就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児の服を選ぶ際のポイントは?選び方と子どもならではのこだわり

5歳児の服を選ぶ際のポイントは?選び方と子どもならではのこだわり

デザインで差をつけるなら「ブリーズ」

ブリーズは、ベビー服から子ども服までリーズナブルに揃うブランドです。アメリカンカジュアルのTシャツやボディスーツ、ポップな子ども服など、豊富なデザインが揃っています。

色やデザインも子ども服という概念にとらわれず、おしゃれな大人用の服をそのまま子ども服にしたようなカジュアルさが特徴です。古着っぽさを演出している子ども服まであって、おしゃれなママに人気があります。

ブリーズの店舗はイオンショッピングモールに入っていることが多く、季節ごとに行われるバーゲンセールを利用すれば、さらに安い価格で購入できるかもしれません。通販で買うこともできます。

サイズも140cmくらいまであるので、兄弟お揃いのファッションを楽しむことができますよ。

着心地抜群の「プチバトー」

プチバトーは、120年以上の歴史を持つフランスのブランドです。子どもの肌着メーカーとして誕生し、今では新生児から大人まで幅広い年代の服を扱っています。

着心地の良さが、プチバトーの特徴といえるでしょう。伸縮性に優れた編み方でコットンを編むことで、肌を優しく包んでくれます。

洗濯に強く、何度洗っても型崩れしにくい丈夫さもうれしいですね。活発な5歳児が着る服として、おすすめです。

また、シンプルでありながら流行も取り入れたデザイン性の高さがあります。遊び心のあるデザインは、多くのママから支持されているんですよ。

幅広いサイズの子ども服が揃っているほか、大人の服を展開しているのも魅力の一つです。兄弟だけでなく、ママとのリンクコーデも楽しめるでしょう。

まとめ

今回は、5歳児の服選びのポイントや、子どもならではのこだわり、さらにはおすすめの子ども服ブランドについてご紹介しました。ポイントは、動きやすさとサイズ感、そして子ども自身に服を選ばせることです。

5歳前後になれば、自分の力で服を着ることができるようになります。始めのうちは着やすい服を選んであげて、根気強くサポートしましょう。洋服を買うときには、一緒にお出かけして子どもに選ばせてみるのもおすすめです。その子ならではのこだわりを大切にして、満足できる子ども服を選んでみてはいかがでしょうか。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND