就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの服をリメイクして長く使う!メリットと思い出に残る活用術

赤ちゃんの服をリメイクして長く使う!メリットと思い出に残る活用術

すぐにサイズアウトしてしまう赤ちゃんの服、お気に入りだったものや、あまり着せていない服などは、名残惜しくてなかなか処分できないですよね。でも、着られなくなった服に少し手を加えるだけで、もっと長く使えるようになるんですよ。今回は赤ちゃんの服のリメイク方法や、思い出に残すための活用術などをご紹介します。

赤ちゃんの服をリメイクするメリットとは

布代と作る時間を節約できる

子ども服を手作りする場合、まず布を用意する必要がありますが、おしゃれな柄の生地や、肌触りのよい素材のものなどは、買うとなると意外に費用がかかってしまうものです。

リメイクなら手持ちの服をそのまま使えるので、わざわざ布を買う必要がありません。布代がかからないというのは、主婦にとっても嬉しいメリットですよね。

また、簡単なデザインのものであったとしても、子ども服をすべて一から手作りするのは大変な作業になるはずです。慣れないうちは、おそらく時間もかかってしまうでしょう。

その点、リメイクはもともとある服に手を加えるだけですから、作業時間も少なく済む場合がほとんどです。布代だけでなく作る時間を節約できるというのも、リメイクの大きな魅力だといえますね。

かわいいデザインを活かせる

赤ちゃんの服はかわいいデザインのものが多いですよね。ポップな絵柄のものや、リボンがついたガーリーなもの、色使いがカラフルなものなど、ママにもきっとたくさんのお気に入りがあると思います。

リメイクなら、サイズアウトした服でも、かわいいデザインを活かしたまま、新たな服や雑貨として生まれ変わらせることができます。

例えば、着丈が短くなったTシャツの裾部分に、別布を足してチュニック風にしたり、服にプリントされているかわいいイラスト部分を切り取って、クッションにパッチワークしたり…。お裁縫が苦手なママの場合は、ボンドなどを使って小物や雑貨にリメイクするという手もあります。

子ども服ならではのかわいいデザインで、リメイクのアイデアも無限に広がりますね。

すきま時間で作業でき、ママの気分転換にも

「子ども服を自分で手作りできたら素敵だけど、育児中だし、手間暇のかかるものはちょっと…」こんな風に思っているママもいるのではないでしょうか。

リメイクなら、服を一から手作りするときのように、布を買いに行ったり、型紙を作ったりする必要もありません。思い立ったときに、家にあるものでいつでも手軽に作業を始められます。

また、簡単な工程のものであれば、制作時間もさほど長くはかかりません。子どもがお昼寝している間や、ママの手が空いているときなど、すきま時間に気楽に取り組むことができます。

作業に集中すれば、育児中の気分転換にもなりますし、リメイク品を完成させたときには充実感や達成感も味わえるでしょう。子育てで忙しいママの趣味にもぴったりですね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

小さくなった服を長く着るためのリメイク術

ロンパースの股部分をカットしてトップスに

赤ちゃん期に大活躍してくれるロンパースですが、トップスとボトムスが一体になっているため、赤ちゃんの身長が伸びてくると、股の部分がすぐにきつくなってしまいますよね。でも、着丈以外、肩幅や身幅は、意外にゆとりがあることも多いのではないでしょうか。

そんなときこそリメイクの出番です。ロンパースの股部分をカットして、裾の処理を行うだけで、あっという間にトップスに変身させることができます。

肌触りのよい素材のものは、そのまま肌着として使い続けられますし、デザインのかわいいものなら、新たなアイテムとして子どものおしゃれコーデを楽しめるようになります。リメイクした数だけトップスも増えるので、服代の節約にもなりますね。

丈が短いTシャツをワンピースにアレンジ

Tシャツなどのトップスも、袖の長さや身幅などに比べて、着丈だけが短くなってしまうことが多いですよね。このような場合は、裾部分に別布を縫い足して、丈を伸ばしてあげるとよいでしょう。

例えば、女の子なら、丈が短いTシャツの裾に、スカートをドッキングさせたり、ほかの布を足したりするだけで、一点もののワンピースにアレンジできます。裾や袖にレースなどを縫いつけるのも、女の子らしくてかわいいですね。

男の子の場合も、裾部分に別布を足して、丈を伸ばしてあげれば、ロング丈の重ね着風Tシャツとしてまたしばらく着られるようになります。

ママがはかなくなったスカートや、パパが着なくなったシャツなど、大人用の服をリメイクに活用してみるのもおもしろいと思いますよ。

わきや中央部分に布を足してサイズアップ

身幅や腕まわりなどがきつくなったものは、さすがにそのままでは着られなくなってしまいますね。でも、そういった服もリメイクで一手間加えるだけで、さらに長く着回せるようになるんですよ。

例えば、二の腕のあたりがきついという場合は、トップスの裾から袖口までをまっすぐカットして、わきやサイド部分に別布を足してあげると、身幅や袖幅にもゆとりが出やすくなります。

また、服の後ろ中心、もしくは前中心を、襟のところから裾まで直線的にカットして、中央部分に布を足す方法なら、身幅だけでなく首まわりもサイズアップさせることが可能です。

ロゴや柄のある服をサイズアップさせるときは、全体的なバランスを見ながら別布と縫い合わせてあげると、より自然な仕上がりになりますよ。

小物にリメイクして思い出をいつもそばに

くるみボタンでヘアゴムにして身につけて

手軽に作れるリメイク小物としておすすめなのが、コロンとした丸い形がかわいらしいくるみボタンです。近頃は100均でも製作キットが手に入りますし、材料さえあれば、誰でも簡単に作ることができます。

ヘアゴムにして身につけるだけで、赤ちゃんとの思い出をいつもそばに感じられるようになりますよ。

【材料】
・サイズアウトした服
・くるみボタンキット(押し込み式のもの)
・ハサミ
・ヘアゴム用ロングゴム

【作り方】
1.型紙に合わせて生地を丸くカットする
2.打ち具台にカットした布とボタン本体パーツをのせる
3.布を中心に入れ込み、通し穴のついたパーツをのせて打ち具でしっかり押し込む
4.打ち具台からボタンを外し、通し穴にヘアゴムを通したら完成
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC