就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

購入するなら新築マンション?子どもとの暮らしに合った家の探し方

購入するなら新築マンション?子どもとの暮らしに合った家の探し方

子どもが生まれるとママとパパのライフスタイルが子ども中心に変わりますよね。子どもにあった生活へと少しずつ見直していくなかで今後の住居について、新築マンションの購入を検討するケースもあると思います。新築マンションを購入するタイミングや子育てのメリットやデメリットなどを見ていきましょう。

中古ではなく新築マンションを選ぶメリット

諸費用が安く、建物の保証がつく

マンションの購入を検討する場合、新築マンションか中古マンションのどちらにするかを選択しますよね。それぞれにメリット・デメリットはありますが、ここでは新築マンションを選ぶメリットを見てみましょう。

マンションを購入する際は新築、中古マンションのどちらも諸費用がかかりますが、新築マンションの諸費用が中古マンションよりも安い場合が多いです。諸費用の目安としては、新築は価格の2.5%~5%、中古は5%~8%のケースが多く見られます。

また、新築マンションは建築基準法の新耐震基準に基づいて建てられています。新耐震基準は極めてまれにみる大地震でも倒壊しないことを前提として定められており、建物の構造部分には10年間の保証がついています。

建物の設備や耐震、セキュリティが新しい

新築マンションでは最新の設備や仕様が採用されていて、マンションの共有部分は住民の利便性や安全性が充実している場合が多いです。管理員が駐在し、マンションの受付や清掃などを行ったり、警備員が夜の見回りをして24時間管理を行ったりする物件もあります。

セキュリティー面では、エントランスと自宅玄関の二重ロック機能や、エレベーターホールの防犯カメラなど多重セキュリティーが標準です。また、不在時に届いた宅配の荷物を一時的に受け取り、保管しておくことができる宅配ボックスが設置されているなどの利便性もあります。

耐震面では、新築は震度6強~7程度では倒壊しない耐震等級1以上です。さらに耐震、免振、制振構造などを採用し、大きい地震へ備えています。

税金の控除や長いローンが組みやすい

マンションを購入すると、住宅ローン控除や不動産取得税の軽減措置を受けられます。それに加えて、新築マンションを購入した場合は、固定資産税の軽減措置を受けられます。

固定資産税とは、毎年1月1日現在の土地や建物の所有者に対してかかる税金で、市区町村が徴収します。平成32年3月31日までに新築された物件で適応条件を満たしている場合、新築後5年間の固定資産税が半額になる軽減措置を受けることができます。

住宅金融支援機構が民間の金融機関と共同で融資を行っている「フラット35」は、マンションが一定の基準を満たしていれば利用できる住宅ローンで、全期間固定金利で15年~35年間の借入が可能です。新築の場合は基準を満たしている場合がほとんどです。

中古でなく新築マンションを選ぶデメリット

住むエリアなどが限られてしまうことがある

新築マンションを選ぶデメリットもあります。新築マンションは、都市の中心部や都市郊外の駅の近くで分譲されるケースが多く、利便性を求める方に向いているといえます。

ただ、マンションを購入する際に、希望条件としてあげられることが多い立地に関しては、購入を希望するタイミングで、希望するエリアに新築マンションの分譲があるとは限りません。新築マンションに限定して購入を検討している場合は、選択肢が限られてしまいますね。

希望するエリアに新築マンションの建設の予定があるかどうかの確認をこまめにして、エリアの範囲を少し広げて検討してみましょう。同時に、ご自身がマンションを購入する際に希望する条件の優先順位を見直してもよいかもしれませんね。

建設中だと実物が見られず検討しづらい

新築マンションの場合、建設中のケースが多く実物を見ることは難しいです。その場合は、マンションギャラリーなどに行って、モデルルームを見学したり担当のスタッフから説明を受けたりします。

