就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

断乳後は栄養不足に気をつけよう!時期の見極めと偏らない食事が大切

断乳後は栄養不足に気をつけよう!時期の見極めと偏らない食事が大切

フォローアップミルクの必要性

食べムラがあるなど栄養に偏りがある場合

フォローアップミルクはどのようなものなのか、飲ませたほうがよいのか分からないママもいるでしょう。フォローアップミルクとは、離乳食で不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラルなどを強化したミルクです。

離乳食後期になると、食べムラや好き嫌いが激しくなる子どももいます。離乳食を嫌がって食べないときや、好きなものばかり食べようとするときにフォローアップミルクを与えるとよいでしょう。

フォローアップミルクは、9カ月~3歳くらいまでの子どもを対象に推奨されています。しかし、9カ月になったら飲ませなくてはいけないわけではありません。栄養バランスが取れている離乳食を3回しっかりと食べていれば、飲ませなくても大丈夫ですよ。

1歳未満で牛乳をそのまま飲めない場合

1歳未満の赤ちゃんは消化器官が未熟で牛乳のたんぱく質を消化するのが難しいため、1歳をすぎてから与えたほうがよいとされています。牛乳のたんぱく質の消化が十分にできないと、アレルギー反応を起こす恐れがあります。

フォローアップミルクは牛乳よりタンパク質が多く配合されていますが、消化吸収がしやすい成分になっています。さらに、牛乳では不足しがちな鉄やビタミンを補うことができるよう調整されています。

断乳や離乳食を始め栄養が足りているか心配なときに、フォローアップミルクを飲ませるようにすると安心ですね。しかし、1歳を過ぎて牛乳が飲めるようになり、離乳食を3食しっかり食べていれば飲ませる必要はありませんよ。

あくまでも補助的な位置づけで使う

フォローアップミルクは離乳食からは十分に摂取できない栄養を補うものです。母乳やミルク、牛乳の代用として使わないようにしましょう。

成長が著しい赤ちゃんは、色々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。離乳食を3回しっかりと食べられるようになってから、補助的な位置づけとして使いましょう。

ほとんどのフォローアップミルクは、9カ月、または1歳から使えます。ちょうど離乳食が進み、断乳を意識した時期から使えるようになっていますね。

母乳と同じ成分が含まれているものや鉄分やカルシウムが強化されているもの、牛乳には含まれていないDHAが入ったものなど、様々なタイプがあります。甘め、あっさりめなど、味も工夫されていますよ。

まとめ

赤ちゃんが生まれてからずっとしてきた授乳が断乳により終わりますね。栄養面だけではなくスキンシップとしても大事な時間だったので寂しさも感じます。

離乳食や断乳の進むペースは赤ちゃんによって違います。赤ちゃんの心と体の成長を考えて、焦らないようにするのがポイントです。

断乳後は栄養バランスの取れた離乳食が必要になります。なかなか色々な食材を食べてくれず、困るときもあるかもしれません。あまり神経質にならずにフォローアップミルクなどをうまく取り入れながら進めて行きましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND