就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳児向けの自転車選び。6歳児に合うサイズや苦手な子の練習方法

6歳児向けの自転車選び。6歳児に合うサイズや苦手な子の練習方法

6歳ともなると小さい頃と違い、補助輪がない自転車を検討するママも多いと思います。この年齢に合う自転車のサイズ、形などはどんなものなのでしょうか?お店で購入しようと訪れても、たくさんあり過ぎて迷ってしまいます。どのポイントを押さえておけばよいのか、それだけでも知っておくと決めやすいですね。

6歳向けの自転車のサイズや選び方

6歳児には18か20インチがおすすめ!

自転車の大きさを考える前に、まずは6歳の子どもの平均身長を見てみましょう。男の子は、116.5cm、女の子は、115.5cmです。これを前提に自転車のサイズを考えてみます。

調べてみると、媒体により身長と自転車のサイズ表がバラバラなことが分かります。これは、メーカーによる違いもありますが、同メーカーでも車体によりサイズが異なることが理由です。そこで、平均サイズを見てみます。

18インチは105~122cm、適正年齢6歳です。20インチは115~136cm、適正年齢7歳となります。
これはあくまで目安ですから、きちんとしたサイズを知りたい場合は、お近くの自転車屋さんに子どもを連れて行って、またがらせてみることをおすすめします。

安全基準に合格している自転車を選ぼう

自転車を見ていると、よく「BAA」とついたシールが貼られているのを見たことがあるのではないでしょうか?それでは、このBAAとはなんでしょうか?

これは、一般にはBAAマークといいます。このマークを貼付するためには、一般社団法人自転車協会が制定した基準に適合しているかの検査に合格しなければなりません。検査項目は90カ所あります。ブレーキ、制動性能、フレーム強度、ハンドル衝撃、ペダルの強度、スポーク張力、リフレクターの光度など多くのテストを行います。

このようにBAAマークがついた自転車は、安全検査をクリアした上で販売されていますので、自転車を買う場合はこのマークがついているかの確認をしてからにしましょう。

両足が地面につく、軽い自転車を選ぼう

一般的な大人の自転車を選ぶ際は、両足のつま先がつくものを選びますよね?でも、小さい子どもの場合、これだと不安定で危ないです。停車したときにきちんと安定して止まれるにはやはり、両足がかかとまでベタっとつくものをおすすめします。これなら、信号待ちでもバランスを崩さないですよね。

子ども自身も、新しい自転車に慣れるまで不安定なので怖いはずです。その上、足がつま先しかつかないとなると止まっていても安定しないので、不安になるかもしれません。それを考えると、補助輪なし歴が短い小さい子は、つま先だけでなく、足の裏までつくものを選ぶ方が無難ではないでしょうか。

また、起こしたり、押したりしやすく、運びやすい軽い自転車を選ぶとよいですね。

おしゃれで人気のある自転車を紹介!

18インチならブリジストンレベナ

キッズバイクとしては軽量な7.9kgです。軽量な理由は、ボディがアルミ製だからです。製品特長は、軽量アルミ、スポーツタイプサドル、チェーンケースの半面ケース化、軽量ブレーキレバー、軽量カラーアルミリムなど軽くするための工夫がみられます。

見た目が普通のキッズ自転車とは異なり、大人のものに近いので、見た目でこれが気に入る子もいるでしょう。特に男の子は、スポーツタイプの自転車のようなので、好きな子も多いかもしれません。

基本的な色は、白、黒、ピンクでかごなしのようですが、ネットショップなどでは、カスタマイズしているお店もあり、そこでは、かごつきやライト、鍵つきを販売しています。値段は、約33,000円~40,000円前後です。

女の子20インチならグラフィス

女の子なら、一目で気に入る子が多いのではないでしょうか。車体には、かわいいリボンの模様が施してあります。カラーも、ブラック×ピンク、ブラック×ブルー、ホワイト×ピンク、ホワイト×ブルーの4色があり、どれを選ぶか迷いそうです。

ライトは、LED4灯オートライト搭載です。また、6段変速機もついており、グリップでの操作になっています。サドル、かご、ペダルは、ピンク系にはピンク、ブルー系にはブルーがついています。ロックは標準装備です。

サイズは、少し大きめのようですので、ギリギリのサイズで購入を検討される方は注意が必要です。また、ブレーキが固いようですから、調整が必要です。サイズはほかに、22インチと24インチがあります。

自転車が苦手な子の練習法とは?

補助輪とペダルを外して練習しよう

補助輪とペダルをはずし、地面を蹴ってバランスをとる練習を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?地面を蹴り、足を離している時間を徐々に長くしていくことでバランス感覚が養われていきます。

でも、そのためにペダルなしのバランスバイクを買おうとまでは思わないのではないでしょうか?買わなくても手持ち自転車のペダルをはずすことで、バランスバイクにすることができます。これなら、次の段階の練習をするときにも、簡単に元に戻し練習できますよね。

工具はスパナを用意します。幅の目安は、15mmです。少し固いですが、ネジの方向は進行方向と逆向きに回して外します。もし、どうしてもはずせないときは、自転車屋さんに持っていくとはずしてくれますよ。

ペダルを漕ぐ練習をしよう

ペダルなしの自転車でバランスがとれてきたら、次はペダルを漕ぐ練習ですが、その前にペダルなしの状態でハンドルさばきができているかもチェックしておいてくださいね。まっすぐ走るときはバランスが取れていても、曲がるときにうまくできなければ、ペダルを漕ぐ練習のときにハンドルまで注意するのは大変だからです。

最初、ペダルの漕ぎ方が分からない子どもには、スタンドを立てて、漕ぐ練習をさせてみてください。そのあとで、スタンドをはずして練習開始です。スタンドを付けている状態と、はずしている状態では力加減が違うかもしれませんが、ペダルをはずした状態でバランスがとれている子どもなら、数時間練習することで、随分上手になります。

あとは、曲がることができれば大丈夫です。

ブレーキの使い方を練習しよう

次は止まる練習です。練習し始めのときは、スピードは出せるようになってもブレーキをかけられない、またはかけるのが弱すぎて止まらない子どもが多いです。

まず、ブレーキは必ず左右をかけることから教えましょう。言葉で教えても理解してくれないときは、ハンドルを握っている子どもの手の上から手を重ね、一緒にブレーキをかけてみます。そのときに黙ってかけるのではなく、声を掛けながらタイミングを教えると、動作と声で子どももタイミングを覚えていきます。

ブレーキは、どれくらい前にかければ止まるのか子どもは分かっていません。分からないので、止まりたい場所の直前にかけてしまいます。それでは間に合わなくて危険だということをきちんと教えることが大切です。

まとめ

正しい自転車の乗り方を小さいときから教えていないと、いざ友だちと出かけるといわれたときに「いってらっしゃい」といえなくなってしまうかもしれません。そのときのためにも、小さいときから安全な自転車で、正しい乗り方を身に着けられるように教えていきましょう。

自転車の購入と、ただ乗れるようになったということだけでなく、ブレーキをかける、安全な乗り方、交通ルールを守るということを教えるのも親の責任です。自転車に乗るときは、ヘルメットをかぶらないと危険だということもあわせて伝えるようにしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018