就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ねんねトレーニングのカギはお風呂?赤ちゃんがよく眠る生活時間とは

ねんねトレーニングのカギはお風呂?赤ちゃんがよく眠る生活時間とは

赤ちゃんの寝つきがよくなるお風呂の入り方

体温が下がってくると眠くなる

人は体の中心部分の体温が下がってきたときに、眠くなるという体の仕組みがあります。それは赤ちゃんも同じで、赤ちゃんは眠くなってくると手足が温かくなりますよね。これは体の中心部分の温度を下げるために、手足などの末端に向かって熱を発散しているのです。

眠気を誘うためには、あまり熱くないお風呂に2~3分浸かり体をしっかり温めるとよいでしょう。お風呂から上がると徐々に体温が下がっていき、大体1~2時間後には眠くなる場合が多いようです。

このタイミングを逃してしまうと、今度は逆に目が冴えて寝かしつけがうまくいかないことも考えられるので、そのときは一旦諦めるのも大切です。ねんねトレーニングの際は、このタイミングをうまく利用したいですね。

シャワーのみで済ませずに湯船に浸かろう

赤ちゃんがお風呂を嫌がる場合や夏場の暑い時期などは、湯船に浸からずシャワーだけで済ませている方もいるかもしれませんね。お風呂は体を清潔にするだけでなく、疲労を回復させたり体をリラックスさせたりする効果もあります。

そのため、シャワーだけで済ませず湯船に浸かることは、よい睡眠に大きく関係してくるでしょう。湯船に浸かる際は、大人が少しぬるいと感じるくらいの温度に設定するのがコツです。夏場は約38℃、冬場は約40℃が目安となります。

少しぬるめのお湯にしっかり浸かることで、副交感神経が優位になり体がリラックスするので、お風呂から上がった後に眠りやすくなるでしょう。入浴後は水分補給も忘れずにしたいですね。

パパとのお風呂も決まった時間帯が望ましい

赤ちゃんをお風呂に入れるのはパパの役割という家庭も多いのではないでしょうか?日中仕事をしているパパにとって、赤ちゃんとお風呂に入っている時間は貴重なスキンシップの場ですよね。

ママにとっても助かる役割分担ですが、パパの帰宅時間によってお風呂に入る時間が毎日バラバラになってしまうと、赤ちゃんの眠りに影響が出るかもしれません。できるだけ毎日同じ時間にお風呂に入れるためにも、平日はママが担当し休日はパパが入れるという方法もあります。

パパにとっては少し寂しいかもしれませんが、ほかにも赤ちゃんとスキンシップを取れる方法はありますよね。寝ている赤ちゃんにそっと寄り添う、休日はおむつ交換などのお世話を積極的に行うなど、赤ちゃんと触れ合う時間を作りましょう。

入浴が親子のリラックスタイムになるように

お風呂嫌いな子には楽しくなるような工夫を

成長とともに赤ちゃんにも自我が芽生えてきて、嫌いなものや怖い場所に行こうとすると泣いて嫌がることがあるでしょう。お風呂も赤ちゃんによっては「寒いから嫌」「なんだか怖い」などの理由から嫌がる子も多く、お風呂の時間になると機嫌が悪くなる赤ちゃんに疲れているママも多いのではないでしょうか。

お風呂嫌いな赤ちゃんには、「お風呂は楽しい場所」「体もきれいになるし気持ちがいい時間」だと思ってもらうことが大切です。例えば、お湯に浸かりながら遊べるおもちゃを用意しておく、赤ちゃんの好きなキャラクターのシャンプーを使うなど、赤ちゃんが喜びそうな工夫を考えてみましょう。

お風呂は毎日入るものなので、嫌な気持ちで入るのではなく工夫をして楽しく入りたいですね。

赤ちゃんの好みの温度などをチェックしよう

先ほどご紹介したように、赤ちゃんと入浴するときは少しぬるめのお湯が基本ですよね。しかし、大人でもお湯の温度の好みが違うように赤ちゃんにも好みのお湯加減があるので、赤ちゃんの様子を見ながら調整しましょう。

ねんねトレーニングを成功させるにはお風呂の入り方も大切で、赤ちゃんが「気持ちいい」「ずっと入っていたい」とお湯に浸かってリラックスすることが重要ですよね。お湯に浸かってリラックスできると、その日の疲れやストレスが癒やされてお風呂の後も機嫌よく過ごし寝つきもよくなります。

お風呂の時間が好きになるように、赤ちゃんが快適に入浴できる準備を整えましょう。季節によっても、お湯の温度に変化をつけるとよいですよ。

ママも楽しむことで赤ちゃんもリラックス

お風呂の時間にママがバタバタしていたり、イライラしたりすると、赤ちゃんは不安な気持ちになりお湯に浸かってもリラックスするのは難しいでしょう。家事や入浴後の着替えなどの準備でママは忙しいかもしれませんが、お風呂の時間は赤ちゃんと楽しむことを第一に考えたいですね。

「時間がないから早く洗おう」と焦らずに、お風呂は赤ちゃんと触れ合える時間だと思ってゆったり過ごしましょう。歌を歌う、おもちゃで遊ぶ、抱きしめる、優しく話しかけるなど、ママが笑顔で楽しそうにしていれば赤ちゃんの心も落ち着きます。

お風呂でリラックスできると赤ちゃんの寝つきがよくなるだけでなく、ママ自身の疲れやストレスを解消する効果も期待できますよ。

まとめ

ねんねトレーニングは、寝かしつけや夜起きたときの対応だけでなく、1日の生活リズムを作る上でも大切になるということに驚くママもいるかもしれませんね。最初はなかなかリズムが整わない赤ちゃんも続けるうちに少しずつ身についていくので、ママはゆったりとした気持ちで気長に続けていきましょう。

また、入眠に大きく関係してくるお風呂は、時間やタイミングなど家庭によって違ってくるものでもあります。それぞれの家庭に合ったタイミングで、できるだけ毎日同じ時間に入り、赤ちゃんが眠りやすい環境を作っていきたいですね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND