就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

音楽おもちゃが子どもにもたらす効果。手作りのアイディアもご紹介

音楽おもちゃが子どもにもたらす効果。手作りのアイディアもご紹介

子どものおもちゃはたくさんありすぎて、どれを買ったらよいのか迷うところ。せっかく買うのなら知育に役立つものだとうれしいですね。音を楽しむことは、子どもの成長によい影響を与えます。今回は、音を楽しむ市販のおもちゃと、手作りおもちゃのアイディアを紹介します。

音楽と関わることが子どもにもたらす効果

聴き分ける力が付き言語能力が発達する

妊娠20週あたりから、赤ちゃんは体の中に響くママの声を聞いているといわれています。そのためママの声は、生まれてすぐでも聞き分けることができます。そして聞きなれたママの声は、赤ちゃんにとっての精神安定剤になるのです。

ママが赤ちゃんに歌を歌ってあげても、特別な反応を示さないことも多いでしょう。でも赤ちゃんはママの歌をしっかり聞いています。よい音楽を聴かせなくても大丈夫。音程がしっかりしていなくても、歌詞が違っても、赤ちゃんにとってはママの歌が一番なのです。

ママが歌うことで、赤ちゃんは言葉に興味を持ち、言葉を覚えるスピードが速くなります。また、音を聞き分ける力が身につくので、日本語だけではなく、外国語の処理能力も増えるのです。

演奏をすることで様々な神経を鍛える

音楽は、楽譜を見る・音を聞く・指を動かすということを同時にやらなければいけません。そのため様々な神経を鍛えることができ、運動神経にもよい影響を与えます。

運動神経に関係する神経系の発達は、生まれてすぐから急速に伸び、20歳が100%とすると6歳までに90%まで発達します。そして6歳から8歳に演奏をすることで、長期にわたって、運動スキル・知覚スキルによい影響を与えるのです。

8歳から9歳には動作を習得するピークになり、10歳から12歳のゴールデンエイジには、新しい運動を見ると、すぐ自分の動きに取りいれられるようになります。

こうやって、吸収力の高い生まれたころから育て続けた神経が、10年先にまで影響するのです。

音の真似をすることで想像力や表現力を磨く

好きな音楽を聴くと、喜怒哀楽や欲求などの本能を司る扁桃体の血流が変化し、心を動かします。さらに一緒にリズムをとったり体を動かすことで、相手に合わせようという協調性が身につき、思いやりの心などが育まれます。

赤ちゃんからできる習いごとであるリトミックは、音楽に合わせて手遊びや歌、楽器を鳴らしたりします。上手にできないところを先生が注意したり指導したりはせず、自分なりに音楽から感じ取り、表現することによって、情操や音感を育むことができるものです。

また、ゆっくりとした低音を聞きながらゾウのまねをしたりと、音に合わせて動物の表現をすることもあります。これにより想像力や表現力を培うこともできるのです。

おすすめの音楽おもちゃをピックアップ!

0歳から楽しめる!電動ベッドメリー

赤ちゃんが生まれてすぐ楽しめるのは、電動のベッドメリーです。音や動きを楽しむほか、寝かしつけにも使え、赤ちゃんのよき相棒となってくれることでしょう。

ベッドメリーは、デザインや素材のほか、さまざまな機能があります。
  • オルゴールは手巻きor電動
  • ベビーベッドに取り付けるタイプor床置きタイプ
  • 音楽のほかに胎内音をイメージした音がある
  • 切タイマー付き
  • 泣き声に反応して鳴る
  • リモコンで遠隔操作ができる
  • マスコットを外してガラガラになる
  • モビールの動きが単調でない
  • 本体からメリーを外せばメロディボックスになる
好みのベッドメリーが見つかるとよいですね。メリーによって音楽の数も違うので、それも選ぶ参考にしましょう。

簡単に演奏できる!楽器おもちゃ

楽器のおもちゃは、音楽が大好きな小さい子が夢中になって遊べるおもちゃですね。

マイクがついていて、演奏しながら歌も歌えるキッズキーボードは、自分がミュージシャンになった気分で遊べます。ギターやドラムのおもちゃもあるので、おもちゃ屋さんで子どもが興味を持ったものから買ってみるのもよいでしょう。

また、優しい音と手触りの木のおもちゃもあります。太鼓・マラカス・カスタネット・木琴・鈴など、種類がたくさんあり、セットになっているものもあります。音楽を聴いたり歌ったりしながら楽器を鳴らして、音を楽しむことができます。

