就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夏はカブトムシを飼おう!迎える準備と子どもがお世話できる方法

夏はカブトムシを飼おう!迎える準備と子どもがお世話できる方法

虫好きの子どもなら一度は飼ってみたい、昆虫の王様「カブトムシ」。急に子どもに「カブトムシを飼いたい!」といわれて困ってしまうママもいるかもしれませんね。しかしカブトムシは、飼育場所もとらずマンションなどでも飼うことができる、おすすめの昆虫ペットです。ぜひ今年の夏、カブトムシを飼ってみませんか?

まずは、カブトムシについて知ろう

カブトムシってどんな生き物?

カブトムシはコガネムシ科カブトムシ亜科に属する昆虫です。体長はオス3~8cm、メス3~5cmで日本における大型甲虫の一つなのです。世界中に1300種類ほどおり、日本には4種類(亜種を除く)が生息しています。

寿命は1年ほどで、そのほとんどを土の中で過ごす昆虫です。夏の終わりに産み付けられた3~4mmの小さな卵は、2週間ほどでふ化します。幼虫は2回脱皮を繰り返しながら成長し、そのまま越冬します。そして翌年の5~6月ごろにサナギになり、2週間~1か月ほどで成虫へと羽化するのです。

地上に出てきてからの成虫の寿命は短く、1~2か月程度。憧れのあのカブトムシの姿は、彼らの人生の集大成だといえるでしょう。

カブトムシの捕まえ方と持ち方

カブトムシの入手方法は色々とあります。せっかく飼うのなら思い切って自分たちで捕まえるのも、よい経験になりますよ。捕まえ方を、簡単にご説明しましょう。

捕まえに行く時期は、6月下旬~8月中旬ごろ、時間は日没後~日の出前までがおすすめです。カブトムシはコナラやクヌギの樹液が好物なので、こういった木を探してみましょう。

また、カブトムシの持ち方を覚えておくことも大切です。オスの場合は、短い方の角をつかんで持ちます。メスの場合は、体の側面を親指と人差し指でしっかりと持ってください。カブトムシの足が手に当たることがあるかもしれません。足は、力が強くギザギザしていて痛いものです。気になるときは、軍手など手袋をして持つとよいですよ。

カブトムシの死から学ぶこと

カブトムシは生き物ですので、必ず「死」が訪れます。子どもは、大好きなカブトムシの死を悲しむことでしょう。まだ理解することは難しくても、死を見ることで「生」の大切さを感じることができるものです。

中には死んだカブトムシの羽を広げてみたり、ひっくり返して眺めてみたりと、大人からみると「かわいそう」と思うようなことをする子どももいます。しかし、これはこれでよいのだとか。

命の大切さを学ぶためには、そのものへの興味を強く持つことが大切だそうです。興味を持ち好きでいつづける気持ちは、成長し命の大切さを理解したときに、自分の好きな生き物を守りたいという気持ちに変わっていきます。興味を無くして無関心になる方が、好ましくないといえるでしょう。

カブトムシを迎える準備と上手な飼い方

カブトムシを飼うための準備

カブトムシを飼うなら、長生きしてもらいたいものです。次からは、成虫のカブトムシにスポットを当てて、飼うために必要な準備と上手な飼い方をご紹介しましょう。まずは準備するものです。

・飼育用ケース(昆虫飼育用など)
・昆虫マット
・カブトムシゼリー
・止まり木や枯れ葉

飼育ケースは、入れるカブトムシの数に合わせてサイズを選んでください。1匹あたり幅25cmぐらいが目安です。カブトムシは夜行性で、日中は土にもぐります。そのため適度に湿らせた(握ったときに形ができるぐらい)マットをケースの1/3まで入れておきましょう。またコバエが湧くことがありますので、コバエ防止シートや腐食布、新聞紙などをケースの蓋の間に挟んでおくとよいですよ。

カブトムシのお世話と長生きのポイント

カブトムシの寿命は、飼育環境に大きく左右されます。長生きさせるポイントがいくかありますので、ご紹介します。まず「よい餌」を用意してください。市販の昆虫ゼリーがおすすめです。果物類ならバナナがよいですよ。スイカやキュウリは水分が多いので避けましょう。

次は「飼育ケース」です。一匹ずつ育てる場合は小さめのケースでも大丈夫ですが、複数入れる場合は広めのケースを使用してください。またオス同士を入れると、喧嘩をして弱ってしまうことも考えられますので、できれば避けた方が無難です。

最後は「温度と湿度」です。ケースは、直射日光の当たらない風通しのよいところに置いてください。適温は25度前後で、先に述べたようにマットは適度に湿らせましょう。

旅行など家を空けるときには

生きものを飼っていて心配なことといえば、旅行などで家を空けるときですよね。事前にしっかり準備をして、出かけるようにしましょう。

まず餌は多めに入れてください。カブトムシは食べ過ぎるということはありませんので、一度に多くの餌を置いても大丈夫です。一番食欲がある時期だと、カブトムシは一日に昆虫ゼリーを一つ食べます。ですから、家を空ける日数分を計算して、餌を用意しましょう。

次に、出かける前には、必ず霧吹きで加湿してください。飼育ケースの置き場所も考えましょう。玄関や洗面所など閉め切っていても、温度があまり上がらない場所がよいですよ。またカブトムシは力が強いので、脱走することがあります。蓋がしっかり閉まるか確認しておきましょう。

育てることができるか不安なときには

飼う前にきちんと話し合いルールを決めよう

カブトムシを飼う前には、大切な命ですのできちんと話し合い、ルールを決めるようにしましょう。

まずカブトムシを飼うために必要なお世話を、一つずつ丁寧に説明します。そしてどの作業を子どもに任せるか、決めてみてください。ママとしては「飼いたいといったのは自分なのだから」と、子どもにすべて任せる方がよいと感じるかもしれません。しかし特に初めての飼育の場合は、子ども一人に任せるのは難しいものです。子どもに役割を持たせ、協力して育てるようにしてみましょう。

飼育の方法などを調べた結果、「うちでは飼えない」という結論にいたることもあるでしょう。「カブトムシを大切にしたいから飼わない」という選択肢があることを教えることも大切ですよ。

カブトムシと触れ合える場所へ行く

カブトムシを自宅で飼うことが難しければ、カブトムシと触れ合える場所に行ってみてはいかがでしょうか。夏の時期になると、カブトムシと触れ合えるイベントが各地で行われています。

クヌギやコナラが自生している林をネットで囲い、その中にカブトムシを放し飼いにして触れ合えるようにしていたり、外国のカブトムシが展示されていて、見ることができるところだったり様々です。昆虫館などでも、この時期は生きているカブトムシを展示しているところが多くありますので、チェックしてみてください。

中には捕まえたカブトムシでカブトムシ相撲ができたり、カブトムシクラフトを行っているところもあるようです。夏ならではの体験を、思いっきり楽しんでみませんか?

カブトムシと触れ合える旅行

また夏になると、カブトムシと触れ合えるイベントを行っている宿泊施設があります。夏休みの旅行と一緒に参加してみてはいかがでしょうか。

たとえば、施設内の木にカブトムシのワナを仕掛け、夜にカブトムシが来ているか見に行くツアーを開催しているホテルもあります。また施設内に張られたネットに、近くの森から捕ってきたカブトムシを放していて、見つけたオスメスのペアを持ち帰ることができるところもありますよ。天然のカブトムシを、実際に見たり触ったりして楽しむことができるイベントとなっています。

カブトムシのイベントはホテルによって予約制の場合がありますので、事前に調べておきましょう。きっと子どもにとって、忘れられない旅行になりますね。

まとめ

カブトムシはお世話のポイントを押さえておけば、初心者でも楽しんで飼育ができるおすすめの昆虫ペットです。オスメスつがいで飼育していると、かなりの確率で卵を産んでくれることでしょう。うまくいけば来年もカブトムシを楽しむことができるかもしれません。

虫嫌いのママにとっては、子どもが飼いたいといわなければ知ることのなかったかもしれないカブトムシの世界。しかしこれをよい機会と捉えて、カブトムシについて子どもと一緒に知ってみませんか?今年の夏、カブトムシデビューをしてみましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018