鬼太郎茶屋(きたろうちゃや)

東京都調布市深大寺元町5-12-8

042-482-4059

10:00~17:00(ラストオーダー16:30)

月曜日(祝祭日の場合は翌日に振替)

0〜6歳

メニューによる

http://kitaro-chaya.jp/

ベビーカー入店可(混雑時はNG)、席数:30席(外を解放した場合40席)、全席禁煙席

関連記事

ライター紹介

大曽根 真悠

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018