就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【大阪】見てふれて!自然との関わりを知る「大阪市立自然史博物館」

【大阪】見てふれて!自然との関わりを知る「大阪市立自然史博物館」

大阪メトロ御堂筋線「長居駅」を降りると目の前にはスタジアムや植物園などが集結する「長居公園」があります。その一角にあるのがさまざまな展示や体験を通して、自然や生き物について知ってもらおうというコンセプトを掲げた「大阪市立自然史博物館」です。一体どんなところなのか覗いてみましょう!

ワクワクが止まらない!迫力ある博物館

楽しく自然について知ろう!

「大阪市立自然史博物館」は「旧自然科学博物館」から数えると、60年以上も続く歴史ある博物館です。この施設では「自然のしくみ」「自然の歴史」「人と自然の関わり」についての展示がされており、子どもでも楽しんで学べるイベントが、年間150回以上も行われています。

全長19メートルの「ナガスケ」

施設の入口前にはナガスクジラの「ナガスケ」が展示されています。「ナガスケ」とは来館者の応募によって選ばれた愛称です。1990年に大阪湾に流れついたナガスクジラを解体して7年間土に埋め、余分な肉を除いて標本にしたものを展示しており、日本近海で採集され展示されているクジラでは、最大の標本だそうですよ!入る前から子どもたちの展示への期待が大きくなりますね。

博物館へレッツゴー!

エントランスに入ると、さっそくナウマンゾウとヤベオオツノジカがお出迎えしてくれました。ナウマンゾウは2万年前まで日本に生息していたようで、大阪平野の地層から化石が見つかったそうです!3万年以上前には同じ地層から人が作った石器も発見され、ナウマンゾウと人が同時期に暮らしていたことがわかりました。

絶滅した大型のシカの中でも、最大のツノをもつとされていたヤベオオツノジカ。実物と同じ大きさで再現された復元模型だそうで、あまりの大きさに子どもたちもびっくりするのではないでしょうか。

館内にはわかりやすく解説してくれるキッズパネルが設置されているので、小さい子どもでも楽しく過ごせます!

厳選した常設展示室をご紹介!

身近なものから地球の歴史まで

第2展示室「地球と生命の歴史」をテーマにした展示室にやってきました。大阪平野の歴史をふりかえるスペースでは、ビル建設などの現場で、地下深くからたくさんの海の生き物の化石が見つかり、その中に大阪の地下で発見された巨大なクジラの標本を展示しています。

この展示室には全部で約600点もの標本が展示されており、その中でも中生代から新生代に生息していた生き物の21体もの骨格標本は大人も子どもも大興奮しそうです。天井にうつし出された影によって、より迫力が増しているようです!

実際に自分の手でふれてみることは歴史を知るうえでとても大切なことなので、「さわってみよう」と書かれたパネルを見つけたらたくさんさわってください。

ホルマリン漬けにされた魚は子どもには怖さを感じるかもしれませんが、普段はなかなか見ることのできない貴重な魚たちが保存されているんですよ。

生き物ってどんな風にできてるの?

「生命の進化」をテーマにした展示室では、地球のあらゆる生物がどのようにして進化してきたのかを知ることができたり、普段は見ることができない生き物の展示などがされています。

ボタンを押すと動いたり光ったりするような仕掛けもあり、私たちが目で見ているものが虫にはどのように見えているのかを体験できたりもします。

この標本には世界中に生息しているさまざまな色や形をした蝶が展示されています。日本では見ることのできない蝶を一度に見られますよ。

ゲームで環境について学べる

「生き物のくらし」の展示室ではさまざまなゲームが置いてあり、子どもたちが遊び感覚で環境について知ることができます。

ドングリが発芽するまでの過程を再現するシミュレーターゲームでは、取っ手を回すと玉が5個出てきて、最後まで行くと芽が生える仕組みになっています。これがかなり難しく、全部の玉が最後まで行かないこともあります。上手くできない時は他の子どもたちと譲り合いながら、何度もチャレンジしてみてくださいね。

他にも頭や反射神経を使うゲームがあるので、ママたちも一緒に楽しめますよ!

展示だけじゃない!館内の楽しみ方

1階のミュージアムサービスセンターでは、子どもたちの疑問に学芸員さんが答えてくれます。見学して気になったことや普段から疑問に思っていることなどがあったら、気軽に質問してみてくださいね。

生き物が大好きな店員さんのいるショップ

生き物好きの店員さんのいるミュージアムショップには、定期的に開催されているイベントに合わせたオリジナルグッズや海の生物のオブジェなどが販売されています。珍しいグッズがたくさんあるので、お友だちに自慢できますよ。

「大阪市立自然史博物館」へのアクセス

大阪メトロ御堂筋線「長居駅」3号出口を出ると、目の前に長居公園があります。約10分ほど歩くと「長居植物園」の入口に到着。そこから「花と緑と自然の情報センター」へ向かいチケットを購入すると博物館に入館できます。

まとめ

今回取材させていただいたことで、こんなにも自然や生き物たちについて知らないことがたくさんあるのだと感じました。子どもだけでなく、大人も改めて環境について知ることができるのではないでしょうか。平日は比較的落ち着いていて、ゆっくりと展示が見られるのでおすすめですよ。

子どもに自然について関心を持ってもらえるいい機会であり、自然の抱えるさまざまな問題を親子で一緒に考えることができる「大阪市立自然史博物館」に、是非行ってみてください。

大阪市立自然史博物館おおさかしりつしぜんしはくぶつかん

大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23

06-6697-6221

9:30〜17:00(3月〜10月)、9:30〜16:30(11月〜2月)

月(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/28〜1/4)

対象年齢なし

中学生以下無料、大人300円

http://www.mus-nh.city.osaka.jp

ベビーカー入場可、ベビーベット有り、授乳室、ベビーカー貸出あり

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

橋本 わかな

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018