就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

トイレを汚す子どもにもうイライラしない!対策と便利グッズを知ろう

トイレを汚す子どもにもうイライラしない!対策と便利グッズを知ろう

子どもがトイレを使うと汚れますよね。ママが毎日掃除しても、思いにも寄らない場所が汚れていたりして、匂いが残ってしまったり。最初からじょうずな子はいないとわかってはいても、やっぱりできるだけうまくトイレを使って欲しいものです。ここでは子どもがトイレを汚す原因を知り、対策と便利グッズをご紹介いたします。

知っておきたいトイレ汚れの原因とマナー

男の子がトイレを汚してしまう原因

男の子のトイレ使用方法は二つあります。「立ってする」と「座ってする」。どちらも男の子ならできるようになる必要があるようです。

立ってするときの汚れの原因は、ちゃんとトイレに命中していないことと、尿ハネが多いことです。男の子はおちんちんを持って正確にトイレに向けておしっこをしなくてはいけませんが、最初はおちんちんの持ち方もわからないようです。持つ位置や握り加減でおしっこの向きは変わりますので、回数を積み重ね、自分でよい持ち方をみつけてもらわなくてはいけないのですね。

座ってしても、おちんちんの方向に気をつけなくてはいけません。上を向いていたら外に飛び出して大変なことになります。自由自在に方向をかえられそうなおちんちんですが、慣れていないと難しいのですね。

女の子がトイレを汚してしまう原因

座ってトイレをする女の子ですが、おしっこの方向を定めるのは難しいようです。おしりをどの位置にして座るのか、姿勢はどうすればよいのか、これも自分でコツをつかんでくれるまでは、ママのトイレ掃除は続くでしょう。

女の子のおしっこは、高い場所から前方に向かって出るので、便座と便器の間の部分に当たってしまうことが多いです。もう少しだけ低くしてくれたら便座に当たらなくて済むのですが、小さな子どもにとって、このもう少しが大きな壁になることもあるのです。

足の開き具合が悪いと自分の足におしっこが当たってしまうこともあります。濡れた足に気がつかず立つと、たらりと足をつたってズボンや靴下まで濡れてしまうこともあるので注意が必要ですね。

早く身につけさせておきたいトイレマナー

トイレマナーは、できるだけ早くから身につけさせてあげましょう。トイレは汚さないように気をつけて使うことを意識づけします。汚してもかまわないという気持ちがあると、マナーは身につきませんし、ママはトイレ掃除で苦労することになるでしょう。

トイレが終わったら水を流す、手を洗う、スリッパを揃える、電気を消す、ドアを閉めるという手順も教えてあげましょう。最初は忘れてしまうことも多いですが、小さいうちからきちんと教えることで、自然にできるようになります。

マナーを身につけることで、子どもも自信を持てるようになります。園などの集団生活でも子どもがトイレで悩むことがないよう、できるだけママが教えておいてあげましょうね。

掃除回数が減る汚れ防止対策を習慣にしよう

家では男の子も座らせるルールを作ろう

男の子のトイレは、立ってするより座ってする方が断然汚れが少ないです。便器から外すことが減りますし、尿ハネも便器内で収まります。家では座ってしてもらいましょう。

座ってするときも注意は必要です。おちんちんを下に向けるようにします。普通は下を向いていますが、ときどき上を向いてしまうときがあるので、無理ない程度に押さえて下を向かせます。おしっこが出る勢いが強いと、思わぬ方向に飛んでしまうことがあるので、念のためおちんちんが上を向かないよう手を添えさせましょう。

女の子と同じく、便座と便器の間におしっこが当たることもあります。座る位置をやや後ろにして、おちんちんを下向きに押さえるか、前傾姿勢にさせておちんちんをより下に向かせるようにしてみてくださいね。

トイレットペーパーを敷いて尿ハネを軽減

男の子が立ってトイレをするとき、便器内の壁に勢いよくおしっこが当たると尿ハネがひどいです。奥の壁に当てると一番尿ハネが多いそうです。尿ハネを減らしたいなら、水のたまった部分にトイレットペーパーを浮かべて、そこに向けておしっこをするとよいですよ。

トイレットペーパーに命中させるのは、小さな子どもにとっては最初は難しいかもしれませんが、毎日やっているとできるようになってきます。的当てのように楽しんでくれる子もいますし、ママの掃除の回数を減らすためなので、粘り強く教えたいですね。

ほかにも水面を泡などで覆うと跳ね返りは激減するそうです。泡を出すシステムを備えた便器や、泡を出してくれるスプレーも販売されていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

女の子には前傾姿勢を教えて飛び散りを防ぐ

女の子がおしっこの方向を調節するには、おしりを動かす必要があります。まず座る位置はやや後ろにして、前傾姿勢を取らせます。できるだけ下の方向におしっこを出すようにするのです。

前傾姿勢が分かりにくい子もいるようです。「こんにちは」とお辞儀するくらいの感じというと分かってくれる子もいるでしょう。そして水のたまっている場所へ向けるのが理想的なのですが、女の子は急におしっこの方向を変えるのが簡単ではありません。最初にきちんと座って、方向を定めてからするようにしたいですね。

足は自然に開いたくらいにしましょう。閉じていると陰部や足を濡らしてしまう可能性が高いです。濡れていると分かったら、先にできるだけふき取ってから立ち上がるようにしましょうね。

便利グッズでトイレ掃除がぐっと楽になる

的当てゲームで飛び散りを最小限に

公衆トイレで見かけたことがあるパパもいると思いますが、男性トイレには的がついた便器もあります。的に当てるようにおしっこをすれば、便器から外してしまうことはなく、尿ハネも最小限に抑えられるという優れものです。的があると狙いたくなる人間の本能を利用した、大変すばらしいアイデアだといえますね。

家庭のトイレでも使えるように店やネットで販売されています。子どもが喜びそうな鬼の絵柄だったり、オーソドックスな丸い的だったり、いろいろあるので子どもが好きそうなのを選んでみましょう。

貼る位置は、便器の水が溜まっているあたりの便器中央付近がよいでしょう。子どもはコントロールがそれほどよくないので、できるだけ中央付近を狙わせるのがよいですよ。

便器と床の隙間をコーキングして掃除も楽々

便座と便器の間にしてしまったおしっこが、便器のふちをつたって床まで垂れていることもあります。床に溜まってくれているならまだしも、便器と床の間に細い隙間があって、その中に垂れ込んでしまっていたら、きれいに掃除するのは大変ですね。

この隙間をコーキングして、おしっこが入り込むのを防いでみましょう。水回りなので、カビが生えにくい防カビ用のシリコンなどがおすすめです。色は、便器の色や床の色に合わせると目立ちにくいでしょう。

隙間に残ったおしっこは、嫌な臭いを発しますし、不衛生ですね。清潔なトイレにしてくれて、ママの掃除の手間も減らしてくれるコーキングはとてもありがたいです。ほかにも、隙間をふさぐようにして貼ることのできるテープも販売されていますよ。

垂れ防止テープでフチを伝うおしっこを吸収

便器をつたって垂れるおしっこを、途中で止めるアイテムもあります。垂れ防止テープといって、便器のまわりにぐるっと貼って使います。店舗でもネットでも購入できますし、色も柄も可愛らしいですので、トイレが明るくなりますよ。もちろん、目立たないように白色のテープもあります。

ほかにも便座と便器の間に貼るパットも販売されています。テープよりも厚みのあるパットは、吸収力も抜群ですよ。ただパットはサイズが小さめで、便座の前の部分だけしかカバーできません。それ以外の部分におしっこが垂れてしてしまった場合は、防ぎきれません。下まで垂れないようにするには、垂れ防止テープとパット、両方を使うことでより効果が上がるといえますね。

まとめ

子どもにじょうずにトイレを使わせるには、ます子どもを便座のやや奥に座らせて、お辞儀をするような前傾姿勢をとらせましょう。男の子は、おちんちんを下に押さえるように手を添えるとよいですよ。便利なトイレグッズも利用して、無理なくトイレを使えるようにしたいですね。

子どもはまだまだ発達の途中、何度も失敗したり、ママとパパに注意されたりしながら上手になっていきます。少し前まではおむつしてたのに、今はトイレに行くようになったと思えば、子どもの成長は早いものですよね。トイレもきっとそのうちうまくなってくれますよ!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018