就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新米ママと赤ちゃんの会とは?育児初心者が講座に行くメリットを紹介

新米ママと赤ちゃんの会とは?育児初心者が講座に行くメリットを紹介

ママ友やパパ友を作れる

育児中のママは社会とのつながりが希薄になり、赤ちゃんの月齢が浅いほど赤ちゃんと2人だけの生活になることが多くなりがちです。その結果、育児の悩みを抱え込み、ひとりで思い悩むことも増えるでしょう。

育児講座に参加することで、我が子と同じくらいの月齢の赤ちゃんを育てるママやパパと出会えるかもしれません。同じような悩みを持つパパやママと出会うと安心でき、互いの悩みの解決策が見つかることがありますよ。

育児書を読む、インターネットで情報を得るといった方法では、近くに住むママ友やパパ友との出会いは難しいですよね。講座に参加してみると同じような環境のパパやママと自然と交流を持て、話が弾んでママ友やパパ友が作れるよい機会となるでしょう。

パパが参加すると協力的になってくれる

ママは妊娠すると身体が変化してゆきます。出産、授乳などを経て育児の中心的存在となるわけですが、妊娠中からすでにママとしての自覚が芽生えているのです。それに対してパパはどうでしょうか。ママが妊娠をしてもパパの身体には変化がないので、自覚が芽生えるのはママに比べると10カ月遅いともいわれています。

パパが育児講座に参加することで、妊娠中や産前産後のママの体や心の変化、育児に必要なスキルなどが学べます。いち早くパパの自覚が目覚め育児に協力的になってくれるとよいですね。

パパはママとは違う視点で育児に関わり合いを持ち、より広い視野で育児に取り組める可能性も出てきます。男性は物事に凝ることも多いので、育児に興味を持ってよい協力者になってくれると嬉しいですね。

まとめ

「新米ママと赤ちゃんの会」は、東京都清瀬市や久留米市、西東京市で開催されている子育て支援事業です。参加できるのは、生後2~3カ月の第一子を育てる新米ママとなっています。初めての育児で抱え込んだ悩みや不安を新米ママ同士で共有し、交流する場として開催されています。

同じような取り組みは、ほかの地域でもおこなわれています。新米ママがママ友を作り、育児の悩みを共有できる場として参加を検討してみてはいかがでしょうか。外出が大変な時期ではありますが、出かけるとよい気分転換にもなりますよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事