マンションによっては、数種類の間取りが販売されています。マンションギャラリーの規模にもよりますが、用意されているモデルルームは1~2種類のことが多く、比較的、部屋が広めのファミリータイプの部屋を見学するケースがよく見られます。

モデルルームでは実際の部屋ごとの日当たりや周辺の騒音といったものまでは知ることができません。そのため、実物を見学できる中古マンションに比べると、実際に住んだときの様子をイメージすることは少し難しいかもしれませんね。

コミュニティや管理面などの想像がつかない

建設中の新築マンションだと、中古の分譲マンションとは違い、事前に居住者の世代やタイプを知ったり、マンションの維持・管理状態を把握することは難しく、想像がつかないかもしれませんね。

ほかのマンション購入者も同時期に住み始めることになるので、マンションのコミュニティもできあがっていないことが考えられます。また、マンションの管理状態もどういうものなのか詳しくは分からない場合が多いでしょう。

しかし新築マンションの場合、みんなでゼロからスタートすることになるので、周囲となじみやすかったり、意見をだしあってマンションの決まりを作っていったりするなど、居住者と管理会社で連携を取りあうとよいコミュニティができるかもしれませんね。

新築マンションの購入時期と選ぶ際の注意点

マンションを購入するに適した時期

マンションを購入するといっても、大きな買い物ですし簡単には決めることはできませんよね。一般的に、マンションを購入するタイミングはどのような時期が多いのでしょうか。

よく耳にする意見として、結婚したり子どもが生まれたりするなど、人生の節目でマンションの購入を検討する人が多く見られます。また、子どもが進学する前に部屋を確保しておきたい人や、賃貸マンションの更新のタイミングというような意見もあります。

新築マンションの購入を検討している場合は、ご自身の生活とのタイミングが新築マンションの建設と必ずしも合うとはいえませんが、建設予定があると分かった時点でマンションギャラリーへ行き、情報を集めてみてはいかがでしょうか。

建物だけでなく周辺環境も視野にいれる

マンションを購入する際、設備・仕様や間取りなどの建物自体に注目しがちですが、周辺環境を知ることも大切なことですよね。そして家族の誰にあった環境を優先するかを、考えてみましょう。

子どものために分譲マンションの購入を考えた場合は、子どもが安心して暮らせるかどうかという点を優先して、周辺環境を見てみるとよいでしょう。ママやパパが気に入った環境でも、子ども目線で見ると歩道が狭かったり、自転車などの交通量が多かったりするなど、危険な場合もありますよ。

ママにとって、スーパーや病院が充実している環境だと助かりますよね。近所にスーパーがあると行くまでの時間も短縮できますし、病院があるとかかりつけ医もできるので安心ですね。

家族の成長に合わせた間取りか考える

長く住むことになる住居ですので、間取りを考えることは大切ですね。家族の成長に合わせて、5年後、10年後の生活している姿を想像してみるのもよいでしょう。

子どもが小さいうちは、専用の子ども部屋を設けなくてもよいケースがほとんどだと思います。しかし子どもが成長して、部屋を必要とする日がやってくるかもしれませんね。

そうなったときのために、あらかじめ、どの部屋を子ども部屋にするのかを家族で相談しておくとよいでしょう。今後、家族が増える可能性もふまえてシミュレーションし、いくつかのアイデアを出しておきたいですね。

実際にモデルルームを見学する際は、部屋の広さや間取りに注目して、疑問に思うことがあれば担当のスタッフに聞きましょう。

まとめ

マンションは、人生最大の買い物といってもよいでしょう。簡単に買うことができないものだからこそ、あらかじめ、マンション自体の建物や周辺環境について知っておきたいことはたくさんあると思います。

新築マンションは、住み始めるスタートがみんな一緒なので初めは戸惑うことがあるかもしれませんが、すべてが新しくきれいな場所での生活は、楽しみな気持ちになりますね。ぜひ、納得のいく新築マンションに出会い、すてきな生活をスタートさせてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018