就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママが気になるノンカフェイン青汁とは?妊娠中や授乳中の栄養補給に

ママが気になるノンカフェイン青汁とは?妊娠中や授乳中の栄養補給に

生きた酵素が特徴の「リッチグリーン」

「リッチグリーン」は抹茶風味で、青汁独特のクセも少なくごくごく飲める青汁です。そして、リッチグリーン最大の特徴は生きた酵素をしっかり摂取することができることです。酵素は熱に弱いので、普段の食事ではなかなか摂取することが難しい成分の一つです。

酵素は消化や代謝など、人間が生きていくためには欠かせません。リッチグリーンは加熱処理をしない、生絞り製法で作られているので、生きたままの状態で酵素を摂取することができます。酵素以外にも食物繊維や葉酸も含まれています。

さらに、リッチグリーンに使用されている大麦若葉の最高級品「赤神力」の栄養素はケールをしのぐほどといわれています。保存料、甘味料も使用されていないので、安心して飲めますよ。

サンスター健康道場「おいしい青汁」

青汁商品の原材料は様々ですが、サンスター健康道場の「おいしい青汁」は5種類の野菜がブレンドされ、飲みやすいのが特徴です。さらにおいしい青汁では1日に必要な野菜の摂取量350gのうち、約100g分の栄養素を補うことができます。

おいしい青汁には青汁の代表であるケール、大麦若葉、明日葉のほかにブロッコリーとモロヘイヤが使用されています。原材料は国内産のものを使用しており、添加物を一切使用していないので、妊娠・授乳中でも安心して飲むことができますよ。

マイクロパウダー製法なので混ざりやすく、お料理へのアレンジも可能です。バナナと豆乳に混ぜればデザート風に、いつものカレーに混ぜればグリーンカレーになりますよ。

まとめ

青汁は妊娠・授乳中のママにも最適な栄養補助食品です。ママの健康に必要な食物繊維や、赤ちゃんの成長を助ける葉酸を手軽に摂取することができますよ。青汁をうまく活用して、不足しがちな栄養素を補ってくださいね。

しかし、妊娠・授乳中にママがカフェインを過剰に摂取すると、赤ちゃんの成長に影響が出る恐れがあります。青汁の中にはカフェインが含まれているものといないものがあります。妊娠・授乳中に青汁を飲む場合は、カフェインの含有量を確認し、ノンカフェインのものを選ぶようにするとよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND