就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て世帯に優しい山梨!全国初の支援制度や甲府の子育て事情を紹介

子育て世帯に優しい山梨!全国初の支援制度や甲府の子育て事情を紹介

山梨県は、全国で初めて第2子以降の保育料を無料化したり、産後ケア施設を作ったり子育て支援が手厚い県です. 子育て世帯が住みやすい支援制度や施設がたくさんありますよ。また、自然豊かな土地を生かしたスポットが充実していて親子で楽しむことができます。子育て世帯に優しい山梨の魅力を紹介したいと思います。

子育てに安心・オトクな山梨県の政策

第2子保育料無料は山梨が全国初で実現!

山梨県では第2子以降が3歳になるまでの間、保育園の保育料を無料化しています。第3子以降を無料としている県はありますが、第2子以降から保育料を無料にしたのは全国で初めて山梨県が実現しました。お金のかかる子育て世帯には、ありがたい制度ですね。

対象としているのは、県内に住む年収約640万円未満の世帯で、生計を同一にする第1子がいることが条件となっています。生計を同一にするとは、親と一緒に住み生活していたり、離れて暮らしていても生活費を仕送りしたりしていることをいいます。

第1子とは、生活を同一にしている最年長児のことです。また、対象の児童が養子であるかどうかは関係ありません。養父母等と生計を同一にしているかどうかで判断されます。

県と市町村がつくった全国初の産後ケア施設

今は全国に広がっている産後ケア施設ですが、初めてできたのは山梨県笛吹市です。産後間もないママと赤ちゃんがサポートを受けられる宿泊型施設です。料金の約8割を県と市町村が負担してくれるため、気軽に利用することができますよ。

滞在中は、助産師など専門職の方から赤ちゃんのお世話の仕方やママの心のケアまで幅広く支援を受けられます。また、敷地内には石和温泉の源泉をいかした足湯や、お風呂も源泉を使用しているため心も体も癒すことができますよ。

妊娠中から相談に応じてもらえるので、施設の利用を考えている場合は妊娠中から相談しておくと安心ですね。また、宿泊利用は産後4カ月までですが、それ以降も個別相談をすることができますよ。

子育て応援カードでお得に買い物しよう

子育て応援カードは、妊娠中から18歳未満の子どものいる家庭を対象に県内の協賛店舗でさまざまな特典が受けられる、とてもお得なカードです。例えば、食事代が5%割引になったりキッズドリンクが無料になったりします。スーパーでは、ポイントが3倍になるなどお得に買い物をすることができます。

カードの有効期限は、一番下の子どもが満18歳になって最初に迎える3月31日までです。

また、平成28年10月からは全国でもサービスが受けられるようになっています。各都道府県の協賛店舗やサービスについては、内閣府HPで確認できますよ。このカードは、住んでいる市町村窓口で申請して受け取ることができます。保険証や母子手帳など証明できる書類を持参しましょう。

山梨は親子が楽しめるスポットが充実

アクティブに遊べるアスレチックのある公園

甲府市にある「愛宕山こどもの国」は、緩い斜面の山肌にカラフルなアスレチック遊具のある自然公園です。全長117mもある連結遊具は、頂上へ向かって設置されています。

やりごたえ抜群で、小さな子どもでも楽しむことができますよ。頂上には、木製のアスレチックがあります。丸太の壁登りやターザンロープでたくさん体を動かしましょう。

大月市にある「桂川ウエルネスパーク」では、甲州産木材を使用したたくさんの木製アスレチックで遊べるスポットです。桂川の流れをイメージした「長さ15mのローラー滑り台」は、子どもに人気の遊具です。

南アルプス市の「御勅使南公園」は、山梨県で一番遊具のある公園です。対象年齢が書かれているので安心して遊ばせることができますよ。

天候に左右されずに遊べる県内施設

甲府市愛宕山にある「山梨県立科学館」は、プラネタリウムやサイエンスショー、常設展示などを楽しむことができます。実際に、目で見て触って体験することができるので五感が刺激されますね。また、館内がアスレチックのようになっている場所もあるので体を動かし楽しむこともできますよ。

河口湖にある「河口湖オルゴールの森美術館」は、まるで絵本の中から出てきたような美術館です。世界最大級のダンスオルガンや世界的に貴重なオルゴールの音色を子どもと一緒に体験してみてはどうでしょうか。

都留市にある「山梨県立リニア見学センター」では、リニアの構造や実際に走っている車両を見ることができます。本物のリニアを身近で見られるのはここだけですよ。

県外観光客からも人気の観光スポット

富士急ハイランド内にあるトーマスランドやリサとガスパールタウンは、小さい子どもでも楽しめる遊園地です。2018年7月から入園料が無料になったので、アトラクションが苦手な子どもも気軽に利用することができますね。この機会に訪れてみてはどうでしょうか。

北杜市にあるハイジの村は、アルプスの少女ハイジをイメージしたテーマパークです。園内はさまざまな花がたくさん咲いていています。特に日本一のバラのトンネルは圧巻です。

富岳風穴と鳴沢氷穴は、富士山麓にある天然記念物の洞窟です。富岳風穴を見学したあと、青木ヶ原樹海を歩いて鳴沢氷穴へ行ってみてはどうでしょうか。洞窟内は、ひんやりと涼しく自然の神秘に触れることができますよ。

県庁所在地【甲府】の子育て情報

甲府情報は「甲府の暮らし方」をまず読もう

「甲府の暮らし方」に目を通してみましょう。意外と知らない甲府市の子育て支援情報を得ることができますよ。

例えば、何かと出費がかさむ子育て世帯に対する「家賃助成制度」があります。対象世帯、対象地域に入っていれば、36カ月間、実質家賃(月額)の1/2、上限20,000円(収入制限等あり)の助成を受けることができます。

また、「ファミリーサポートセンター」は、子どもを預けたい人と預かりたい人が双方登録することで成り立っている制度です。あらかじめ登録することで利用できますよ。

「病児病後児保育」は、まだ集団生活に戻ることができない病気・病後の子どもを看護師・保育士に一時的に預けられる制度です。働くママたちにとって、とても助かる制度ですね。

所得制限なしで中学生まで医療費無料!

「すこやか子育て医療助成」は、通院・入院を含め中学3年生までの医療費が無料となる制度です。保険給付の対象となる医療費の自己負担分が全額助成されます。しかも、所得制限が設けられていないため、全子育て世帯がサービスを利用できますよ。

ただし、県外の医療機関を利用した場合や受給者証を提示しなかった場合などは窓口無料とならないので注意が必要です。すこやか子育て医療費助成金支給申請書に必要事項を記入・押印をして、医療機関などで証明を受ければ、自己負担した医療費が償還払いされますよ。医療機関などの証明は、甲府市が定めた要件を含んだ領収書があれば不要です。

また、請求できる期間が2年間となっているので、期間内に申請するようにしましょう。

甲府市で楽しむ子連れランチスポット

大里町にある「ソラティオ」は、2階席がおすすめです。最大20名まで利用できるので、ママ会には最適ですよ。柔らかいクッションシートで、小さい子どもにも安心です。

キッズメニューは、パスタやリゾット、ハンバーグ、お子様プレートの4種類があり、離乳食の持ち込みもOKです。

甲府富士屋ホテルの14階にあるバイキングレストラン「ヴァンヴェール」は、平日ランチタイム限定の「バイキングdeママ友ランチ」プランがおすすめです。3歳未満の子どもは無料で、プレイングマットやおもちゃ、絵本等が用意されているので、子どもも楽しく過ごせますね。

しかも、このプランは個室なので、ママ友とおしゃべりを楽しみながら贅沢なランチタイムが過ごせますよ。

まとめ

山梨県は、子どもを育てるにはとてもよい環境です。第2子以降保育料無料や子育て応援カードなど子育て世帯にメリットのある制度がたくさんあります。子育て世帯に優しい県なので、情報を取り入れうまく支援や制度を活用できるとよいですね。

また、自然豊かな土地を生かした公園や施設、観光スポットなども充実しているので調べて親子で訪れてみてはどうでしょうか。世界遺産に登録された富士山やその周辺の観光スポットは魅力的な場所がたくさんあるので家族で訪れ、たくさん思い出を作ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018