就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

年長児が作って遊べる紙パック工作!「ブンブンごま」と「ヨーヨー」

年長児が作って遊べる紙パック工作!「ブンブンごま」と「ヨーヨー」

紙パック工作を行うときの注意点とメリット

危険な道具を使うときはママが手助けを

今回ご紹介する2種類の工作は、桐やホチキスの芯など鋭利な道具を使用します。これらの道具は両方とも尖っており、子どもが1人で扱うのは危険です。桐で穴を開ける工程はママが行うようにしましょう。ホチキスは、ママが使用方法を伝えたり、手本を見せて一緒に行ったりなど様子を見ながら行ってもよいでしょう。

コマは大きく曲がってしまったり歪んだ形だと、上手く回せない場合があるのでできるだけ正確に作成しましょう。そのため、定規で長さを測る工程も、少し難しいのでママが手助けをしてくださいね。

廃材を再利用なので環境にも優しい

牛乳やジュースなどで使用されている紙パックは、ほとんどのご家庭で定期的に廃材として排出されているのではないでしょうか。ご紹介した紙パック玩具は素材を再利用しており、環境にも優しいのでおすすめです。

子どもにもリサイクルや環境について、工作の合間に話しながら作ると多くの知識を得られるきっかけにもなりますよ。親としては資源を無駄遣いせずに、環境を大切にする心を普段の生活のなかで育んでいきたいものです。

紙パックが無くても、厚紙などの廃材でも代用が可能なので、気軽に作ってみてくださいね。

自分で作った玩具は特別なものに

子どもが楽しみ、夢中になって作るものは大人が思っているよりも愛着が湧くものです。手作りならではの温かみも生まれるので、生活の中に工作を時々取り入れてみると、子どもの創造力や発想力が育ち、「感性」が豊かになりますよ。

購入品には叶わなくとも、幼少期に体験した工作遊びで、作ることが楽しかったこと、嬉しかったことが記憶に残っているママやパパもいらっしゃるのではないでしょうか。私もその中の1人です。子どもの特別な機会を増やしていけるとよいですね。

まとめ

楽しかったことや達成した喜びの気持ちは、子どもにとって素敵な記憶と経験になります。工作遊びは、完成してから遊ぶことができるのも2度楽しめますね。

ブンブンごまとヨーヨーは遊ぶときに少しコツが必要になります。できるようになると、少しの時間集中して遊ぶことができるのも魅力的です。

今回は年長児向けですが、得意・不得意などできることには個人差がありますので必要に応じて遊びに誘って楽しい時間にしてくださいね。
60 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND