就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

楽しい子育ての時期は一瞬で過ぎる!楽しむ秘訣と思い出作りの方法

楽しい子育ての時期は一瞬で過ぎる!楽しむ秘訣と思い出作りの方法

妊娠中は子育てを楽しみにしていても、赤ちゃんが生まれるとイライラすることも増えるものです。子どもが成長して気持ちに余裕ができてくると、「あの頃はかわいかったな」と子どもの乳幼児期を思い返すママが多いのだとか。先輩ママたちが「かわいかった」と感じる子育て期の場面や子育てを楽しむコツを紹介していきます。

子育ての先輩に聞く!一番かわいかった時期

動き一つ一つが愛おしい「赤ちゃんの時期」

赤ちゃん期は授乳やおむつ替えのお世話が大変で、赤ちゃんをかわいいと感じる余裕が持てないこともあるでしょう。しかし、授乳や離乳食期など手がかかる時期が過ぎると、「赤ちゃんのときは、小さくてかわいかったな」と振り返るママも多いようです。

先輩ママたちにインタビューすると、「赤ちゃんの時期」の次のようなところを、かわいいと教えてくれました。

・授乳中、一生懸命おっぱいやミルクを飲む姿がかわいかった。おいしそうに飲んでくれたので、見ている方も幸せな気持ちになった。
・ねんね期の赤ちゃんの手に触ると、ぎゅっと握り返してくれる様子がかわいかった。赤ちゃんの手の力強さに感動した。
・うつ伏せにすると、手足を丸める姿がかわいいと感じた。

お話が上手になる「2歳から3歳の頃」

赤ちゃんの時期が過ぎて、2歳から3歳の頃になるとおしゃべりが上手になってきますね。この頃はいやいや期の始まるときもであるので、何をするにも「イヤイヤ」といわれストレスがたまってしまうママも多いと思います。

先輩ママは子どものどんなところを、かわいいと感じていたのでしょうか?

・言葉の発達とともに寝言も増えてきました。口を動かしながら「パン…おいちぃ(おいしい)」など大好きな食べ物の寝言をいう姿が、かわいい!と感じました。
・2歳から3歳の頃は、歌も上手になってきます。ご機嫌なときは、子どもがよくわからない言葉を並べて、うまくリズムを付けながら、歌を披露してくれるのが楽しくてかわいいと感じました。

いくつになっても「今が一番かわいい」

先輩ママたちに「子どものいつがかわいかったですか?」と聞いていると、「小さいころは、もちろんかわいかったよ。でも、今が一番かわいいと思える」という意見が多くありました。

赤ちゃんのころは、体が小さくてしぐさもかわいいですね。子どもが成長すると、赤ちゃんのようなかわいさはなくなりますが、会話で気持ちを共感できたり、一緒におでかけする楽しさが出てきます。

反抗期に意見が食い違っても、我が子の寝顔をみると「かわいい」と感じるママは多いようです。「赤ちゃんのときは、お世話が大変だったな」と振り返ると、さらに子どもの成長を感じることができて「かわいい」と思えるようなのです。

いくつになっても、ママはわが子がかわいいのですね!

どんなときも「楽しく」子育てをするために

肩の力を抜いてポジティブに考えよう

子育て中は、肩の力を抜いてポジティブに考えることも大切です。子育て中は何かと制限が多いと感じることは多いものですが、小さい子どもとの生活は今しかできないことだと割り切ると、生活を楽しむことができますよ。

妊娠中はとにかく無事に生まれてきてほしいと願っていたのに、出産後は周りと比べることも多くなってしまうものです。「うちの子は、まだ〇〇ができない」などとネガティブになることもあるでしょう。

子どもの成長には個人差がありますし、性格も違います。ときには、肩の力を抜いて「まぁ、いいか!」と適当に考えることがあってもいいと思います。

疲れているときや体調が悪い日もあるので、無理のないように子育てを楽しみましょう。

笑顔でいるために自分自身を大切にしよう

子育て中は、ママが笑顔でいることが一番です。ママがストレスを感じて、毎日イライラしていると子どもは心配になってしまうものです。またママに叱られないように、顔色ばかりうかがって行動するようになるかもしれません。

最近、イライラしているなと感じたら、子どもを預けてリフレッシュするように心がけましょう。パパが休みの日に、子育てを頼んで友達とショッピングやランチを楽しんだり、映画や音楽を楽しむのもストレス解消になりますよ。

24時間子どもと一緒にいることが、よいママではありませんよ。子どもとの時間が短くても、愛情いっぱいに育てることができればよいのです。

ママが笑顔でいるために自分自身の時間も大切にしましょう。

子育ての時期はかけがえのない短い時間

「小さいときは、かわいかったな…」と子どもが成長してから気づくパパやママは多いようです。さらに後で振り返ると、子育ての時期は短かかったと感じるようなのです。

赤ちゃんが生まれてからは、戸惑うことばかり。下の子が生まれるとさらに忙しくなり、あっという間に一日が終わってしまいます。

子育て中の何でもない日常でも、子どもが成長した後で小さいころの写真を見返すと、「こんなころあったな~。かわいい!!」と愛おしく思えるものです。

家事をしている最中に「ママ見て~」「ママ来て~」といわれ、いちいち用事を中断するのは大変でストレスがたまるものです。しかし、子どもが「ママ大好き」と求めてくれる時期は短いので、一緒に過ごす時間を楽しみましょう。

子どもの心に残る思い出を作ろう

できる範囲でOK!家族で出かけよう

子どもが小さいときはどこへ行くにも親子一緒なので、少し煩わしく思うこともあるかもしれませんね。行先は子どもが楽しめる場所中心になってしまうし、遊んで帰るとパパやママは疲れが出てしまうことでしょう。

「もっと気楽にお出かけしたい!」と思うママも多いかもしれませんが、子どもが中学生や高校生くらいになると、「家族で出かけよう!」と誘っても「行きたくない」といわれることもあるでしょう。

成長すると家族一緒より、1人で趣味の時間を過ごしたり、友達と遊びに行ったりする方がよくなってしまうものですよね。

子どもが小さいときは、家族そろってお出かけできるチャンスです。できる範囲で、家族でお出かけをして、楽しい思い出を作っておきましょう。

平凡な日常を写真や動画におさめよう

平凡な一日でも子どもが小さいころの時間は、かけがえのないものです。

赤ちゃんが寝ている写真や、おしゃべりができるようになったころの動画も撮っておくと宝物になります。後で見返すと「こんなころがあったな」とパパやママは懐かしくなるでしょう。

成長した子どもたちと写真やビデオを見るのは楽しいものです。忘れていた思い出がよみがえってきて「このおもちゃはお気に入りでいつも遊んでいたよ」とか「この公園に行ったときは、帰りたくないと泣いて困ったよ」など懐かしい話で盛り上がるでしょう。

子どもは「生まれてからどんなふうに成長していったのか」という赤ちゃん期の記憶がないことがほとんどです。そのため、写真や動画で残してあげられると素敵ですよね。

記憶に残らなくても心にはきっと残っている

「赤ちゃん期は、とにかく子育てがしんどくて、写真や動画を残していない」というママは、もっと記録しておけばよかったと後悔することもあるでしょう。

赤ちゃんの記憶は思い出すことができなくても、実感としては残っているので心配しなくても大丈夫です。ママに優しくしてもらったなどの記憶は、心の中で忘れられないものになるでしょう。

幼児期の体験を思い出してほしいときは、「ふれあいコーナーに行ったの覚えてる?」という漠然とした質問より、子どもの記憶を探るように「ふれあいコーナーで、うさぎさんを触ったよね?」など具体的な質問をしてみるとよいですよ。

パパやママが忘れているエピソードを、子どもが覚えていて驚かされることもあるかもしれません。

まとめ

赤ちゃんが生まれると、毎日が忙しく子育てを楽しむ余裕が持てないこともあるでしょう。子どもが甘えてくると、ママのやりたいことが中断されるのでストレスがたまることもありますよね。

しかし子どもが成長して手が離れてくると、「小さいころは、かわいかった」と懐かしく思うものです。子育ての時期はかけがえのない短い時間なので、肩の力を抜いて楽しみましょう。

赤ちゃんのときやお友達と遊んでいる姿などの平凡な日常でも、写真や動画で記録に残しておくと、子どもが成長したときに見返すのが楽しいですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018