就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目の離乳食は適当に美味しく!便利な食材や注意したいこと

3人目の離乳食は適当に美味しく!便利な食材や注意したいこと

1人目のときは楽しかった離乳食作りも、3人目になるとストレスになってしまう場合があります。時間と手間をかけず、おいしい離乳食を作るにはどうすればよいのでしょうか?この記事では、3人目の離乳食作りができない理由や適当でも美味しい離乳食が作れる食材などを紹介していきます。

3人目の離乳食作りが適当になりがちな理由

やることが多すぎて離乳食作りの時間がない

子どもが3人いると、毎日やることが多く忙しいですよね。食事の支度や身の回りのお世話、上の子が幼稚園に通っている場合は下の子を連れて送り迎え、天気がよい日には公園遊びにつき合うなど休む間がないでしょう。

家にいるときでも、おもちゃの取り合いが始まったり、機嫌が悪くなって抱っこやおんぶをせがまれたりすると家事が思うようにはかどりませんね。1人目のときは、お昼寝タイムにまとまった時間がとれていたのですが、成長してお昼寝もしなくなると、ゆっくりと離乳食を作る時間が取れなくなってしまいます。

1人目の離乳食は食材を裏ごしして丁寧に作っていても、2人目、3人目と子どもが増えるにつれて子育てが忙しくなり、適当な離乳食になってしまうのです。

買い物も一苦労で離乳食の材料が揃わない

子どもが多いと買い物に行くのも大変です。ベビーカーや抱っこ紐などを駆使してのお出かけになってしまいます。無事にスーパーまでたどり着いたとしても、上の子たちが迷子にならないように子どもを追いかけてばかりで、お菓子売り場に直行されると、なかなかお目当ての売り場まで行けないこともあるでしょう。

また、反抗期の子どもがいると買い物中でも「嫌だ!嫌だ!」といって動かなくなり困ってしまいますね。食料品を買いだめしておきたくても、帰りの荷物が増えることを考えると、あきらめることになってしまいます。

小さい子どもたちを連れて買い物に行くのは一苦労。どうしても夕飯のおかずを優先的に購入するので、離乳食の材料が揃わないという悩みも出てくるのです。

ママが上手に手抜きできるようになる

1人目、2人目…と子どもが増えるたびに、ママは子育ての要領をつかんできます。1人目のときはスマホや本でレシピを確認していた離乳食も、3人目になると何も見ずに作れるようになってきます。

離乳食のための食材や調理する時間がなくても、大人や上の子のおかずから取り分けることができることができるようになります。離乳食初期に赤ちゃんが食べてもよい食材やその固さは、離乳食の本を見なくてもわかるようになってくるでしょう。

忙しいときは、おかゆに薄く味をつけて食べさせたり、市販のベビーフードを利用したりする方法も知っているのでスムーズです。1人目、2人目で離乳食の知識が身についているので、適当に手抜きしながら離乳食の準備ができるでしょう。

適当でも美味しく作れる離乳食向けの食材

いろんな料理に使える【冷凍野菜ミックス】

離乳食は数種類の食材を少しずつ調理することが大切ですね。赤ちゃんにいろいろな材料や味に慣れてほしいですよね。

『冷凍野菜ミックス』は筑前煮などの料理にすぐ使えるよう、野菜の皮むきや下茹でもしているため、凍ったまま炒め物やスープに活用でき、忙しいママにぴったりの食材です。

食べたいときに食べたい量の野菜を簡単に調理できるところも便利です。フライパンやお鍋で温める時間が取れないときは、凍ったままレンジで調理すれば時間短縮にもなり、洗い物も少なくなるので助かりますね。

『冷凍野菜ミックス』は、もちろん離乳食だけでなく大人用のおかずにも使うことができます。冷凍庫にストックがあれば、忙しくて夕飯の支度ができないときも安心です。

ご飯がない!そんなときに重宝する【米粉】

1人目、2人目はおかゆを作って冷凍していたママも多いでしょう。しかし3人目になると、上の子たちが普通のご飯を食べはじめるので、離乳食用のおかゆを作る時間が取れなかったり、ストックしているおかゆがなくなってから気づいたりすることもあるでしょう。

