就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋の工作遊びで季節を楽しもう!どんぐりコマとみのむしけん玉

秋の工作遊びで季節を楽しもう!どんぐりコマとみのむしけん玉

紙コップでみのむしけん玉を作って遊ぼう

【用意するもの】


【材料】
・紙コップ
・ひも
・新聞紙(丸められる紙)
・折り紙

【道具】
・黒い油性ペン
・穴あけパンチ
・のり(又は両面テープ)
・ビニールテープ(又はセロハンテープ)
・はさみ

【作り方】


1.みのむしの身体となる紙コップに黒い油性ペンで目を描きます。

【ポイント】
材料があれば目玉のシールを貼っても可愛いです。


2.折り紙をビリビリ破き、紙コップの周りにみのむし風にのりで貼りつけていきます。

【ポイント】
破る長さは紙コップの高さに合わせておくと、みのむしの身体として貼りつけやすいです。
また、すぐに遊びたい場合は両面テープを紙コップに巻いて貼り、そこに1で破いた折り紙を貼りつけていってもよいです。


3.穴あけパンチでみのむしの身体の下部に穴を開けます。


4.ひもを切ります。

【ポイント】
子どもの身体の大きさによって、けん玉がしやすい長さは変わってきます。
玉が紙コップに入れやすい長さを、子どもに合わせて調節してみてください。


5.新聞紙などの紙を丸めて、ビニールテープで丸く整えながら4で切ったひもにつけます。

【ポイント】
紙はあるもので大丈夫ですが、柔らかいものだと整えやすいです。


6.穴を開けた紙コップに5で作ったボール付きのひもをとりつけたら完成です!

まとめ


どんぐりは色々な工作に使用できるので、殺菌方法を知っておくと便利です。

上記に記載しているように、はさみを使い慣れていない場合、必要に応じて材料を事前に用意して行うと、スムーズに作業ができます。

我が子はお絵描きが好きなのですが、いつもと違うキャンバスに大喜びで、どんぐりに真剣に絵を描いていましたよ。

工作遊びは子どもが楽しみながら、思考と感覚を育むことができるので、知育によいです。

どんぐりコマやみのむしけん玉は秋ならではの工作なので、親子で秋を感じながら作ってみてくださいね。
40 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版