就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【子育て応援企業】赤ちゃんの気持ち第一!『オオサカヤ』がこだわるベビー服のすがた

【子育て応援企業】赤ちゃんの気持ち第一!『オオサカヤ』がこだわるベビー服のすがた

デザインにも心地良さを

デザイン面でも「赤ちゃんにとってどうか?」という視点に立った、さまざまな工夫やポイントが盛り込まれており、生まれたばかりの赤ちゃんへの強い刺激を最大限に抑えるために、色やプリントによる刺激も極力少なくなるようにデザインされています。
刺激が強くなる色使いをしたり、柄が大きいモチーフだと赤ちゃんが驚いてしまうこともあるので、なるべく小さいモチーフをメインに使ったり、モチーフの数を減らすなど、赤ちゃんの目線にたったデザインを考えています。

そして、赤ちゃんの大きさと服のサイズがぴったりとハマった時に一番かわいく見えるように、襟の部分の幅にこだわったり、紐が洗濯してもヘタらないように幅太めで結びやすくしたり、赤ちゃんが着るからこそのデザイン、ママや家族が使うからこそのデザインを常に考え、取り入れているといいます。

赤ちゃんの「気持ちいい」を求めて

長く使っていただくために

赤ちゃんが使うアイテムは、柔らかい素材のことが多く、中には生地がとても繊細なものも。ベビーウエア全般に言えることですが、日々のケアをしっかりして清潔さと安全性を保つことで、長く使うことができるそうです。

長く使い続けると、だんだん愛着が生まれて、それを持っている、使っていることで、子どもの安心感やモノを大切に使う心にも繋がります。気に入ったものを長く使って頂くためにも、少し手間をかけたケアをしてみることも気にかけてみてください。

日々のケアとして、生地にダメージが出ないように洗濯ネットに入れて洗い、また洗剤も蛍光漂白剤が含まれていない洗剤や汚れを包んで優しく落とす洗濯せっけんなどを使うことで、赤ちゃんにとっても優しいです。

もっとより良いベビー服を

ベビーウエアは、世の中の流行に大きく左右されないアイテムだと聞くことがあります。それは裏を返せば、求められているものが何年経っても変わることのない「赤ちゃんのため」という土台があるからかもしれないと話を聞いていて感じました。

「赤ちゃんが気持ちよく」という目線で考えていると、まだまだ改善したいところ、改善したいところがたくさん見つかります、と言う瀧本社長。より使いやすく、もっと「赤ちゃんが気持ちよく」、そして健やかな成長に繋がっていけるように、赤ちゃんファーストの気持ちを持ち、今後も育児工房のベビー服作り、魅力をしっかり伝えていきたいとのこと。

まとめ

今回、話を伺いながら、これまであまり聞くことがなかったベビーウエア作りに対するこだわりと常に赤ちゃん目線に立ったお話に驚きました。そして何より育児工房の「赤ちゃんファースト」の思いを強く感じ、ベビー服についての目線が新たになったように思います。今後もより一層進化していく育児工房の商品が楽しみです。

取材協力

40 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND