就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼稚園で受けられる英才教育を知る。種類やメリットデメリットを紹介

幼稚園で受けられる英才教育を知る。種類やメリットデメリットを紹介

世界で活躍するアーティストやアスリートの幼少期の話を聞くと、幼いころから英才教育を受けていたと発言する人も少なくありません。やはり、幼児のころから始める英才教育には効果がありそうですが、具体的にはどのようなことを始めたらよいのでしょうか。英才教育のノウハウについて迫ってみました。

幼稚園などで行われている英才教育の種類

英語教育で養われる国際性

幼いころから始めるほど効果が高いのが英会話です。語学の習得に年齢は関係ありませんが、始めるのが幼ければ幼いほど自然な英語が身につくといわれています。

グローバル社会といわれる昨今、英語が話せることは国際的に活躍するためにはなくてはならないツールとして重要視されています。スポーツや芸術、芸能の分野でも英語ができるかできないかで将来の可能性は大きく変わってきます。

さらには、英語が話せるだけで生涯賃金が高くなる、就職活動にも有利に働くなどの調査結果もあるのが事実です。小学校でも英語が必修科目になるなど、その必要性はお墨付き。

子どもを国際人に育てたいと思ったら、まず始めにとりかかりたいのが英語の英才教育ではないでしょうか。

音楽教育で養われる感受性

音楽を楽しむのは人間だけに備わった教養だそうです。音楽は常に生活の中にあふれる身近なものですが、それを奏でるには幼いころからの英才教育が欠かせないのも音楽家の常識です。

ピアニストやバイオリニストなど世界で活躍する音楽家のほとんどが、物心がつく前からレッスンを始めていることを考えると、才能だけでなく英才教育の成果も感じずにはいられません。将来プロになるならないに関わらず、音楽教育で養われる感受性は将来的にも役立つはずです。

音感やリズム感などは持って生まれた才能も必要ですが、訓練によっても養うことができるものです。音楽に親しみ、心を豊かにすること、音楽を奏でることを通して協調性や集中力、忍耐力などを伸ばすことができます。

スポーツ教育で養われる精神力

スポーツ選手は子どもにとってあこがれの存在ですが、多くの選手は子どものころから地道な努力を積み重ね、目標に向かって真摯に練習に打ち込んできた背景があるはずです。とくに身体を使うものの場合、成長過程でそのスポーツに適応した動きやセンスを養うことが大事になる場合があります。

基礎的な身体能力があることで、進むべきスポーツに早く出会えるということもありますので、まずは身体を動かすことを始めてみるのが大事です。スポーツ教育はプロにならないまでも、厳しい練習に耐え抜く精神力や忍耐力、困難を乗り越え目標を達成することの素晴らしさを学ぶことができます。

自分の身体に向き合うことで、将来の健康維持にも役立ちます。

英才教育を行っている施設の紹介

インターナショナルスクールの幼稚園部

英語教育を早期に始めるならインターナショナルスクールの幼稚園部はいかがでしょうか。関西国際学園は妊婦さんから英語教育が始められる乳幼児部に始まり、高校生まで学べるインターナショナルスクールです。

外国人の生徒を多く受け入れる一般的なインターナショナルスクールと違い、関西国際学園では母国語である日本語教育にも力を入れたバイリンガル教育を行っているのが特徴です。英語だけ堪能になっても母国語である日本語がままならなくては本当のバイリンガルとはいえませんね。

英語を学ぶという感覚ではなく「英語で学ぶ」ことで「読み」「書き」だけではなく「話す」「聞く」という能力を強化し、国際的に活躍できる人材に育ちます。

受験を意識した託児施設

小学校受験を意識した場合、共働きであることがネックになり受験対策が十分にできないことがあります。幼児教室や習いごとなどは、どうしてもママの送り迎えが必要になるからと受験を諦めていたママに朗報です。

