就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の反抗期にパパ嫌い勃発?理由とパパがめげないための対応策

4歳の反抗期にパパ嫌い勃発?理由とパパがめげないための対応策

4歳児のパパ嫌いはママの協力で緩和しよう

パパと子どもの情報を共有しよう

子どもがパパを嫌がる時期は基本的に一過性のものであるため、そのうち収まるでしょう。しかし、子どもに「嫌い」と言われ邪険にされ続けるのは、パパにとって辛いことです。子どもに嫌われていると感じているパパは「自分は父親失格だ」と落ち込んでいるかもしれません。

そこでママは、パパの不在時に子どもがパパについて話していたことや、子どもが描いたパパの絵を見せるなど、子どもが実はパパのことを考えているという情報をパパと共有するように心掛けてください。

あわせて子どものパパ嫌いは珍しいことではなく、育児に自信をなくす必要はないと伝えてフォローしましょう。このように、4歳児のパパ嫌いによるマイナスムードを緩和するにはママの協力が欠かせません。

ママが子どもに「パパ自慢」をする

子どもは、好んでママの真似をするものです。ママによる子どもへの影響力は大きいと考えられるでしょう。

つまり、ママがパパを大好きであれば、子どももママの真似をして「パパ好き」と態度が変わる可能性があるということです。

その一つとして、ママが子どもに「パパ自慢」をするのが効果的ですよ。肩車や高い高いなどの「パパにしかできない遊び」やおもちゃの修理といったことをパパがやってくれたら、ママは「さすがパパ、すごいね」「パパがいたら安心だね」と子どもの前でパパを褒めて自慢します。

ママがパパを褒めることで、子どものパパに対する印象も好意的なものに変わり、むやみにパパを嫌がることが減ってくるでしょう。

ママはパパに感謝の気持ちを伝えて円満に

先ほども述べたとおり、子どもがパパを好きになるためにはママとパパの関係が良好であるということが大切なポイントです。ママのパパに対する好意的な気持ちが子どもに伝わると、子どももパパを好きになるでしょう。

夫婦の関係をよい状態に保つには「相手への感謝の気持ちを持つこと」を忘れてはいけません。家事の手伝いなど、何かをしてもらったら感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

こうしたママからの感謝の言葉は、パパのモチベーションを高めることにもつながります。すると、さらにパパが協力的になり夫婦関係がより円満なものになるでしょう。ママとパパが仲良しでいる家庭では、子どものパパ嫌いも緩和されやすくなるはずですよ。

まとめ

反抗期でわがままなどが増えると、パパに叱られる機会も増え結果的に「パパ嫌い」になったり、本当は遊んでほしいという気持ちの裏返しでパパを嫌がるようになったりと、子どもがパパを嫌う理由は様々です。

しかし、「パパ嫌い」は子どもの一時的な姿であるため、パパはそこでめげることなく積極的に子どもに関わる努力をしましょう。また、ママも子どもがパパに対してよい印象を持てるようにフォローしてください。そうすれば、きっとまた「パパ大好き」という言葉が聞けるでしょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND