就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

断乳や卒乳をするときの時期や注意点。メリットや先輩ママの方法とは

断乳や卒乳をするときの時期や注意点。メリットや先輩ママの方法とは

「断乳」や「卒乳」は、母乳をあげているママならいつかは通る道です。タイミングや方法など、どのようにすればよいのか悩みますよね。授乳はママと赤ちゃんにとって大切な時間です。そのため、後悔のないように迎えたいと思うことでしょう。今回は断乳や卒乳の時期や注意点、メリットや先輩ママのやめ方などを紹介します。

断乳と卒乳の違いや完了する時期とは

断乳とはママの意思で授乳を断つこと

断乳や卒乳の具体的な違いを、皆さんはご存知でしょうか?なかには「同じだと思っていた」という人もいるかもしれません。授乳をやめるという点では同じですが、二つには大きな違いがあるのです。

まず「断乳」は「授乳をママの意思や都合でやめること」をいいます。たとえば、職場復帰を控えていて日中の授乳ができなくなるので断乳を選んだ、というママもいます。また授乳をしている間は生理が開始されないこともあり、早く2人目が欲しいと考えて断乳する人もいるでしょう。

さらに乳腺炎などの母乳トラブル、夜間の頻繁な授乳などによる体力の消耗、体調を崩して薬を長期服用する必要がある、離乳食が進まないなどで断乳を決意した、というママもいます。

卒乳とは赤ちゃんのタイミングで自然に卒業

次に「卒乳」とは「赤ちゃん自身が徐々に母乳を欲しがらなくなり自然と飲まなくなること」をいいます。断乳と卒乳はどちらも授乳が終了することに変わりはありませんが、断乳は親が時期を決めてやめるのに対し、卒乳は赤ちゃんのタイミングでやめることになるものです。最近では卒乳を選ぶママも増えてきていますよ。

無理に母乳をやめない理由としては、
・授乳により親子のスキンシップがとれる
・授乳をすることで子どもが安心しストレスが減る
・母乳を飲むことで赤ちゃんの免疫力が高まる
などがあげられるようです。

断乳と卒乳は、どちらが良い悪いというものではありません。子どもだけでなくママがストレスに感じないようにすることも、大切ではないでしょうか。

赤ちゃんの成長から見る断乳や卒乳の時期

いつ断乳や卒乳をしたらよいのか悩みますよね。断乳や卒乳の時期に決まりはありませんが、栄養を離乳食からしっかり摂れていることが前提になります。赤ちゃんの成長を見ながら時期を考えることが大切ですよ。

あるアンケートによると、断乳や卒乳の完了時期は「1歳~1歳6カ月」が一番多い結果となりました。また、赤ちゃんが自然と飲まなくなるのを待つ卒乳の方が、授乳完了年齢は少し高めになっています。

実は、世界保健機関(WHO)では2歳までの母乳育児を推奨しており、なんと授乳完了の世界平均年齢は「4.2歳」といわれています。そう考えると、日本は授乳完了年齢が低い傾向にあるのかもしれませんね。そのため、焦らず進めていくのもよいでしょう。

断乳や卒乳のメリットやデメリットと注意点

断乳や卒乳がママと赤ちゃんによい理由

授乳をやめることは、ママにとって一大決心がいることですよね。断乳や卒乳のメリットやデメリットを知って、授乳完了を後悔のないように迎えてみましょう。

たとえば、断乳をするメリットには「短期間でやめることができる」「体調のよいときを選んで行うなど計画が立てやすい」などがあります。一方卒乳をするメリットには「子どもへの負担が少ない」「赤ちゃんの精神が安定しやすい」「乳腺炎になりにくい」などがあります。

そして断乳卒乳ともに授乳を終了することで得られるメリットとしては「母子ともに夜よく眠れるようになる」「離乳食をよく食べるようになる」「ママが薬の服用ができるようになる」「ママの食事制限がなくなる」「外出が楽になる」など色々ありますよ。

断乳や卒乳をすることによるデメリット

次は、断乳や卒乳をすることによるデメリットを考えてみましょう。断乳のデメリットには「赤ちゃんへのストレスが大きい」「乳腺炎などのトラブルが起きやすい」「断乳すると決めてから数日間が大変」などがあります。

一方卒乳のデメリットには「卒乳まで母乳の維持をしなければならない」「子どもによっては長引くこともあり終わりの見通しがつきにくい」「夜間授乳が続く」などがあります。

母乳を飲んでいるうちは、離乳食の食べむらがあったとしても「母乳を飲ませているから大丈夫かな」という気持ちがありますよね。しかし、授乳をやめると食事からすべての栄養を補う必要が出てきます。そのため、今まで以上に栄養バランスや水分補給に気を使う必要が出てくるのです。

断乳や卒乳をするときに注意することとは

断乳や卒乳により授乳をやめると、乳腺炎などの「おっぱいのトラブル」が起こりやすくなります。特に断乳の場合は、母乳の量が減っていない段階で急にやめるので、よりトラブルになりやすく注意が必要です。

断乳や卒乳をするときは母乳の詰まりを防ぐため、揚げ物、乳製品、甘いものなど脂っぽいものや脂質や糖分を多く含むものは控えるようにしましょう。また、体を温めると血行がよくなり母乳が出やすくなります。そのため、この時期のお風呂は湯舟に入らずシャワーで済ますとよいですよ。

おっぱいが張って痛みが出る場合は、濡れタオルなどで冷やしてください。断乳や卒乳が完了したら、できれば母乳外来に足を運び残ったしこりや詰まりを取ってもらうとよいでしょう。

先輩ママの断乳や卒乳の方法を紹介

おっぱいを隠したり顔を描いたりする

ここからは、先輩ママの断乳や卒乳方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

たとえば「お風呂に入るときも水着を着用して、とにかくおっぱいを赤ちゃんから隠した」というママもいます。断乳や卒乳中に赤ちゃんがおっぱいを見てしまうと、飲みたくなりますよね。そのため、赤ちゃんがおっぱいを思い出さないように「隠す」ことがポイントです。

また「おっぱいに顔を描いた」というママも多くいますよ。「おっぱいはもうお友達になったから出ないんだよ」といってキャラクターや動物の絵などを描いてみましょう。今まで大好きだったおっぱいを嫌いになって辞めるのは寂しいですよね。そのため怖い顔などではなく、子どもの好きな絵を描くとよいですよ。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事