就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児のおしゃれな冬コートが知りたい!選び方のコツや人気のショップ

幼児のおしゃれな冬コートが知りたい!選び方のコツや人気のショップ

そろそろ子どもの冬コートを用意したいと思っているママもいることでしょう。おしゃれに敏感なママの場合、動きやすさや手入れのしやすさはもちろん、見た目にもこだわりたいですよね。そこで今回は、子どもの冬コートを選ぶときに注意したいこと、おしゃれな冬コートやおすすめのショップなどについてご紹介します。

幼児の冬コートを選ぶときに注意したいこと

子どもが動きやすい大き目サイズを選ぼう

ママ自身が自分のコートを選ぶとき、シルエットがキレイに見えるよう、ジャストサイズのコートを選ぶことが多いと思います。しかし子どものコートを選ぶときは、子どもが動きやすい大き目サイズを選ぶように心がけたいですね。

子どもは冬でも公園で走り回ったり、滑り台やジャングルジムによじ登って遊んだりすることもあるでしょう。そんなとき、体にぴったりのサイズだと動きにくく、遊びづらくなってしまいます。

胴体まわりはもちろん、特にアームホールがきつすぎないかもチェックするようにしてくださいね。アームホールがきついと、腕を動かしたときに脇部分の生地が突っ張って痛いですし、その部分が裂けてしまうこともあります。

ストレスを感じない素材か確認しよう

子どものコートを選ぶときは、子どもがストレスを感じない素材を選ぶことが重要です。たとえば、コートによくあるウールは保温性が高いので愛用しているママも多いと思いますが、子どものデリケートな肌に直接触れるとチクチクとして痛いことがあります。

せっかくウールのコートを買っても「このコートチクチクして痛いから着たくない」といわれるとママも困ってしまいますよね。この場合は、肌に直接触れる襟まわりに柔らかいマフラーを当てるか、ハイネックのインナーを着せるとよいでしょう。

ほかにもゴワゴワとした生地だと、動きにくいのでストレスを感じてしまうかもしれません。できるだけ柔らかい生地のものを選ぶようにしたいですね。

汚れて当たり前!洗濯表示をチェックしよう

ママやパパの場合、ワンシーズンのうち、汚れたコートをクリーニングに出す回数は少ないと思います。大人の場合、日常生活でコートが汚れることってあまりないですよね。

しかし子どもの場合、コートのまま泥のついた滑り台によじ登ったり、砂場に入って行ったりしてしまうので、あっという間に汚れてしまいます。ドライクリーニングでしか洗えない素材だと、そのたびにクリーニング店に持っていくのも面倒ですし、お金もかかります。

子どものコートは汚れて当たり前なので、購入前には必ず洗濯表示をチェックするようにしてくださいね。洗濯機のデリケート洗いメニュー、もしくは手洗いで洗えるものを選ぶようにしましょう。これなら汚してしまっても、ママがストレスを感じる必要がありません。

全部欲しい!幼児のおしゃれな冬コート

軽くて暖かい「ダウンコート」

羽根部分のない羽毛だけで作られているダウンコートなら、軽くて動きやすい上に保温性が高いので、子どもにはぴったりですよ。袖部分がリブ編みになっていると、袖から冷たい空気も入りにくく動き回っても暖かさをキープすることができます。

中に含まれているダウンの量が多ければ多いほど保温性が高くなるので、値段も上がる傾向にあります。ダウンコートは、自宅での洗濯が不可の表示がついているものも多いので、購入のときは、自宅で洗濯可能かも忘れずにチェックするようにしましょう。

外の生地に防水加工がされていると汚れもつきにくく、洗濯やクリーニングの回数を減らすことができます。少し高くてもそういった素材を選ぶとママへの負担も少なくて済みますよ。

ママとリンクコーデしよう「モッズコート」

モッズコートを愛用しているママもいるかもしれません。子どもにもモッズコートを購入して、ママとリンクコーデを楽しんでみてもよいですね。

秋冬に着るモッズコートを選ぶ場合は、中綿がしっかりと入っているもの、および中にフリース素材などのライナーがついているものがおすすめです。中のライナーがチャックやスナップボタンなどで取り外し可能なデザインを選ぶと、春まで着せることができるので便利ですよ。

