就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんとのベビーカー散歩はいつから?おすすめ場所やメリット

赤ちゃんとのベビーカー散歩はいつから?おすすめ場所やメリット

1カ月健診までは新生児と家にこもりっきりですから、早く赤ちゃんと外に出たいと考えているママも多いことでしょう。赤ちゃんはいつからベビーカーで散歩に行けるでしょうか?赤ちゃんと初めてベビーカー散歩に行こうと考えているママに、おすすめの場所や散歩のメリットを紹介します。

赤ちゃんのベビーカー散歩時期や時間

赤ちゃんのベビーカー散歩は1カ月健診後

赤ちゃんを出産してから約1カ月は、できるだけ家の中にいるようにと産院でいわれますよね。ママの産後の体調もありますし、赤ちゃんも外の世界は負担がかかってしまいます。

1カ月健診が初めての外出になるママも多いでしょう。赤ちゃんもママも健診をしてもらい、何もなければ、散歩を始めても大丈夫ということになります。

そうはいっても赤ちゃんは外からの影響を受けやすいですから、少しずつはじめましょう。5分ほどの外出から始めて、10分、15分と長くしていくと赤ちゃんにもママにも負担がかからずに散歩に行くことができます。

ただ、散歩には必ずしも行く必要はないので、天候が悪かったり、赤ちゃんの機嫌が悪そうであればやめておきましょう。

赤ちゃんの散歩時間は春秋は午前中がよい

外の世界にまだ慣れていない赤ちゃんにとって、外からの刺激が強いと負担がかかってしまいます。初めて散歩をするときは、室内との気温差があまりない時間帯に散歩をするのがおすすめです。

室内と気温差がある場所に突然移動すると、体温調節機能が未熟な赤ちゃんにとって急激な体温の変化が起きてしまいます。ですから、春や秋の過ごしやすい季節には、午前中から昼過ぎまでがよいでしょう。寒すぎず暑すぎず心地よい気温の時間帯がよいのです。

ママも一緒に散歩をしていて気持ちよい時間帯です。雨が降っているときなどは無理に散歩をしない方がよいでしょう。天気がよくて、気候もよくて、赤ちゃんの体調や機嫌がよいときを選んで少しずつはじめられるとよいですね。

赤ちゃんの散歩時間は夏冬は注意が必要

過ごしやすい季節は気にすることが少なくて済みますが、夏はかなり暑くなりますし、冬はかなり寒くなりますので、温度差をできるだけ感じさせないような工夫が必要になります。

夏は、涼しい時間帯の早朝や夕方が散歩におすすめです。ベビーカーの方が地面に近く照り返しもあるため、高い温度になります。とても暑いと感じたら行かない方がよいかもしれませんね。

冬の場合は、暖かくなる昼過ぎの時間帯がおすすめです。寒いときは赤ちゃんのアウター、手袋、靴下、毛布などで直接赤ちゃんを温めることができますので、夏よりは温度差を感じさせずに済みそうです。

おすすめの時間帯はあくまでも目安ですから、その日の様子をみていつ散歩に行くか判断しましょう。

赤ちゃんのベビーカー散歩のメリット

赤ちゃんの肌を鍛え体温調整を身につける

赤ちゃんがまだまだ外の刺激に弱いとはいえ、いつまでも保護したままでは弱いままになってしまいます。少しずつ外の世界に慣らしていくためにも散歩はよい機会になります。

散歩をして外気に触れることは、皮膚の機能を向上させてくれます。赤ちゃんの未熟な肌を、少しずつ鍛えていってくれるのです。

外気に触れることは、暑いときに肌から熱を放出したり、寒いときには熱の放出を抑えるようにして、温度変化に対応する体温調節機能のトレーニングをしていることになります。

また、肌は外の細菌から体を守るバリア機能があり、外気に触れることで保護機能が鍛えられるのです。そのほかにも肌の保湿機能や排出機能も高めてくれますので、散歩は体の発達にもよいものなのです。

骨の成長に必要なビタミンDが摂取できる

数年前までは赤ちゃんに日光浴が推奨されていましたが、最近では紫外線が赤ちゃんの肌や目によくないという理由で推奨されなくなってきました。今では、外気浴が推奨されています。

お散歩することは外気浴することになりますので、赤ちゃんの健康のために推奨されているともいえるでしょう。散歩をして太陽の光を浴びることは、ビリルビンが分解され、歯や骨の成長にかかわっているビタミンDの生成につながるのです。

ただし、日に焼けることは赤ちゃんの体にも負担がかかりますので、赤ちゃん用の日焼け止めを塗り、短時間のみにとどめ長時間浴びることは避けた方がよいでしょう。体によいと思って行ってみたけれど、体の害になってしまってはいけませんから気をつけましょう。

親子のコミュニケーションが取りやすい

室内での環境と、外に出たときの環境は違っていますよね。当たり前かもしれませんが、外の世界の方がママにとっても赤ちゃんにとっても刺激が多くなります。

まだ赤ちゃんが話さない時期でも、たくさん赤ちゃんに話しかけてみましょう。たくさん話しかけられた子は、語彙が増え、話をするのも早くなるようです。

「今日は暖かくて気持ちよいね」「ブーブーかっこいいね」「お花がきれいに咲いているね」など、どんな言葉でもよいのです。ママが話しかけているうちに、赤ちゃんも反応を返してくれるようになるでしょう。

そのうち赤ちゃんから興味のあるものを指さしたり、「わんわん」などと話しかけてくれるようになりますよ。そのときが楽しみですね。

赤ちゃんのベビーカー散歩おすすめ場所

赤ちゃんとは自宅近くの自然公園に行こう

赤ちゃんとお散歩に行くとなったら、まずは自宅の近くから始めてみましょう。家の周りをぐるっと回るだけでも十分です。突然うんちをしてしまった、大泣きして泣き止まないなどといったときにすぐに帰ることができますから安心です。

散歩に慣れてきたら、赤ちゃんとママの気分転換もかねて自然公園に行ってみましょう。赤ちゃんの月齢にもよりますが、首がすわっているようであればレジャーシートを敷いて寝かせても楽しいですよ。

公園に行ったら、ほかにも赤ちゃんや子どもがいるでしょうから、ほかの子に興味津々かもしれません。ママも植物や花を見たら、気持ちが和らいだり、リフレッシュできますね。のんびりした時間を過ごすことができるでしょう。

赤ちゃんと知育になる美術館に行こう

お散歩に慣れて、赤ちゃんもお座りができる頃になったら、少し遠くてもお散歩できるようになりますね。赤ちゃんの知育にもなる美術館に行ってみるのもよいかもしれません。

美術館は本来静かにしないといけませんし、泣き出して周りに迷惑をかけたら困ると敬遠しがちですが、0歳児のうちに本物を見せると子どものよい刺激になるともいわれています。

美術館でも、授乳室やおむつ替えができるスペースがあるところがありますので、事前に調べてから準備万端にして行ってみましょう。泣いたり、ぐずったりしはじめたら、すぐに外に出ればよいのです。

はっきりとした色や、色々な形、絵が子どもは大好きですから、じっと静かにみてくれるかもしれませんね。

赤ちゃんと支援センターや児童館に行こう

お散歩はママと赤ちゃんにとって大切な時間ですが、家でも外でも2人きりとなるとストレスがたまることもあるでしょう。そんなときは、同じような年齢の赤ちゃんが集まる支援センターや児童館に行ってみましょう。

赤ちゃんにとっては、家にはないおもちゃがあったり、同じぐらいの子どもがいたり、楽しい刺激がいっぱいです。その場で赤ちゃんに何かあっても、職員の方がいますので、すぐに相談もできて安心です。

ママもほかのママたちとお話しできて気分転換できますし、ママ友もできるかもしれません。同じ年齢の子がいるママ友がいると同じ悩みを共有でき、相談もできますので心強いですよ。ただ、人の集まる場所は感染症にもかかりやすくなりますから、その点は注意しましょう。

まとめ

1カ月健診がすんだら、赤ちゃんをベビーカーに乗せて散歩に行ってみましょう。室内とできるだけ差のない気温の時間帯から少しずつはじめて、散歩の時間を延ばしていきましょう。

外の空気に少しずつ触れていくことで、肌や体温調節などの機能が向上していくでしょう。赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら、ママも気分転換して散歩を楽しみましょう。

長く散歩できるようになったら、自然公園や支援センターや児童館など目的地のある散歩もしていけるとよいですね。散歩がお互いにとってよい刺激になるでしょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018