就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

クリアファイルで作る簡単マスクケース。マスクを衛生的に携帯しよう

クリアファイルで作る簡単マスクケース。マスクを衛生的に携帯しよう

マスクについての豆知識

咳やくしゃみがあるときほどマスクが必要

厚生労働省によると、新型コロナウイルス感染症を含む感染症予防の基本は「手洗い」と「マスク着用を含む咳エチケット」と言われています。

感染症にかかった人が、咳やくしゃみをしたときに出るウイルスや細菌を含んだしぶき(水滴)には数メートル先まで飛んでいきますから、咳やくしゃみをする際にハンカチや袖の内側で口元をガードしたり、マスクを付けていればしぶきの拡散量や距離を減らすことができます。症状のある人が周囲に「うつさない」ために行うのが「咳エチケット」です。

そのため咳やくしゃみ、発熱といった感染症状があるときにこそ、周囲への配慮としてマスクを使って欲しいのです。

「マスクをしたら安心」という訳ではない

新型コロナウイルス感染症が流行し始めてからというもの、ドラッグストアには入荷するマスクを求めて連日長蛇の列ができる光景などがTVに映し出されています。最近は外出してもマスクをせずに歩いている人の方が少数派で、みなさんマスクが品薄な状況でも使い捨てマスクを再利用したり、手作り布マスクで工夫しているようです。

ただし、ここで一つ知っておいて欲しいことが「無症状の人がマスクを付けることで飛沫を吸い込むことを予防する効果はあまりない(※)」という事実です。つまり「マスクをしたら安心」という訳ではないのです。

よくサージカルマスクなどのパッケージに「花粉やウイルスを99%ブロック」といった記載を見ることがありますが、そもそもサージカルマスクはどんなに上手に装着しても鼻やフェイスラインに若干の隙間はできてしまうため、マスクに使っているフィルター性能がどんなに優れていても、マスクの隙間からウイルスや細菌の侵入を許してしまいます。

とは言え、もしウイルスや細菌が鼻や口の粘膜から侵入しようとしても、粘膜のバリア機能が正常に働いていれば、ここでウイルスや細菌の侵入をブロックしてくれます。粘膜は乾燥するとバリア機能が低下しますから、マスクをすることで鼻や口の粘膜の乾燥を防ぐことは一つの有効な方法です。

ウイルスや細菌が付着した箇所に触れた手で鼻や口を無意識に触ってしまい接触感染する機会を減らすという意味でも、無症状の人が自衛のためにマスクをつけることは必ずしも無意味ではないのかな、と個人的には考えます。

マスクの外し方と使用済みマスクの扱い方

使用したマスクの表面(外側)にはウイルスや細菌などが付着している可能性がありますから、そこを手で触ってしまっては、接触感染の機会を増やしてしまいます。そのため、マスクを使用するのであれば、正しい外し方と扱い方にも気を配ることが大切です。

まず、使い捨てマスクを外すときは以下の手順で外します。

1. 外す際はマスク表面には触れず、ゴム紐を持って外す
2. 外したマスクはビニール袋に入れて密封するか、蓋つきのゴミ箱に捨てる
3. マスクを外した手で目・鼻・口に触れないように注意し、すぐに石鹸で十分に手を洗う

使い捨てではない布マスクでも外し方は同様ですが、一度使用したマスクは毎回洗濯用洗剤で押し洗いし、清潔を保つようにしてください。

以下の経済産業省の動画では、布マスクの洗い方についてわかりやすく紹介されていますので、参考になりますよ。

経済産業省「布マスクをご利用のみなさまへ」

ガーゼなどでできた布マスクの正しい洗い方を解説しています。

おわりに

今回はクリアファイルで作るマスクケースの作り方を紹介しました。特別な材料を必要とせずに比較的簡単に作ることができるので、ぜひ作ってみてくださいね。

毎日なかなかマスクを手放せない状況も大変ですが、そんな生活の中でも少しでも気持ちが前向きになれるようなグッズの一つの仲間に入れてもらえたら嬉しいです。

マスクも医療機関や社会福祉施設など、本当に必要としている場所に優先的に行き渡るようにお互いに譲り合いながら、一日でも早くこの新型コロナウイルス感染症のパンデミックが収束へ向かってくれることを願っています。
56 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版