就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

離乳食の食材選びに迷う。離乳食の進め方や食べてはいけないもの

離乳食の食材選びに迷う。離乳食の進め方や食べてはいけないもの

離乳食が始まると、ママの悩みや疑問も増えるものです。そのような悩みや疑問を少しでも解消し、楽しい離乳食期を送ってもらうために、月齢別の離乳食のポイントや食べていい食材を紹介しています。そのほか、離乳食期に知っておきたい食品アレルギーについてや、食べさせてはいけない食品などをまとめてみました。

離乳食はどうやって進めていけばいい?

まずは全体のスケジュールを掴もう!

離乳食は開始から完了するまでに、4つの段階があります。段階ごとに食事の回数や食べ物の硬さが変わっていきます。

離乳食は多くの人が生後5、6カ月頃から始め、1歳半頃に完了するようです。4つの段階には名前がついており、5,6カ月は飲み込むだけの「ゴックン期」。7,8カ月頃はモグモグする練習を始める「モグモグ期」。9〜11カ月は1日3回食になる「カミカミ期」。12〜18カ月は、完了に向けて準備する「パクパク期」と呼ばれています。

子どもによって発達のスピードや食べ物に関心を示す度合いは違いますよね。そのため、離乳食はスケジュール通りに進めることよりも、子どもの様子を見ながら無理せずに、食べる楽しみを感じてもらうことが大切です。

離乳食初期は消化がよいものから

今までママのおっぱいやミルクなど、液体しか口にしたことのない赤ちゃんが、離乳食を始めます。消化器官もまだ未発達な状態なので、最初から肉や魚をあげることはできません。

最初はなるべく赤ちゃんの胃腸に負担がかからない、消化のよいものをあげましょう。消化がよいものとは、食物繊維や脂肪分が少なく、やわらかいものです。

また、離乳食初期は「ゴックン期」と呼ばれるように、スプーンで口の中に入れられたものをゴックンと飲み込むだけなので、のどごしが悪いと食べてくれないこともあります。そのため、離乳食初期は、うらごしをしてあげるといいですよ。赤ちゃんも食べやすくなり、未発達の胃腸にもやさしい離乳食を作ることができます。

離乳食中~後期から徐々に食材を増やす

離乳食を初めて2カ月、「モグモグ期」になったら徐々に食材を増やしていきます。赤ちゃんの消化器官は月齢とともに徐々に発達していくものなので、「モグモグ期」になったからといって、急になんでも食べられるようになるわけではありません。月齢ごとに食べさせていい食材を調べて、離乳食を進めていきましょう。

食材を増やすときは必ず1日1品に留めましょう。複数の新しい食材を与えて、万が一アレルギー反応をおこしてしっまった場合、どの食材でアレルギー反応が出たのか、特定することができなくなってしまうからです。

初めてあげる食材の量も最初はスプーン1杯にとどめておきましょう。赤ちゃんの様子を見て、変化がなければ次回からもっとあげても大丈夫です。

これは食べられる?迷いやすい食材リスト

食べさせてはいけない食材

離乳食ではアレルギーの危険性や中毒性が高い食べもの、消化に悪い食べもの、のどにつまりやすい食べものは避けましょう。

・はちみつ

・黒糖など未精製の糖類

・味付けの濃いもの

・お刺身などのなまもの

・潰していない豆や、こんにゃくゼリー、餅など、のどに詰まる可能性が高いもの

・スナック菓子やかまぼこなど、保存料や着色料などの添加物がたくさん入っているもの

・塩分が高いもの

・生クリームが入ったケーキやアイスクリームなど糖分や脂肪分が高いもの

・コーヒー、紅茶、緑茶などカフェインが多量にふくまれているもの

・エビ・カニ・イカ 

・生の山芋 (加熱したものは離乳食後期から食べさせることができます)

・そば

アレルギーが出る可能性のある食材

食品アレルギーを引き起こす食材の1位は卵、2位は牛乳、3位は小麦粉です。アレルギー症状で病院を受診した0歳児の9割はこの3つの食材が原因となっています。その他にも、ピーナッツ、エビ、カニ、イカなどの甲殻類、魚卵、ソバなどもアレルギーを起こしやすい食材として注意が必要です。

食べた後、全身にじんましんが出たり、嘔吐したり、全身が赤くなり、息苦しそうにしているなどの症状がでたらアレルギーの可能性があります。

卵は初めてあげる時期が遅くなればなるほど、卵アレルギーになる可能性が高くなるというデータもあるようです。卵をあげる時の注意点は、1日に全卵をあげないことです。卵黄と卵白を分けて、卵黄から先にあげてみましょう。

離乳食で使える調味について

離乳食は基本的には味付けは必要ありません。塩分が含まれている素材も多く、母乳やミルクには塩分が含まれており、味付けしなくても塩分は足りています。大人と同じ味付けにすると、塩分過多になってしまうので、注意が必要です。

赤ちゃんの味覚は大人より敏感で、塩味や苦味などを感じやすい舌をもっています。まずは素材本来の味を赤ちゃんに知ってもらうことから始めましょう。

調味料を使い始めるのは離乳食中期の「モグモグ期」以降にしましょう。調味料は添加物や香辛料が入っていないものを、少量使うようにしましょう。マヨネーズには卵が入っているので、卵アレルギーがないと分かってからあげてください。

また、きちんとダシ取ることで、旨味をプラスさせることができます。

生後5~6カ月の離乳食のポイント

離乳食初期は「10倍粥」から

離乳食初期は1日1回、いつもの授乳に離乳食を置き換えることから始めます。

離乳食を始めて1週間はお粥だけをあげてください。水1に対して10倍の水で炊いたお粥(10倍粥)を小さなスプーン1杯あげることからスタートし、嫌がらずに食べてくれて問題がないようであれば、少しずつ量を増やしましょう。目安としては7日目にはスプーン4杯くらい食べられるといいですね。

離乳食を始める時期は生後5,6カ月からといわれています。しかし、成長のスピードや食べ物への興味は個人差があります。

離乳食開始の目安は、赤ちゃんの首がしっかりとすわって、食べ物に興味を示し、口をモグモグ動かす動作を見かけるようになったらといわれています。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj