就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんに適した冬から春の服は?選び方と季節の変わり目の注意点

赤ちゃんに適した冬から春の服は?選び方と季節の変わり目の注意点

冬から春に季節が変わるころ、赤ちゃんにどのような服を選んだらよいか迷ってしまいますね。冬と春の肌着やアウターの素材の選び方、また、どういった点に気をつけたらよいかについてご紹介します。また季節に応じた重ね着の仕方や、あると便利なアイテムなど、冬から春を快適に過ごせるポイントをお話しします。

寒い冬を乗り切る赤ちゃんの服の選び方

冬の季節は温かい綿素材の肌着を選ぼう

冬の季節を過ごす赤ちゃんには、綿100%の素材の肌着がよいでしょう。中でもフライスやニットガーゼ素材をおすすめします。

フライス素材はリブ編みの生地で、ふんわりとした優しい肌触りが特徴です。伸縮性があり、季節を選びません。大人の肌着にもよく使われている素材ですよ。

ニットガーゼ生地は、天竺編みと呼ばれる平編みの素材の2枚重ねのものをいいます。薄手で通気性の優れた天竺を2枚重ねることで、柔らかくふんわりとした肌触りになります。軽いのに暖かいのが特徴的です。

そのほか、タオル地のパイル生地も冬の肌着によいですよ。パイルは厚みがあり、保温性が高いです。しかし、あまり厚いものを選ぶと、着ぶくれしたり汗をかいたりするので気をつけましょう。

冬は短肌着を基本に重ね着で調節を

短肌着とは丈が赤ちゃんの腰くらいで、半袖の肌着のことをいいます。通気性がよく、赤ちゃんの汗を吸収してくれる役割があります。また、体温調節の手助けもしてくれ、赤ちゃんが快適に過ごせる役割を担っくれますよ。

冬は短肌着を基本として、気温によって重ね着をして調整するとよいでしょう。

<組み合わせの例>
・短肌着+ツーウェイオール
・短肌着+長肌着+ツーウェイオール
・短肌着+ロンパースなど

また、縫い目やタグは表側にある短肌着を選びましょう。肌に直接触れるものなので、タグや縫い目が赤ちゃんの肌に当たって刺激を与え不快感で泣く可能性もあります。

紐で結ぶタイプの短肌着なら、ねんねの赤ちゃんでも着替えさせやすく、体のサイズに合わせて調整しやすいですよ。

冬のアウターは保温性の高い素材を選んで

アウターはウールやアクリルなど、保湿性の高いものを選ぶとよいでしょう。

ウールは羊毛を用いて織った生地で、保湿性に優れふっくらと柔らかい肌触りが特徴です。アクリルは、合繊繊維でウールに似た特徴を持っています。保湿性に優れるのはもちろん、耐久性が高い、虫食いにも強い、乾きが早いので助かりますね。

また、スムースやニットキルトもベビーアウターに使用される素材です。スムースは少し厚手の生地で、滑らかな肌触りが特徴です。保湿性に優れ伸縮性もあり、洗濯しても型崩れしにくいです。ニットキルトは、間にウールや綿、ポリエステルを挟んで縫い合わせた生地です。厚手で温かく、吸湿性や保温性にも優れています。ジャンプスーツやおくるみの素材によく使われていますよ。

春の季節に適した赤ちゃんの服の選び方

春は綿をベースに通気性の高い生地を選ぼう

春は昼と夜の寒暖差が激しいので、重ね着できる薄手の服を選ぶとよいでしょう。通気性の高い綿100%の素材がおすすめです。

薄手のフライスや薄手の天竺、パイル、ガーゼ生地が春物の赤ちゃんの服に使われています。肌着は、通気性と伸縮性に優れた薄手のフライスがよいですよ。薄手天竺は、肌触りがよく赤ちゃんが動きやすい素材なので、ツーウェイオールの素材としてよく使われています。春はお出かけに適した季節なので、赤ちゃんが活動しやすい生地がよいですね。

パイル地やガーゼ生地は吸湿性に優れているので、汗をかきやすい季節にピッタリです。洗濯の回数が増えてもヨレたり型崩れしたりせず、乾きやすいのも助かりますね。汗をかいて着替えの回数が増える春から活躍するでしょう。

気温差の激しい春は、薄手の服を重ねて調節

春は暖かい陽気の日があったり、冬に逆戻りしたような寒い日があったりなど、洋服の調節が難しい季節ですよね。1日の中でも昼と夜の寒暖差が激しく、何を赤ちゃんに着せたらよいか困るママも多いでしょう。

室内で過ごすなら、カバーオールを活用する組み合わせがおすすめです。

・短肌着+コンビ肌着+カバーオール
・肌着+カバーオール

寒くなったら、ベストを加えるとよいでしょう。紐で結んで脱ぎ着できるベストの「胴着」も着せやすく、使いやすいアイテムです。肩とお腹をカバーしつつ、手足の動きを妨げないので便利ですよ。

お出かけするときは、カーディガン、ポンチョ、ケープなどの羽織りものをプラスしましょう。羽織ものは着脱させやすいので、風の冷たい日や屋内、屋外の寒暖差に対応してくれます。

肌寒さが残る春にも重宝する防寒アイテム

体温調節ができる防寒アイテムは、色々揃えておくと外出先などで重宝します。

おくるみやアフガン、ブランケットは、お昼寝のときやベビーカーの肌かけとして使用できます。お出かけ先で授乳をするときの目隠しとしても、利用できて便利です。必要なときにさっと出せるように、ベビーカーや車、かばんの中など、それぞれに用意しておきたいですね。

次に、レッグウォーマーは防寒、保温はもちろん、紫外線対策やハイハイどきの膝の保護に活躍する便利グッズです。ショートオールなどを着せてお出かけすると、寒さや足が出ていることが気になりますよね。そのようなときにレッグウォーマーがあれば、すぐに履かせられて伸ばしたり短くしたりして使えます。色や柄も豊富で、おしゃれの幅も広がるでしょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND