就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

島根で子育てしたい人が増えている!人気の理由やお出かけスポット

島根で子育てしたい人が増えている!人気の理由やお出かけスポット

自然が豊かで落ち着いたイメージのある島根県。子育てにも恵まれた環境で、移住先として近年人気が急上昇しています。子育て世代に人気なのはどういった理由から?自治体からはどんな支援があるの?子どもと一緒に遊べるスポットはどんなところがある?この記事ではそういった疑問にお答えします。

島根県が子育て世代に人気が高い理由

自然災害や犯罪が少なく安全

子育て世代のパパやママにとって、住む地域が安全かどうかは大きな関心事ですよね。

いつどこで大きな災害があるかはわからない時代ではありますが、島根県は、昔から地震や水害などの自然災害が比較的少ない県といわれています。出雲大社があることから「神様に守られている場所」といわれることもあるのだそうですよ。

また、全国的に見て、島根県は犯罪の少ない県としても知られています。人口1,000人あたりの犯罪発生件数の少なさは常に全国10位以内にランクインしているそうです。実際の人口も少ないので、犯罪自体の発生数はとても少ないといえそうですね。

昔ながらの近所のつながりが強い地域も多く、周りの見守りの目が効いているのかもしれませんね。

まじめで穏やかな気質の県民が多い

島根県の県民性として、よくいわれるのが「おとなしい」「まじめ」「保守的」などです。「人見知り」「内向的」ともいえるかもしれませんが、一度うちとければ人情に厚く、やさしく勤勉な性格の人が多いといわれています。統計上、島根県は男女ともに離婚率も低いのだそうですよ。

ただ、島根県は東西に長いため、東と西とで少し傾向が異なってくるのだそうです。東部の出雲地方はとくに穏やかで保守的な傾向が強く、西部の石見地方はやや開放的で思い切りがいい傾向にあるといわれることもあります。

方言も異なっており、ゆっくりとしたズーズー弁の出雲弁と、やや早口ではっきりとした石見弁とのイントネーションの違いからそういった印象をうけるのかもしれませんね。

自然が豊富で食べ物もおいしい

海も山も平野もある島根県。自然がいっぱいで食べ物も豊かです。

街のスーパーでも地元で採れた新鮮な魚や野菜・米などが安く手に入りやすいです。また、県内各所にある道の駅やイベントなどでも地元の新鮮な農産物・海産物が手に入ります。

島根の日本海沿岸では、野生のイルカが目撃されることがあるそうです。海辺で磯遊びをしたり、潮干狩りや釣りなどを楽しむこともできますね。夏は海水浴やキャンプ、冬には雪遊びやスキーなど、季節ごとの遊びも自然の中でめいっぱい楽しむことができますよ。

子育て世代にとって、自然に触れあえる機会が多いのはとても嬉しいことですよね。季節ごとの旬の食材が手に入りやすく、子どもの食育にもいい環境です。

子育て世代に特におすすめの島根の市町村

医療費も保育料も免除【島根県邑南町】

中国山地の山あい、広島県との県境に位置する自然豊かな邑南町(おおなんちょう)。過疎化に悩む典型的な山間部の町だったのですが、町が打ち出した「日本一の子育て村構想」により、子育て世代の移住者が増え、人口増に転じた地方創生のモデルのような町です。

施策の目玉は「中学卒業までの医療費負担無料」と「第2子以降の保育料の全額免除」。町内の公立病院には小児科や産婦人科があり、24時間365日の救急医療体制が整っていることも安心のポイントです。

「A級グルメのまち」として地域のブランド化も図り、若い世代に魅力的な取り組みも行われているそうです。移住希望者には就労や住居などのあっせんを行っており、移住を考える子育て世代に人気の町となっています。

病児、病後保育料の免除【島根県出雲市】

総務省の調査によると、島根県は、未就学児の育児女性有業率が74.8%で全国1位となっており、全国平均52.4%を大きく引き離しています。子育てと仕事を両立しているママが多い地域といえるでしょう。