伸芽’sクラブの託児では、長時間保育に幼児教育のメソッドを組み込んでいるので「働きながら幼稚園、小学校受験を成功させたい」ママにぴったり。これまでたくさんの子どもたちに有名幼稚園、小学校の受験指導を行い、確かな実績のある伸芽会が運営している託児施設なので、安心して子どもを任せることができます。

1歳からの託児が可能で、8:00~20:00まで預かってもらえるのも忙しいママには嬉しいですね。詳しく知りたい場合は資料請求をしてみましょう。

子どもの可能性を広げる保育園

保育園に必要ないろいろな準備をすべて省いて、行き届いたサービスでママの負担を軽減してくれるのが「まほうの保育園」です。生後1カ月から利用できるだけでなく、着替えの持ち帰りや登園時の持ち物も一切不要。

シャワー設備や無料で受けられる習いごと(英語、リトミック、クラフトなど)、送迎サービスなど、通常の保育園にはない利便性で働くママにも心強い存在です。一時保育の利用も可能で、保育時間の延長など急な要望にも応えてくれます。

ほかにも買い物代行やクリーニング、保育中のWeb映像配信など、保育園という概念にとらわれない最先端のサービスを利用できます。こうしたサービスを利用することで親子の時間がもっと増えれば、心の余裕にもつながりますね。

英才教育のメリットとデメリット

英才教育の一般的なメリット

英才教育は子どもの無限の可能性を伸ばし、その道を極めることで社会的な地位や経済力なども手に入れる可能性があります。目標に向かって訓練を積むこと、努力を惜しまないことを学ぶこともでき、夢を実現することで自己肯定感の向上にもつながります。

英才教育は恵まれた環境の中で技術を磨くことができるので、そうでない教育を受けた場合よりも成功する確率が高くなります。音楽やスポーツ、英語、芸術などさまざまな分野で幼少時からのレッスンが必要なことを考えると、最適な年齢で最善の教育を受けることがいかに大事なことかが分かりますね。

子どもの成長はめざましく、ほんの数年の違いが大きな差となって成果に現れてしまうことがあります。たとえそれが、親の希望する道であったとしても、将来的に役立つ分野や、本人の生きがいとなる職業に就く助けとなれば英才教育は大きなアドバンテージになるはずです。

なにごとも、一生懸命に取り組むことは結果にかかわらず人間を成長させます。親子での協力も欠かせませんので、英才教育は親子の絆を深めるともいえるでしょう。

英才教育の一般的なデメリット

たくさんのメリットがある英才教育も間違った方法で行えばデメリットとなってしまうことがあります。注意しなければいけないのは、子どもにとってそれが本当に好きであることかどうかです。

努力や忍耐は好きであればこそ、その先にあるビジョンが明確であればこそ乗り越えることができるものです。しかし、子どもがやりたくないと感じていて途中で投げ出してしまったとき、専門分野以外は一切行ってこなかったとすると、そこから人生を取り戻すのが難しく挫折感を味わってしまうなどのリスクがあります。

とくにスポーツはケガの可能性や、芸術では根本的な才能やセンスの有無によって継続が難しくなることもあります。子どものうちから英才教育を行うことは、子ども時代の思い出や経験を奪ってしまうことにもなり、結果がともなわなかったときの絶望感は親にとっても苦しいものです。

本気になればなるほど、その絶望感は大きくなりますが、それを乗り越えることも人生には必要です。失敗したときこそ、その事実をしっかり受け止められるような親子関係であることが重要ですね。

まとめ

幼いころから英才教育を始める場合、親の期待に応えようという気持ちが子どもに芽生えることを親としてしっかり認識しておく必要があります。ある程度の時期がきたとき、親のためだけでなく自分のために努力をしていることが、将来につながる最も大切なポイントです。

そのためには、親が一方的に与える立場ではなく、子ども自らが積極的に物事をとらえ、興味を持って技術を習得できるように親が促すことです。そしてなによりも、親が子の一番の理解者となり、一緒に協力して取り組む姿勢を忘れないようにしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018