就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後にぴったりな手土産は?おすすめアイテムと訪問マナーをチェック

産後にぴったりな手土産は?おすすめアイテムと訪問マナーをチェック

友人や知人に赤ちゃんが生まれると、「早く赤ちゃんに会いたい」と気持ちも焦ってしまいますよね。しかし急な訪問は、産後で疲れているママの負担になってしまうこともあります。そこで、ここでは産後の訪問マナーやどんな手土産が喜ばれるかを紹介していきますね。

産後の初訪問。産院と自宅でのマナー

病院に伺う際のマナーと注意点

出産をがんばった直後のママは、疲労もたくさんたまっています。また出産した当日や翌日はご家族の方が集まっていることも多いので、病院に伺うのは自然分娩であれば出産から2~3日過ぎてからがベストです。

帝王切開の場合は傷の痛みもあり、2~3日は起き上がることも困難なママも多くいます。ママに負担をできるだけかけないためにも、帝王切開の場合は出産から3~4日後に伺ったほうがよいでしょう。

伺う時間帯も午前中は先生の回診や沐浴の指導など、ママも予定が詰まっていることが多くなります。そのため基本的には午後の時間帯のほうがベストですが、産院によって面会時間のルールも異なります。

産院のホームページで調べたり直接産院に問い合わせて面会時間の確認をしてから伺ったほうが、迷惑をかけずに済みます。

病院に伺うときは大勢で押しかけたり長居をしたりすると、ママの負担にもなってしまいます。少ない人数で長居はせず30分程度で引き上げるのがマナーです。

病室に入る前は、手をしっかり洗って消毒を済ませてから入室することもマナーですね。

自宅に伺う際のマナーと注意点

退院して自宅に戻ると、赤ちゃんを迎えて新しい生活がはじまります。今までは病院がケアしてくれたことも、ママがこなさなければいけなくなります。

産後の疲れと慣れていない育児でしばらくはママも大変になります。そのため退院後すぐに訪問すると、ママを余計疲れさせてしまいます。

また自宅に戻ってしばらくはご両親やご親戚の方が、入れ替わりで訪問されていることも多くあります。そんな時期に伺うとママにも、ご両親やご親戚にも気を遣わせてしまいます。

自宅に伺うのは、退院後1カ月程度過ぎてからがベストです。また伺うときは事前に連絡を入れてママの都合を聞き、できるだけ迷惑にならない時間帯を選びましょう。

また伺った際は初めに「手を洗わせてね」とこちらから声をかけて、しっかり手を洗ってからお部屋に入りましょう。

ママも赤ちゃんの衛生面には、とても敏感になっています。しかしママから「手を洗って」とはなかなか遠慮していい出しにくいものです。訪問した側から声をかけることで、ママに安心してもらうことができます。

産院に行く際のおすすめの手土産

すぐに飲めるパックやペットボトル飲料

産後、母乳育児が始まるとママものどが渇きやすくなりますし、母乳をしっかり出すために水分補給も大切になります。しかし自分で売店や自動販売機まで飲み物を買いに行くのは、産後疲れているママには一苦労ですよね。

そのため産院へ伺ったときの手土産に、飲み物は大変喜ばれます。甘いジュースは糖分を気にされることもあるので、水やお茶などがおすすめです。

夏場でしたらスポーツドリンクもいいですね。飲み物は日持ちもするので、あまっても自宅に持ち帰ることもできます。

またストローをさせば飲める紙パックやペットボトル飲料でしたら、横になったまま飲むこともできます。とくに帝王切開で体を動かすのも大変なママには喜ばれます。

軽くつまめるヘルシーでおいしいおやつ

軽くつまめるヘルシーなフルーツゼリーなどのおやつも、産院に行くときの手土産にはおすすめです。ゼリーでしたら日持ちもしますし、糖分控えめや0カロリーのゼリーもたくさん販売されています。

産後食欲があまりないママも一口サイズのゼリーでしたら、スルっと口の中に入れることができるので喜んでもらえますよ。

また小さなカップに入っているカットフルーツなどもおすすめです。果物は手土産には定番ですがメロンなどを丸ごと持っていくと、自分でカットするにはナイフも必要ですし手間もかかってしまいます。

一口サイズにカットされているフルーツでしたら、すぐに食べてもらうことができます。好きなフルーツを事前に聞いておいてもいいですね。

赤ちゃんにも使えるハンドクリーム

産後赤ちゃんのお世話をするときは毎回手洗いも大切になるので、産後のママは手荒れが気になることも多くなります。

無添加の赤ちゃんにも安心なハンドクリームだったら、手荒れが気になるママに喜ばれる手土産になります。ハンドクリームでしたら、退院後自宅でも使ってもらえるので無駄にもなりませんね。

「赤ちゃんにも安心なハンドクリームは何がいい?」という方には「ママ&キッズのハンドクリーム」もおすすめです。低刺激でべたつき感もなく、パラベン無添加で赤ちゃんにも安心なハンドクリームです。

「ママ&キッズ」では生まれてすぐの赤ちゃんにも使える赤ちゃん用のベビークリームも販売されているので、赤ちゃん用とペアでプレゼントすることもできます。

自宅に行く際のおすすめの手土産

ノンカフェインのお茶やコーヒー

母乳で育てているママには、ノンカフェインの飲み物もおすすめです。ママ用にはもちろんですが、自宅に戻ってくるとお祝いに駆け付けるお客さんも多くなります。

そんな急な来客のときも、ノンカフェインのお茶やコーヒーは喜ばれます。カフェインレスのコーヒーは通販でも購入できますし、コーヒー好きのママには嬉しいプレゼントですね。

またすっきりとした味わいと合わせて香りも楽しめるハーブティーのセットなどもおすすめです。育児を頑張っているママに、リラックス効果もあるといわれているハーブティーは喜ばれる手土産になります。

アロマテラピーでも使われる「オレンジフラワー」のハーブティーは、リラックス効果も高いといわれているのでおすすめですよ。

すぐに食べられるおいしい総菜やパン

自宅に戻って育児に奮闘するママは、ゆっくり食事をとることも難しくなってしまいます。授乳の間隔も短く赤ちゃんが泣いていると気がかりで、自分の食事は後回しになってしまうことも多くなります。

また小さな赤ちゃんがいると、買い物に行くのも大変です。そんな忙しいママには、すぐに食べられるお惣菜やおいしいパンも手土産で持っていくと喜ばれますよ。パンでしたら、ちょっと空いた時間にサッと食べることもできます。

また赤ちゃんのお世話で夕飯の支度もうまくはかどらなかったとき、すぐに食べられるお惣菜があればおかずの一品にすることもできます。

冷凍保存できるベーグルなどでしたら日持ちもしますし、ママのおやつやお昼ごはん、朝食用としても便利ですよ。

ママがホッとできる時間を!美容グッズ

育児が始まるとママも忙しくなって、自分の美容ケアは後回しになってしまいます。また夜泣きが多かったりすると、ママの睡眠時間も短くなって肌が荒れたり、ストレスが溜まったりします。

そんな育児に疲れているママには、ホッとできる美容グッズも手土産におすすめです。フェイスパックやホットアイマスクなどもいいですね。

産院の手土産でも紹介しましたが赤ちゃんが生まれると水仕事も多くなるので、ハンドクリームも喜ばれますよ。

育児で疲れた心と体を癒してくれる入浴グッズもおすすめです。バスボムやバスソルトなどはかわいいデザインのものも多く販売されているので、見て癒されてお風呂をゆっくり楽しむこともできますね。

まとめ

友人や知人に赤ちゃんが生まれると、「早くお祝いをいいたい」、「早く赤ちゃんに会いたい」と気持ちも焦ってしまいますが、まずは相手の都合を優先することが大切ですね。

産後の訪問はまず先方に都合を確認して、短い時間で切り上げることも大事です。できるだけママに負担がかからないように配慮しましょう。

ママや赤ちゃんとゆっくり過ごす時間は、もう少し赤ちゃんが大きくなればいくらでもつくれます。また手土産も高価なものより、すぐに食べられる物や使える物のほうが喜ばれますよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018