就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

パーソナルカラー診断でおしゃれママに!似合う色をみつけるコツとは

パーソナルカラー診断でおしゃれママに!似合う色をみつけるコツとは

「自分に似合う色が分からない」「この色を着てみたいけど、似合っているか分からない」と思ったことはありませんか?季節ごとに違う種類豊富なカラーの中から、自分の肌に調和する色を見つけるのはとても大変ですよね。そこで今回は、ママにぴったりのパーソナルカラーを見つける方法をお伝えします。

自分に似合う色を見つける方法

パーソナルカラーの種類は四つ

私たちに似合う色は

・スプリング
・サマー
・オータム
・ウインター

の四つのタイプに分かれます。

そしてこの四つのタイプは下の画像のようにイエローベースと、ブルーベースの二つに分類されます。

イエローベースは黄色を多く含んでいる色で、ブルーベースは青みを多く含んでいる色のことをさします。

例えば、こちらの赤は黄みがかったイエローベースの赤となり、

こちらは青みがかっているのでブルーベースの赤ということになります。

肌と目の色でパーソナルカラーを判断する

診断をするときは、日中の天気のよい明るい日に行うのがおすすめです。

白い服を着たほうが色の特性を見分けられやすくなり、診断もしやすいですよ。



【スプリングタイプ】

【サマータイプ】

【オータムタイプ】

【ウインタータイプ】

似合わない色を身につけるとどうなるのか

似合わない色を身につけると、地味に見えたり子どもっぽく見えたり、派手に見えたりとちぐはぐな印象を抱くことがあります。

まるで服に着られているような、落ち着かない感覚を持つこともあるのです。

顔色がくすんで不健康そうにみえたり、なんとなくこの色は似合わない気がする…と感じたら、自分のパーソナルカラーと違う色だと判断してもよいです。

パーソナルカラーは無意識に自分に似合う色を好むという傾向もあるようなので「なんだかこの色惹かれるな、好きだな」と感じたら、似合う色だと思っても大丈夫ですよ。

似合う色に迷ったときの対処法 

例えばチークを買うとして、この色はイエローベースなのか、それともブルーベースなのかという迷いがあったときには、色みが温かそうか、それとも寒そうかという感覚で判断します。

色に温かみがあって、黄色の要素が多いかなと感じたらイエローベース、ちょっぴり寒そうな印象で青の要素が多そうだと感じたらブルーベースという感覚です。
41 件

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版