就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【神戸】関西でジャイアントパンダに会える!「神戸市立王子動物園」

【神戸】関西でジャイアントパンダに会える!「神戸市立王子動物園」

阪急「王子公園駅」から徒歩3分のところにある「神戸市立王子動物園」。広い園内では小動物から猛獣まで数多くの動物と出会えたり、遊園地も併設されているので一日中退屈することなく遊べます!全国でも珍しいパンダに会えるので、子どもに貴重な体験をさせてあげられます。

気軽に行ける「神戸市立王子動物園」

駅からすぐでアクセスもいい

今回訪れた「神戸市立王子動物園」は阪急「王子公園駅」を降りてすぐのところにあるので迷うこともなく、大阪市内からもアクセスしやすいです。

中学生以下は無料、大人で600円でも入場できるのは魅力的ですよね。平日は比較的落ち着いていて、子ども連れのママや遠足にきている小学生たちが多く見られます。土日には家族連れで混雑するそうなので、開園時間に合わせて行くことをおすすめします。

それでは王子動物園の動物たちに密着してみましょう!

さまざまな動物たちをご紹介!

動物たちのお食事タイム!

ここでは1日に数回動物たちがお食事しているようすを見ることができます。

コアラのピーターくん!エサをむしゃむしゃ食べていて癒されますね〜!

コアラの1日の睡眠時間は16時間以上といわれているほど眠っている時間が多いので、お食事タイムは11:00〜の1回になります。貴重なコアラの食べている姿をご覧になってください。

「王子動物園」の象徴ともいうジャイアントパンダのタンタン!23歳の女の子です。全国でもパンダが見られるのは上野動物園とアドベンチャーワールド、そして王子動物園だけなんです。

パンダのお食事タイムは1日に4回ありますが、人気ということもあり始まる前から一目見ようと行列ができていました。

お食事タイムが始まってから約30分間はエサを食べているようなので、少し時間をずらして行くのもおすすめです!

大きなキバが特徴のマックとおとなしそうに端っこで立っているズゼは東南アジアに生息しているアジアゾウです。

アジアゾウは森林伐採・農地開拓により生息数が減少しつつあるそうです。人間が動物の住む場所を壊してしまっているということや環境問題について、子どもたちが知るきっかけになるかもしれません。

小動物から猛獣まで驚きがいっぱい

きれいな白い毛で覆われたホッキョクグマは暑い日差しに少しお疲れモードのようです。大きな体と存在感で遠くからみているだけで圧倒されます。
クマは怖い!と思っている子どもは多いかもしれませんが、大きな体を小さくしてちょこんと座っている姿に子どもたちもかわいらしさを覚えるのではないでしょうか!

工夫された園内

あれれ?こんなところにゾウさんがいます!

これは階段の左右に設置されたすべり台になっていて、子どもたちが園内を歩いているだけで喜ぶような工夫がされているところにやさしさを感じますね。

この階段を上がって…

すべり台の上まできたら、あとはもうすべるだけ!

おとなが一緒に滑るには少し狭いので、子どもたちが怪我などをしないように近くで見てあげてくださいね。

園内のいたるところに休憩スペースがあるので、お弁当を食べたり歩き疲れた子どもがグズってしまってもすぐに休憩できたりと、子ども連れへの配慮が行き届いています。

動物とこどもの国へ!

まるでおとぎの国へ向かいそうな入り口。ここを抜けると動物たちとのふれあいが待っています。

さぁ、動物とこどもの国へ!

入ってすぐのところにはこのように質問ノートが置いてあります。動物たちについての疑問を書くとスタッフの方からお返事が返ってきます。

不思議に思ったことがあればどんどん質問してみましょう!

ふれあい広場に入るとヤギ、ウサギ、ヒツジ、ガチョウなどほかにもさまざまな動物たちがいます。広々とした空間でヒツジさんは放し飼いされていました!

こんなに大きな橋が!
ここからだと広場にいる動物たちが一度に見られますよ。

お楽しみのふれあいタイム!

毎日開催されているふれあいタイムではウサギやモルモットを抱っこしたり、一緒に記念撮影できます!

かわいいお洋服をきた2人の女の子はお行儀よく並んで座り、最初は少し緊張したようすでしたが…

慣れてくると笑顔がみられるようになりました!

「見る」と「さわる」のとでは違いがあるようで、ふれあい体験となると最初は緊張していた子どもたちも動物たちのやさしい性格にだんだん心を開いているように感じました。

貴重な体験なので、ぜひ参加してみてください!

レトロな遊園地で遊ぼう!

園内にはもう1つ子どもたちが喜ぶスポットがあるのですが、それはいったい何でしょうか?

正解は遊園地です!

クオリティーの高い遊園地!

それも本当に動物園の中にあるの?と思ってしまうほど立派な遊園地!レトロな雰囲気でアトラクションの種類も豊富なので遊園地だけでも一日遊べてしまいそうです。

動物の形をしたアニマル観覧車からは神戸の街が一望できるので、乗ってもらいたいアトラクションナンバーワンです!

アトラクションは有料になるので、乗るときに料金を払ってくださいね。
乗り物によって異なりますが料金は200円、300円になります。

1000円で1100円分のアトラクションに乗れる回数券もあるので、たくさん乗る場合はこちらを購入するのがおすすめです。

まとめ

イベントやふれあい、遊園地も併設さてれているので1日では遊びたりない!と思ってしまうほど内容が豊富な「神戸市立王子動物園」。子どもだけでなくおとなも楽しめるので家族で訪れてほしいです。

土日のみのイベントなどもありますが、平日の少しゆったりとした時間を過ごすのもよいのではないでしょうか。

神戸市立王子動物園(こうべしりつおうじどうぶつえん)

兵庫県神戸市灘区王子町3-1

078-861-5624

9:00〜17:00(3月〜10月)、9:00〜16:30(11月〜2月)

水(祝日の場合は開園)、12/29〜1/1

0歳〜

中学生以下無料(施設により有料)、大人600円

http://www.kobe-ojizoo.jp

ベビーカー入場可、駐車場有り、授乳室

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

橋本 わかな

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018