普通のご飯を煮込んでおかゆにする方法もありますが、時間がかかります。急ぐときは困ってしまいますね。そんなときは、『米粉』を準備しておけば、短時間でおかゆの代用が作れるので便利です。

『米粉』でおかゆを作る方法は簡単です。水で溶いて弱火にかけ、とろみがつくまで煮詰めたらできあがりです。すりつぶす手間もかからず、冷ませばすぐに食べることができるので嬉しいですね。

お菓子も作れて裏ごし不要【野菜フレーク】

離乳食作りは、裏ごしやすりつぶすのが面倒ですよね。忙しいときは、この作業がストレスになることもあるでしょう。

最近、育児雑誌などで話題を集めている『野菜フレーク』は、水に溶かしてかき混ぜるだけで離乳食ができるので忙しいママにぴったりの食材です。北海道産野菜を使用し、添加物や着色料も無添加なので赤ちゃんも安心。新鮮な野菜を茹でて裏ごししたものを乾燥させ、フレーク状にしているので、加熱や裏ごしの手間がかからないことがポイントです。

『野菜フレーク』を使えば、簡単にお菓子を作ることや、火を使わずにポテトサラダを作ることもできるようになっています。離乳食にも、上の子たちのおやつにも使えるので便利ですね。

手抜きでも大丈夫!罪悪感を感じないで

離乳食作りがストレスの原因に

1人目、2人目のときに離乳食を作るのが大好きだったママでも、3人目になると離乳食作りがストレスになるという話は珍しくありません。

3人目の離乳食が始まるころになっても、上の子が一人で着替えや食事がまだできない年齢だったり、反抗期で何に対しても「嫌だ!嫌だ!」といい続けられたりすると、赤ちゃんより上の子に手がかかってしまいますね。

1人目のときのような、栄養たっぷりで見た目もかわいい離乳食を3人目にも作ってあげたいと思っても、現実には離乳食を作る時間がないため、ママ自身の中で葛藤があり疲れてしまうこともあるでしょう。1人目のときは楽しみだった離乳食作りが、3人目ではストレスになってしまうこともあるのです。

周りと比べるのはやめよう

出産前後に育児本を読み始めるママも多いかと思います。本屋さんに行けば、いろいろな種類の育児書がずらりと並んでいて、育児のコツや先輩ママの体験談が載っていますね。子育てのヒントをもらえて嬉しい反面、手の込んだ食事や育児中でもおしゃれなママたちが写っていると、余裕のない自分と比べて辛くなることもあるでしょう。

また、地域の子育て支援センターなどの集まりに参加すると、ほかの子どもと成長を比べてしまい、「成長が遅いのは、離乳食を作らないことが原因では?」と悩んでしまうものです。

しかし、赤ちゃんの成長には個人差があるため、今は小さくても後で大きくなることだってあるのです。周りのことも気になるかもしれませんが比べるのはやめましょう。

ベビーフードや時短グッズを活用しよう

3人目の離乳食はうまくベビーフードや時短グッズを活用して、適当に美味しい離乳食を作りましょう。

ベビーフードは手抜きというイメージがあるかもしれませんが、溶かしたり、お湯やレンジで温めたりするだけで月齢に合わせた離乳食が簡単に作れる、とても便利なアイテムです。手作りのおかずと組み合わせると栄養のバランスがさらによくなると思います。また、忙しい日はベビーフード、余裕があるときは手作りをするなど、スケジュールに合わせて使い分けるのもよい方法ですね。

忙しいときは炊飯器で調理の手間を省きましょう。お米の上にさつまいもなどの野菜を乗せておくとご飯が炊けたときに、野菜もやわらかく仕上がっています。わざわざ茹でる手間が省け時短になりますね。

まとめ

3人目の離乳食作りが適当になってしまうと、罪悪感があるママもいることでしょう。しかし、子ども3人の子育てはやることが多すぎるため、忙しく離乳食を作る余裕が持てないものです。

1人目のときは楽しかった離乳食作りも、3人の子育てはやることが多すぎてストレスの原因になってしまうこともあるのです。

安心で美味しい便利食材や、ベビーフードを使って簡単に離乳食を作るのでも大丈夫です。1人目や周りと比べて罪悪感を持つことはありませんよ。

忙しいときは、適当に美味しい離乳食を作りましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018