子ども1人でも夢中になって遊べますが、家族で遊べば、音を合わせる楽しさを知り、協調性を身につけることができます。

持ち運び便利!曲も流れるピアノ絵本

本屋さんに置いてあるピアノ絵本は、0歳から使うことができます。開くと楽譜と鍵盤があり、ボタンを押すと、童謡やアニメなど、子どもの好きな曲が流れます。

まだお座りできない赤ちゃんでも、手を伸ばして鍵盤を叩いて音が出ることを楽しんだり、普通に音楽を聴いて楽しんだりすることができます。少し大きくなると、一緒に歌ったり、鍵盤をいじって遊ぶようになり、歌が音の集合体であることに気づきます。

楽譜と鍵盤に同じマークがついていたりと、譜面が読めなくても演奏できる工夫があるので、誰でも演奏を楽しむことができます。

また、持ち運びもできるので、車での移動中や、親戚の家に行ったときの暇つぶしにもなるので便利ですね。

簡単にできる手作りおもちゃも取り入れて

家にあるもので作れるタンバリンやマラカス

家で簡単に作れるおもちゃの定番は、マラカスでしょうか?赤ちゃんや未就学児が集まる施設にも置いてありますね。ペットボトルやガチャガチャの入れ物に、ビーズなど、小さくて音が出るものを入れて、オリジナルのマラカスを作ることができます。カラフルな中身が見えて可愛いですし、絵を描いたりシールを貼ってもよいですね。

外側の形を変えると、タンバリンになります。タンバリンの形を作るものは紙皿です。紙皿2枚の上になる部分を内側に、貝殻を閉じるように合わせて作ります。中にはストローを切ったものや、細かいビーズなどを入れます。紙皿と紙皿をマスキングテープやビニールテープで留めて、絵を描いたりシールを貼ったりすれば、タンバリンの出来上がりです。

【手作りおもちゃ】乳児も喜ぶ楽器!紙皿でタンバリンの作り方

紙皿で簡単手作りおもちゃタンバリンです!
紙皿を貼り合わせるだけなので簡単に作れます。
強くたたくと潰れやすいので気を付けてください。音の出るおもちゃ大好きですよね!紙皿にはたくさん絵も描けますので!自由に描いてオリジナルのタンバリンを作ってください!

☆ベビーシッターと病児保育のル・アンジェ株式会社☆
http://www.leange.co.jp/

鳴らすのが難しくてハマる?ストロー笛

少し難易度が高く、上手に音が出たときの喜びが大きいのが、ストロー笛です。まず、ストローの片方の先をペタンコにつぶします。そしてつぶした部分の左右の端をハサミで斜めに切り落とします。切るときに先端はとがらせず、少し平らに残しましょう。切り込みを入れた場所を、揉んで柔らかくすると、ストロー笛の完成です。

切り取った方を深くくわえて思いっきり吹くと、ブーブー音が鳴ります。その際、切り口で口を切らないように注意してください。

上手に音を出すには、左右均等にカットすることと、上手につぶすことが大切です。うまく調整して、よい音が出るように頑張ってみてくださいね。また、ストローの長さによって音の高さを調整できます。

大人も知らないかも!レインスティック

レインスティックとは、雨・風・鳥・虫などの日常的な音を出す擬音楽器のひとつです。レインスティックはアフリカの楽器で、名前の通り、雨の音を出す棒です。

枯れたサボテンにサボテンの針をさし、中に小石を入れます。棒を縦にすると、小石が針に当たりながら落ちていき、それが雨のような音を出します。刺してあるたくさんの針に当たりながら落ちるので、当たるリズムがバラバラになり、雨の音を表現するのです。

家で作るときは、ラップの芯にたくさんのつまようじを、らせん状に刺して、小豆などを入れてから、ラップの芯の両端の穴をふさぐと、レインスティックの完成です。芯をペットボトルに、小豆をほかのものに変えると、音も変わるので、好きなもので試してみてください。

【アメンボー】レインスティックの作り方 How to make a rainstick.

雨の音がする棒なので【アメンボー】と名づけました。
夏休みの工作、8月の末に困る前に今作ってしまいましょう!
ラップの芯や、長い筒、塩ビパイプでも作れます。
親子で楽しんで作ってください。How to make a rainstick.

まとめ

昔から世界中で、身近なものを使って音楽を楽しんでいたように、私たちの周りのものでも音楽は楽しめます。ママの歌から始まって、手作りおもちゃや市販のおもちゃなど、本格的に音楽を習わなくても、楽しみながら、体も心も成長させることができます。

もちろん、習い事をして楽器などが得意になれば、成長にも大きな影響をあたえますし、大人になってからも楽しむことができます。

一番大事なのは、楽しむこと。子どもが楽しめる音楽を生活に取り入れてみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018