そんな働くママにとって嬉しい支援が、病児・病後児保育室の利用料の免除。世帯の状況により、全額もしくは半額が免除になるのだそうですよ。

そのほか、出雲市内の市立幼稚園のうち、ほとんどの園で預かり保育を実施していることも、ママが働きやすい環境の助けになっているといえそうです。

出雲市では3~4世代で暮らしている家庭も多く、おじいちゃん・おばあちゃんの助けを借りることもできるので、子育て世代に暮らしやすい町となっていることがうかがえます。

住まいへの手厚い支援【島根県松江市】

松江市は、経済産業省にて全国1741市区町村を対象に行われた「暮らしやすさ」の調査で全国トップの座を獲得したことがあります。そんな松江市で行われている、子育て世代に手厚い支援が「子育て世帯定住促進事業補助金」です。

子どもの有無や夫婦の年齢など、一定の条件を満たした子育て世帯が、補助金の対象となる分譲地に新たに家を建てた場合、市外からの転入者は1,500,000円、市内からの転居者は1,000,000円の補助金を受け取れるのだそう。

そのほか、島根県木材協会による「木の家ですくすく子育て応援」で、県産木材や地元の名産である石州瓦を用いた家を建てた場合に、別途補助金が受け取れます。そろそろ家を構えたいと考えているパパママにとって嬉しい制度ですね。

子どもと行きたい!島根のお出かけスポット

滑り台やバッテリーカーに興奮!北公園

松江市内で、子ども連れで遊びに行くのにおすすめなのが「北公園」。くにびきメッセのそば、松江市総合体育館に隣接した公園です。

充実した遊具のほか、バッテリーカーや電車に乗れるミニ遊園地などがあり、週末には池でペダルボートなどにも乗れます。SLも展示されており小さな子ども連れでいつもにぎわっています。

遊具広場は二つあり、その間をつなぐ小路や橋のある広場を散策しても楽しいですよ。比較的新しい、ミニ遊園地に近いほうの大型遊具の長い滑り台はスピード感満点で、園児年代に大人気。

遊具はさまざまな年齢が楽しめるよう挑戦しがいのある作りになっているので、小さな子どもだけでなく、少し大きくなった子どもでも飽きずに楽しめるスポットです。

天文台に感動!島根県立三瓶自然館サヒメル

大田市の三瓶山のふもとにある「島根県立三瓶自然館サヒメル」。自然をテーマにした博物館で、子どもが楽しめる展示がいっぱいです。

化石や動物のはく製、工作のできるコーナー、木のおもちゃのコーナーなど、子どもたちが楽しみながら自然に親しめるしかけがいっぱい。プラネタリウムや大型望遠鏡のある天文台もあります。

毎週土曜日の夜および夏休みの一部期間には、天文台で天体観測会が開かれており気軽に天体観測をすることができますよ。学芸員さんの解説も聞けるので、子どもが宇宙や天体に興味を持つきっかけになりそうですね。

動物や植物、火山や化石、地球や宇宙など、子どもの興味がどんどん広がっていきそうなスポットです。

雨でも安心!松江フォーゲルパーク

出雲・松江どちらからでもアクセスしやすく、雨の日でも安心のスポットが、宍道湖の北岸にある「松江フォーゲルパーク」。全天候型テーマパークの名の通り、展示室がすべて屋根でつながっています。

元の自然を生かした展示のほか、水鳥たちを間近でみることのできる温室や、熱帯にすむ色鮮やかな鳥たちに会える温室など、見どころ満載です。鳥たちと触れ合うこともできて、子どもたちはおおはしゃぎですよ。

そのほか、ペンギンのお散歩や、バードショー、フクロウの飛行ショーなどのイベントも大人気です。色とりどりに咲き乱れる花が美しい温室では、赤ちゃんも目をキラキラ輝かせて見てくれますよ。

大人から子どもまで楽しめる、見ごたえのある施設です。

まとめ

子育て世代に人気の高い島根県について紹介してきましたがいかがでしたか。のんびりとした雰囲気で暮らしやすく、自然の中での遊びにも事欠かない島根県。子育て環境のよさからUターン・Iターンしてくる若い世代も近年増えてきています。

子どもと楽しめる遊び場や、若い世代が中心となった新しいイベント、子どもにも優しいおしゃれなスポットなども年々増えてきていますので、島根県へ住む予定のあるパパやママは様々な情報をぜひ調べてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018