男の子なら、そのままジーンズなどのボトムスとの相性も抜群ですし、女の子ならインナーにワンピースを着ればかわいく着こなすこともできます。モッズコートはカジュアルなコートなので、フォーマルな場には着られませんが、普段着ならこれ1枚で十分です。

お出かけ着として使える「ダッフルコート」

学生時代によくダッフルコートを着ていたというママもいるかもしれません。ダッフルコートなら見た目もおしゃれですし、カジュアルはもちろん、きちんとしたファッションをさせたいときにもぴったりですよ。

特に冬はクリスマスや大晦日、お正月などのイベントも多く、実家にきちんとした格好で帰省したいというママもいることでしょう。そんなときダッフルコートならカジュアルになりすぎないのでおすすめです。

モノトーンやシックな色のものはどんなアイテムにも合わせやすいですし、女の子なら赤やチェック柄を選ぶと、ダッフルコートを主役にした秋冬コーデをすることができます。ほかに青や黄色など、カラフルなものを見つけて秋冬ならではのコーデを楽しんでみたいですね。

幼児向けの冬コートを販売しているショップ

シンプルなコートが揃う「ユニクロ」

「ユニクロ」によく足を運ぶというママもいることでしょう。プチプラな上に、シンプルで着回しがしやすいデザインのものが多いので、家族で愛用しているという家庭もあるかもしれません。「ユニクロ」なら、大人用のコートはもちろん、子ども向けのシンプルなコートも揃いますよね。

軽くて暖かいダウンコートや大人顔負けのトレンチコートまで色々なラインナップが揃っているので、まずは「ユニクロ」で子どものコート探しをしてみてもよいでしょう。カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの1着が見つかるはず。

「ユニクロ」の子ども服は160cmまであるので、小柄なママなら子どもとサイズ違いで同じアイテムを着て、お揃いファッションを楽しむこともできますよ。

プチプラなコートが豊富な「しまむら」

プチプラでかわいいデザインのものが揃うと評判の「しまむら」なら、子ども用のコートも種類が豊富です。カジュアルで着回しに便利なモッズコートやかわいらしいデザインのダウンコートなど、プチプラでおしゃれなコートが見つかるはず。

子どものコートはワンシーズンでサイズアウトしてしまうことも多いため、子どもが小さいうちはコートにあまりお金をかけたくない家庭もあると思います。「しまむら」なら2,000円前後で子ども用コートを見つけることができますよ。

値段も手ごろですし、ワンシーズンで着つぶしてしまうと思えば、子どもが公園で汚してしまっても惜しくありません。ワンシーズンだからこそ、色やデザインでちょっと冒険心のあるものを選んでみるのもよいですね。

トレンド感あるコートなら「プティマイン」

フランス語で「小さな手」を意味するブランド「プティマイン」なら、どこかフレンチっぽい、トレンド感のあるコートを見つけることができますよ。落ち着いた色合いでさりげなくおしゃれなコートを探しているママにおすすめのブランドです。

ノーカラーのフリースコートやリバーシブルのボアジャケットなど、優しくてかわいらしいデザインのコートがたくさんあります。お気に入りの1着を探してみてくださいね。

また、「プティマイン リアン」では大人の女性向けファッションアイテムも揃うので、子どもとリンクコーデを楽しむこともできますよ。サイトではリンクコーデの写真もたくさんアップされているので、コーデの参考にしてみるのもよいでしょう。

まとめ

今回は、子どもの冬コートを選ぶときに注意したいこと、子ども向けのおしゃれな冬コートやおすすめのショップについてお話ししましたが、いかがでしたか?

なにかと汚れやすい子どもの冬コート。子どものために、動きやすく保温性が高いのはもちろんのこと、ママの手間を考えると自宅で洗濯可能かどうかというのもコートを選ぶときの重要なポイントになります。

ママと子どものニーズに合った、おしゃれなコートを探してみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018