就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

8月生まれの赤ちゃんは育てやすい?子育てする上でのポイントも

8月生まれの赤ちゃんは育てやすい?子育てする上でのポイントも

夏生まれの子どもにプレゼントしたい名前

夏はさわやかで壮大なイメージが似合う

8月生まれの子どもの名前は、夏に生まれたのですからさわやかで壮大なイメージにしましょう。名前は子どもへの最初のプレゼントです。

名前に季語を入れたいと考えるパパやママは多いですが、「夏」という漢字には「明るい」や「活発」といったイメージがありますので、そのままストレートに「夏」を使った名前にするのもよいですね。名字との相性を考えながら選びましょう。

例えば、男の子の名前なら「海夏人(かなと)」「夏雅、夏将、夏昌(なつまさ)」「夏生、夏伊(かい)」「夏葵、夏輝、夏城(なつき)」などがあります。

女の子では「瑠夏(るか)」「夏南、夏菜、夏那(かな)」「夏希、夏姫(なつき)」「一夏、市夏、衣知夏(いちか)」「彩夏、朱夏、綾夏(あやか)」などが人気です。

「海」や「湊」が人気の漢字

「海」という漢字には「大きい」という意味があり、広くて雄大なイメージです。

男の子では「海人、海斗(うみと)」「海(かい)」「海斗、海渡(かいと)」「匠海、拓海(たくみ)」「寛海、大海(ひろみ)」「海月、海津紀(みつき)」、女の子は「青海、蒼海(あおみ)」「海(うみ)」「海南、海音(かな)」「輝海(てるみ)」「七海(ななみ)」「琉海、瑠海(るみ)」などがあります。

「湊」は港を意味し、これも夏らしい漢字です。

男の子なら「湊(そう)」「湊介、湊輔、湊佑(そうすけ)」「湊太(そうた)」「湊、湊斗(みなと)」「湊士郎、湊志郎(そうしろう)」、女の子では「湊音(かのん)」「湊亜、湊愛、湊杏(そあ)」「湊咲、湊楽、湊愛(そら)」「湊弓(みゆ)」などです。

男女別8月生まれの子どもに流行の名前

8月は旧暦で「葉月(はづき)」と呼ばれ、「壮」という漢字にも8月の意味があります。ですので、「葉」や「壮」を使った名前も多いです。

「葉」を使った名前としては「琴葉(ことは)」「葉月(はづき)」「葉奈(はな)」「葉音(はのん)」「悠葉(ゆうは)」「柚葉(ゆずは)」などがあります。

「壮」を使った名前は「壮吾(そうご)」「壮介(そうすけ)」「壮輔(そうすけ)」「壮太(そうた)」「壮平(そうへい)」「壮馬(そうま)」「壮也(そうや)」「壮矢(そうや)」「壮志(たけし)」などです。

「葉」は女の子向け、「壮」は男の子向けの名前が多いイメージです。しかし、ユニバーサルデザインが求められる時代です。男女のイメージの違いは、あまり関係ないのかもしれませんね。

まとめ

8月出産は、暑い時期のつわりを避けることができたり、赤ちゃんのお世話が楽だったりして、出産が初めてのママには嬉しいことがいっぱいです。そして、赤ちゃんがちょっとだけ大きくなって、お出かけできる頃には、暑さも和らぎ、気持ちのよい季節になっていることでしょう。

しかし、暑い時期に生まれたこともあって、エアコンの下で過ごす時間が多くなります。こまめにお着替えをしたり、空調管理に気をつけたりして、赤ちゃんの体温調節には細心の注意を払いましょう。免疫が切れる頃の体調管理も大切ですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND