就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

在宅勤務で子育てママでも働ける!在宅求人の獲得方法とは?

在宅勤務で子育てママでも働ける!在宅求人の獲得方法とは?

ママの「在宅勤務」といえば、一昔前は「内職」というイメージが強かったですよね。しかし今は在宅での働き方にも多くの形態があり、ママが子育てしながら仕事を持ちやすい環境になってきています。そこで今回は、在宅勤務のメリットデメリットと、どんなお仕事があるのかを紹介していきます。

ママでも働ける在宅勤務のメリット

働く時間と働く場所が自由

「子どもが生まれても働きたい」と考えるママは多いですね。しかし就学前の小さな子どもを育てながら外に働きに出るには、いくつかの障壁があります。妊娠出産を機に会社を退職したというママも少なくないようです。

その点在宅勤務なら、通勤したり子どもの預け先を探したりする必要がなく、働く時間と場所も自由なので、仕事と家事育児を両立しやすいでしょう。子どもが寝ている間や家事の合間など、ママの都合に合わせて仕事を進められるというのはとても魅力的です。

また、子どもが急に体調を崩したときも、そばにいられるというのは安心ですね。会社勤めだと、子どもの体調不良などで遅刻や早退をしなくてはいけないことを考えると、在宅勤務は大きなメリットといえるでしょう。

パソコンがあれば仕事ができる

在宅勤務にもいろいろな種類の仕事がありますが、最近ではパソコンを使った仕事が非常に多くなってきています。企業から案件を委託され、自宅のパソコンで仕事を進めてメールやウェブなどで納品するという形態なら、パソコンさえあれば受注から納品まですべて完了します。

ただし、自宅が通信環境のよい状態であることや、パソコンのOSが古すぎないことは大前提になります。企業とのやり取りがあるため、セキュリティ対策をしておくことも大切です。

必要最低限のネット環境とパソコンスキルがあれば、特別なスキルがなくても仕事は始められます。中には「主婦・未経験者歓迎」といった案件もあるので、ママでも比較的手軽に始めやすいというのもメリットの一つです。

小さな子どもがいても働ける

「子育てと仕事の両立」「女性の社会進出」などがメディアでもよく取り上げられていますが、実際のところ「保活」に失敗したというママは多くいるのが現状です。子どもの預け先がないから働きたくても働けないという話はよく耳にします。

「働きたい」と思ったとき、外に働きに出るというだけでなく「自分の家で働く」という選択肢があれば、ママも気持ちが楽になるのではないでしょうか。「在宅勤務」であれば、小さな子どもがいても働ける環境をママ自身が作り出すことができます。

乳幼児期は子育ての中でも最も手がかかる時期ですが、同時に一番かわいい時期ともいえます。日々成長していく我が子を、働きながらも身近に感じることができるというのはとても魅力的ですね。

ママでも働ける在宅勤務のデメリット

仕事とプライベートの線引きが難しい

家事育児との両立がしやすい在宅勤務ですが、それはメリットであると同時にデメリットにもなり得ます。つまり、仕事とプライベート(家事育児)の線引きがしにくいという点です。

仕事中でも、子どもが泣いたりウンチをしたりすれば、仕事を中断して子どものお世話をする必要がありますね。合間に掃除・洗濯・炊事などもする必要もあるため、集中して仕事をする時間は作りにくいでしょう。

断片的に仕事をすることになり、会社で同じ仕事をするときに比べ、作業効率はかなり下がります。一つの仕事を終えるのに時間がかかり、結果的に夜遅くまで働くことになりかねません。ママ自身が家事育児と仕事の時間管理をして、集中して働ける時間を設けるほかないでしょう。

コミュニケーションが取りづらい

在宅勤務では、パソコンを使って顔が見えない相手と仕事をすることが多いでしょう。作業中、不明点や疑問点が生じたとき、すぐにレスポンスが得られないというのはデメリットといえます。

社内勤務であれば短時間で答えが得られる内容でも、メールやチャットなど文章のみで相手に伝えるとなると、思った以上に時間がかかります。本来進めたい作業が、一つの疑問ですべてストップしてしまう、ということはあり得る話です。

ママが集中して作業できるのは、子どもが夜寝静まった後ということが多いですね。しかしクライアントとやり取りできる時間は日中がほとんど。こまめなコミュニケーションが取りづらいというのは、仕事を進めるうえでデメリットとなるでしょう。

収入が安定しないことが多い

在宅勤務と会社勤務を比べると、「収入の安定性」に大きな違いがあるといえます。会社員として勤めていれば、多くの場合毎月の収入は「お給料」として一定額が振り込まれますよね。

しかし、在宅勤務では多くの場合「フリーランス(自営業)」であるため、会社から安定した給与が貰えるわけではありません。とくにママの場合、子どもの体調や長期帰省などによって、たくさん作業できる月と、そうでない月の差が大きくなりがちです。

「毎月20万は稼ぎたい!」と思ったら、かなりのスキルと時間を要します。子育てママが在宅で稼ぐ場合、安定した収入を得ることは難しいと思って、あまり収入を「あて」にしすぎない方がよいかもしれません。

在宅勤務の仕事獲得方法と業務形態

ママ専門の求人サイトを見てみよう

在宅勤務で仕事を始めてみようと思ったら、まずは求人情報サイト選びが大切です。やみくもに登録だけしても、なかなか条件に合う仕事が見つからないという場合、もしかしたら求人サイト選びが間違っているのかもしれません。

子育て中のママは、働く場所や時間に条件が多くなりがちです。そういったママ特有の条件を満たした案件が多く扱われている「ママ専門の求人サイト」で探すのがよいですよ。

ママ専門の求人サイトには、隙間時間にできるような仕事や、仕事にブランクがあっても働きやすい案件などが多く掲載されています。中には、パソコンを格安で貸与してくれるサービスなどもあるようです。「子育て中だから…」と諦めず、まずは求人サイトに登録してみるのもよいですよ。

経験やスキルを活かして見つけよう

在宅勤務を希望する場合、パソコンを使った仕事が多いため、必要最低限のパソコンスキルは必要でしょう。

【必要最低限のパソコンスキル】
・タッチタイピング(ブラインドタッチ)ができる
・インターネットで必要な情報を検索できる
・Word、Excel、PowerPointが使える
・メールでのやり取りができる など

【在宅勤務に活かせる経験やスキル】
・タイピングが速い
・ウェブデザイン
・プログラミングやコーディング
・画像作成・加工
・ライティング・校正 など

パソコンスキルが高ければ、高収入にもつながりやすくなります。また、在宅勤務は相手の顔の見えないやり取りが多いので、コミュニケーション能力や仕事管理能力などが必要になります。

業務委託など様々な業務形態がある

在宅勤務には様々な業務形態があります。多くは「業務委託」で、クライアントと案件ごとに契約を結び報酬を得るというものです。会社に所属しているわけではないので、「フリーランス」「自営業」といった立場になります。

もちろん単発的なものだけでなく継続した案件も多くあり、継続期間やスピードによって報酬がアップする可能性もあります。

業務委託以外にも、正規雇用されて正社員や契約社員という立場で在宅勤務にあたるという働き方もあります。この場合ある程度の安定した収入が見込めますが、その分働く時間や仕事量が多くなるため、子育て中のママにとっては少しハードルが高くなるかもしれません。いずれにしてもパパとよく相談して、ママが無理のない範囲で仕事をすることが大切です。

まとめ

子育てはなにかと物入りで、お金がかかるものです。将来のために学資金の貯蓄もしておきたいですよね。ママが在宅で働いてお金を稼ぐことができれば、家計としても大助かりです。

ただ、子どもを預けるのではなく「在宅で仕事と子育てを両立させる」という働き方を選ぶなら、高額収入を目指すよりは「お小遣い稼ぎ」程度に考えておいた方がよいかもしれません。頑張りすぎると本来の「ママ業務」に支障が出てしまう可能性があります。無理なく自分のライフスタイルに合った働き方が見つかるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR