就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【名古屋】粉雪みたいなサラサラかき氷「カフェサブヒロ」

【名古屋】粉雪みたいなサラサラかき氷「カフェサブヒロ」

夏になると毎年、数多くの取材を受けるという名古屋市名東区の「カフェサブヒロ」。美と健康を考えたコーヒー&スイーツ専門店としてこちらのお店が自信を持って提供しているメニューのひとつが、かき氷です。今日はちょっと贅沢してみようかな?そんな時にぴったりの絶品かき氷をご紹介します。

通年食べられる定番!家族の贅沢スイーツ

美と健康を考えた家族で食べられる安心の味

今回訪れたのは、名古屋市名東区の「カフェサブヒロ」。大通りから一歩入った住宅街にあります。美と健康と考えたコーヒー&スイーツ専門店として、世代を問わず人気を集めています。

世代を超えて安心して食べてもらいたいとの思いから、素材は体に良いものを中心にセレクト。「家族で来てちょっと贅沢できるカフェ」を目指しているそうです。

メニューは、約10種類のかき氷をはじめ、ケーキやアイスクリームなど、こだわり抜いた一品。ランチなどの食事メニューはありませんが、スイーツを食べにわざわざ足を運ぶ価値のあるお店と言えるでしょうね。

店内にはソファ席やテーブル席が充実しています。店内はベビーカーでも入店できます。完全禁煙なので子連れでも安心して利用できますよ。

テラス席もあります。

膝かけ用ブランケットも常備しています。

素材の味を生かしたかき氷をいざ試食!

かき氷とアボカドって合う?そのお味は?

同店のかき氷はとにかく種類が豊富。定番の「いちご」や「抹茶」のほか、「ロイヤルミルクティ」「ほうじ茶ミルク」「和栗」「ワイン」「新しょうが」など一風変わったかき氷が楽しめます。そんな中、筆者が目をつけたのがこちら!

「アボカドミルク氷」(1,500円)!アボカドとかき氷、この異色の組み合わせは何と表現したらいのでしょうか。アボカドは好きだけど、かき氷にして食べるのは人生初めて。見た目はメロンっぽいけど、果たしてそのお味は?一口いただきます。

…ほんのり甘みがあって、美味しい!じわじわくる。アボカド本来の旨味を活かし甘みは控えめだけど、全く苦になりません。

熟成したアボカドと練乳を混ぜたシロップでコーティングされており、くどさは皆無。ひるがの高原の牛乳と自家製ヨーグルトを使用しているので、マイルドさと酸味のバランスが絶妙です。時々アボカドスライスをつまみに氷を食べる。

アボカド好きの筆者のハートを一瞬でつかんでしまった!

やわらかい宮崎マンゴーが口の中でとろける!

続いて紹介するのは夏の定番「マンゴーミルク」(1,000円)。宮崎マンゴー果肉をふんだんにトッピングした贅沢な一品です。

マンゴーを一口いただくと、トロっと溶けて口の中いっぱいにマンゴーの甘みが広がります。かき氷は中まで味がしっかり染みていて、口に入れた途端、まるで粉雪みたいに溶けてしまいました。

爽やかな甘みは大人も子どもも大好きな味でしょうね。

子ども一番人気!いちごとミルクの「苺ミルク」

最後にご紹介するのは、子どもに大人気の「苺ミルク」(1,000円)。いちご派もミルク派も満足させてしまう守備範囲の広い一品です。

3ヶ所にブルーベリーと寒天がトッピングされていて、時折、違った食感を楽しむことができます。氷はやはり粉雪のようにサラサラで口に入れた途端、すっと溶けるイメージ。とても食べやすい。

そんな同店のかき氷には一体どんな秘密があるのでしょうか?やはり素材にはこだわっているの?

頭がキーンとなりにくい不純物のない氷を使用

研究を重ねて行き着いた粉雪のようなかき氷

今回、試食してみて気づいたことは、氷が粉雪のようにサラサラしているということ。「子どもの頃、雪が降るとその雪を舐めたりしますよね?私の中のかき氷は粉雪のイメージです」と店長さん。その食感を探し求めて行き着いたのがこのかき氷だとか。

削り方や削り機は一般のものと大きな違いはないそうですが、氷にはこだわっているそう。不純物のないものを使用することで、サラサラ感が生まれるのだとか。ちなみに不純物の少ない氷ほど、頭がキーンとなりにくいって知ってました?

まとめ

子どもの頃に体験した気持ちを大事にして、それを形にした「カフェサブヒロ」のかき氷。口に入れた瞬間、なんだか懐かしさがこみ上げてきました。

良いものを食べてもらいたいというお店の想いが伝わってきて、かき氷を食べているのにも関わらず温かい気持ちになったのは言うまでもありません。

ちなみにここのかき氷は、季節に応じて種類も増えます。夏はぶどう、桃、秋は柿、梨、そして冬はいちごやみかんなど、旬な食材を活かした、粉雪みたいなサラサラかき氷を頂くことができますよ。

カフェサブヒロ(かふぇさぶひろ)

愛知県名古屋市名東区一社2-55斉藤ビル1F

052-704-0788

平日9:00~18:00 (L.O.17:00)、土日祝7:30~18:00 (L.O.17:00) ※夏休み期間は特別営業として午前と午後の二部制

2~6歳

無料

https://www.cafe-sabuhiro.com

ベビーカー入店可、完全禁煙、ひざ掛けサービスあり

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

久保田 拓磨

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018