就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新型コロナウイルスで一変した生活!キルギス共和国ママの帰国まで

新型コロナウイルスで一変した生活!キルギス共和国ママの帰国まで

日本との温度差にビックリ

私の乗った飛行機を境に、日本に帰国するのが非常に困難になりました。タイミングを逃して、帰国できなかった知人もいます。

海外から帰った邦人による感染の広がりも十分理解していたので、成田空港での検疫はどれほどのものかと脅えていました。でも、それはあまりにもあっさりとしていて、拍子抜けしてしまったほどです。まず、どこから来たのか聞かれ「キルギス」と答えると、そのまま検疫はパスできました。体の不調なども一切聞かれませんでした。

批判を承知で言えば「それじゃ感染も広がるよ!」と思ってしまいました。今感染が確認されていない国でも、いつそうなるか分からないからです。

私たちが日本に降り立った日、お花見でにぎわう街並みを見てキルギスとの温度差を感じました。

自主的隔離生活を選択した我が家

空港を出るまで隔離の「か」の字も聞かなかった私たちですが、念のため自主的に隔離生活を送ることに決めました。久しぶりの日本、あちこち出歩きたい気持ちもありますが、ちょうど2週間過ぎると長女の小学校の入学式があるのでそれまでは自粛しようと思ったのです。

パパはキルギスで新体操のスカイプレッスンをはじめたそうで、うちの子どもたちも参加しています。毎日ロシア語を聞きながら体を動かせるので、助かっています。パパとは離れ離れになってしまいましたが、毎日ビデオ通話で顔を見ながら会話ができています。本当にネットの普及には感謝するばかりです。

でも、次にいつ会えるのか、まだ分からないままです。再会を心待ちに、今はお互い「コロナに感染しない」という闘いを続けています。

まとめ

日本では緊急事態宣言が出されるかどうかの瀬戸際が長く続いているように感じますが、キルギスの決断は早く、その生活への影響を聞くと「果たして日本でできるだろうか?」と不安になってしまいます。

もちろん、キルギスと日本をそのまま比べることはできませんが、日本ではまだ公園で子どもたちが遊ぶことができ、食料品を自由に買いに行くこともできます。キルギスではそんな日常も奪われたままです。

キルギス、日本を含め、世界中の「日常」が早く戻ることを心から願っています。
22 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND