就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

男の子のお食い初めの祝い方とは?役に立つ基礎知識と服装のポイント

男の子のお食い初めの祝い方とは?役に立つ基礎知識と服装のポイント

平安時代に行われていた風習に「百日(ももか)」というものがありました。生後100~120日目に赤ちゃんに餅を食べさせる所作を行ったものですが、これが、今のお食い初めの元になったようです。これからお食い初めを予定しているママたちが知りたいお食い初めの基礎知識やメニュー、服装のポイントをまとめました。

家族でお祝いしたい「お食い初め」とは

健やかな成長や長寿を願う祝いの儀式

生後100日目の節目に、「子どもが一生食べ物に困らないように」という願いを込めて行われる儀式が、「お食い初め」です。平安時代に生後100日目~120日目の赤ちゃんに餅を食べさせる所作を行う「百日(ももか)」が元となっているといわれ、鎌倉時代くらいから餅ではなく魚肉と変わってきたようです。

赤ちゃんにとって初めての食事となるお食い初めは、「養い親」と呼ばれる年長者が赤ちゃんに食べ物を食べさせる所作を行います。これには赤ちゃんが年長者の長寿にあやかる、という意味合いがあります。

赤ちゃんと同性の年長者がよいとされているので、男の子の赤ちゃんの場合には、おじいちゃんが「養い親」の役割を担うことが多いようですよ。

お食い初めを行うのは生後100日目ごろ

平安時代の風習「百日」が元となっているお食い初めは、百日が行われた生後100~120日目に行うのが一般的です。なぜ生後100~120日目なのかというと、この時期は赤ちゃんに乳歯が生えはじめ、食事も母乳から離乳食に変わるころなので、「一生、食べ物に困らないように」という願いが込められているためです。

もちろん、生後100~120日目が一般的ではあっても、家庭の事情や赤ちゃんの発達の状態などによるので、そのとおりに行わなければならない、というわけではありませんよ。赤ちゃんの健康状態を見て計画をすることが必要ですね。

また、「養い親」の役目をするおじいちゃんの都合などもありますよね。お食い初めに参加する方の都合が会う日を選んで行うとよいですね。

食べたあとは「歯固めの儀式」を行おう

お食い初めのお膳には石を添えるのが一般的ですが、この石のことを「歯固め石」といいます。歯固め石は、お食い初めのお膳の食事を赤ちゃんに与える所作を一通り終えた後に使います。

食事を与える所作に使ったお箸を、歯固め石にちょんちょんと軽くあてがってから、箸先を赤ちゃんの口元に持っていき、歯茎にちょんちょんと軽くあてます。これが「歯固めの儀式」です。

歯固めの儀式は、これから生えてくる赤ちゃんの歯が、「石のように丈夫でありますように」という願いを込めます。歯固めの儀式に使う石は、初宮参りを行った神社から借りてくるのが一般的のようです。地域によっては石ではなく、タコや鬼クルミ、アワビなどが使われることもありますよ。

お食い初めのメニューと食器の種類について

基本的なメニューと込められた意味

お食い初めのお膳は、一汁三菜(鯛、飯碗、吸い物、煮もの、香の物)が基本です。

鯛は赤い体と白い身が紅白を連想させたり、「めでたい」という語呂合わせの意味合いがある以外にも、40年以上生きる長寿の魚で栄養価も高いことから、「幸せで且つ健康で長生きができるように」という意味合いがあります。

飯碗には、邪気払いや魔除けの意味合いがある赤飯が盛られることが一般的で、汁は「吸う」力が強くなるようにという意味が込め、吸い物が用意されますよ。

煮物にはニンジンとダイコンで紅白を、さらにカボチャやシイタケを亀の甲羅に模して長寿の願いを込めます。ほかにも、季節の野菜を付けた香の物が添えられます。

献立には穀類、海のもの、山のもの、飲み物、塩が含まれ、生きていくうえで必要なものを揃えているそうですよ。

男の子は朱塗りの漆器で文様は菖蒲などを

お食い初めでは漆塗りのお膳を用意しますが、献立のお膳は男の子と女の子で違うのはご存知でしょうか。ベビー用品店でお食い初め用のお膳を用意しようとすると、朱塗りのお膳のセットと黒塗りのお膳のセットがありますが、男の子には朱塗りの膳のセットを用います。

ただ地方によっては逆のパターンもあるので、両親や親せきを招いてお食い初めの儀式を行う場合には、身近な年長者に相談をしてみるとよいですね。

男の子の朱塗りのお膳のセットには、日輪や菖蒲などの文様が描かれています。これにも運気が上がるように、元気に成長するようにといった意味が込められています。菖蒲の文様は端午の節句でも用いられ、男の子にふさわしい文様といえますね。

料理は手軽に頼めるネット注文でも大丈夫

生後100日目ごろに行われるお食い初めですが、このころのママは産後の疲れや育児疲れなどでぐったりしていて、お料理を用意するのは難しいと感じているかもしれません。また、お食い初めで必要とする食材は高価なものも多く、お膳もその場だけのために揃えるのは経済的な負担が重いと感じるママやパパもいますよね。

自宅でお食い初めを予定しているのであれば、お料理を手軽にネットで頼むのもよいですね。冷蔵や冷凍状態でお食い初めに必要なお料理がセットで届くため、解凍したり温めるだけでお食い初めのお膳の用意が完了するので便利です。

本格的なお膳がセットになったお食い初めセットもありますので、ご両親を招いてお食い初めを行うときでも準備を楽に済ませられますよ。

お食い初めの服装に決まりごとはあるの?

正式には男の子なら黒やグレーなどの小袖

お食い初めの儀式では、服装にも正式なものがあります。もし儀式を重んじるご両親や親族がいるようでしたら準備が必要になるかもしれませんね。

赤ちゃんには2種類の着物を用意します。お食い初めのときには、白い着物を着せます。生後100日目ごろの赤ちゃんは「神の子」であるといわれ、産着なども白いものを用意することが多いですよね。お食い初めを境目に、赤ちゃんは「神の子」から「人の子」に変わるとされ、お食い初め後に赤ちゃんは色のついた服を着ることになります。鶴や松などの縁起物が描かれた、黒やグレーなどの色付きの小袖にお色直しを行います。

小袖はお宮参りなどで使った晴れ着でOKです。ほかの行事にも使うことがあるので、1枚用意しておくとよいですよ。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事