就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬アウターの種類は?お出かけを快適にする上手な選び方

赤ちゃんの冬アウターの種類は?お出かけを快適にする上手な選び方

赤ちゃんと冬にお出かけをするとき、どんなアウターを選べば防寒対策ができるのか、気になるママは少なくありませんよね。そこで今回は、お出かけを快適にする赤ちゃんの冬のアウター選びのポイントや、成長に合ったアウターの種類、おすすめのかわいい冬用アウターなどについてご紹介していきたいと思います。

赤ちゃんの冬のアウター選びのポイント

軽くて保温性が高く家庭で洗えるもの

赤ちゃんの冬のアウターには、ナイロンやアクリルといった化学繊維がよく使われています。しかし、このようなアウターは静電気が起こりやすく、チクチクすることもあります。

赤ちゃんによっては肌が赤くなったり痒くなってしまったりすることがあるため、フリースやダウン、裏起毛など、軽くて保温性が高い素材でできたものを選ぶようにしましょう。

特に首元や袖周りは直接肌に触れる可能性があるため、できるだけ装飾の少ないシンプルなものを選ぶと安心ですよ。

また、よだれがたれたりミルクを吐きこぼしたりするため、洗濯の回数が多くなります。ホームクリーニングできるかどうかをあらかじめ確認し、さらに乾きやすい素材を選ぶようにしましょう。

柔らかい素材のジャストサイズが基本

赤ちゃんの洋服はすぐにサイズが変わるため、すぐに着られなくなるからもったいないと、1~2サイズ大きめのものを買って着せる、というママは少なくありません。

しかし、大きめのアウターを着せると、首元や袖周りに隙間ができて冷たい風がアウターの中に入ってきたり、赤ちゃんが動きにくくなってしまったりします。

そのため、赤ちゃんの冬のアウターを選ぶ際には、ジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。

また、硬い素材のアウターも動きにくくなってしまいます。特に寝返りをうつようになって動きが大きくなる時期や、ベビーカーに乗せるときは、赤ちゃんが動きやすいよう柔らかい素材のものを選ぶようにしてくださいね。

屋内の暖房対策に着脱しやすいものを

赤ちゃんは大人と比べて体温調節が苦手ですよね。寒い外では厚手のアウターが必要ですが、暖房の効いた屋内に入ったときアウターを着せたままにしておくと、汗をたくさんかいてしまい、体調を崩す原因になってしまいます。

そのため、お出かけの際に暖房の効いた屋内への出入りがある場合は、着脱しやすいアウターを選ぶようにしましょう。

カバーオールやジャンプスーツの場合は前開きのものを選ぶようにします。ボタンよりファスナーのものを選ぶと、より着脱しやすいですよ。

また、後ほど詳しくご紹介しますが、寝返りができるようになったらポンチョがおすすめです。袖をとおす必要がないため、ママ1人でお出かけをする際も、簡単に着脱できますよ。

成長に合わせて選ぶアウターの種類

ねんね期は全身をつつむジャンプスーツ

ねんね期は全身をつつんでくれるジャンプスーツが大活躍してくれます。着脱に少々手間はかかりますが、赤ちゃんをしっかり寒さから守ってくれますし、手足を自由に動かすことができるため、ベビーカーや抱っこ紐で長時間お出かけをするときでも安心ですよ。

手足の部分が折り返すことのできるデザインのものを選べば、冷えがちな手先や足先をしっかり包み込んでくれます。靴下をなくす心配もないため、気づいたら片方の靴下がなくなっていた、ということもなくなりますよ。また、フードが付いているデザインのものを選べば、帽子をかぶせる必要がなく、帽子をなくす心配もありません。

保温性が高いため、外出中は汗をかいていないかこまめに確認してくださいね。

寝返り期から長く着られるポンチョ

寝返り期になると、体や手足を活発に動かすようになるため、洋服の着脱に一苦労するママは少なくありません。そんな時期におすすめのアウターがポンチョです。

羽織るタイプであれば、着せるときは抱っこした状態でポンチョを掛けて首元のボタンを留めるだけで完了です。逆に脱がせるときは抱っこした状態で首元のボタンをはずしてポンチョを取ってあげるだけでよいので、動きが活発な時期に大活躍してくれますよ。

頭から被るタイプであれば、ボタンを留める手間もないため、さらに着脱が簡単にできます。

また、ポンチョには袖がないため、幼児期まで愛用することができます。赤ちゃんのアウターは1シーズンしか着ることができないため、ママとしては嬉しいポイントですよね。

あんよ期は動きやすいジャンパーも便利

あんよ期には、着脱が簡単で動きやすいジャンパーも便利ですよ。

歩き回るようになるとすぐに汗ばんでしまうため、ジャンパーの前を開けたり閉めたりすることで簡単に体温調節ができます。また、腕をとおすだけなので、立ったまま簡単に着脱をすることができます。

さらには腕が動かしやすいデザインになっていることが多いため、赤ちゃんの動きが制限されずに済みます。キルティングやダウンなど、ゴワゴワしない柔らかい素材のものを選べば、より動きやすいですし、雨や風も防ぐことができるのでおすすめです。

ただし、ジャンパーは下半身を寒さから守ることはできません。そのため、厚手のタイツやレッグウォーマーなどでしっかり下半身も温めてあげてくださいね。

暖かくしてお出かけ!かわいい冬用アウター

手足カバー付きで暖かいジャンプスーツ

防寒性が抜群の手足カバー付きのジャンプスーツであれば、「LITTLE BEAR CLUB(リトルベアクラブ)」のアニマル幾何柄中綿ジャンプスーツがおすすめです。見た目のかわいさはもちろん、機能性も兼ね備えている優秀なジャンプスーツです。

こちらのジャンプスーツは、ブルー、グレー、グリーンの3色展開で、北欧テイストの幾何学模様の中に、たくさんの動物が隠れているおしゃれなデザインが目を引きますよ。

また、表生地は中綿素材に、裏地はフリース素材になっているため、保温性が高く、手足カバーを使えば手足もしっかり温めてくれます。

さらにはフロントジップが裾まで開くため、着脱が簡単にできるのも嬉しいポイントです。

しっぽも付いてる防寒ちびねこポンチョ

暖かさとかわいさを兼ね備えたアウターであれば、「BabyGoose(ベビーグース)」のちびねこふわふわフード付きマントがおすすめです。

こちらは、表地はボア素材に、裏地はフリース素材になっているため、保温性が高く触り心地はふわふわです。また、ネコの耳や取り外し可能なしっぽが付いているため、ぬいぐるみのようにかわいいと人気をよんでいます。

また、赤ちゃんでも簡単に留めることができるユニバーサルデザインのボタンが使われていたり、活発な赤ちゃんでも動きやすいよう、袖口をスナップボタンで留めることができたりと、細かな配慮が施されています。

洗濯ネットに入れれば自宅の洗濯機で洗濯することもできるので、汚れても安心ですよ。

ポンポン付きフードがかわいいジャンパー

フードの先にポンポンが付いている中綿ジャンパーも、暖かさとかわいさを兼ね備えたアウターの一つです。柄デザインのものやフリルが付いたものなど、さまざまなデザインのものがありますよ。

中綿素材のジャンパーは保温性が高く風をとおさないため、寒い冬でも暖かく過ごすことができます。フードにファーが付いているデザインのものを選べば、より暖かいですね。

また、三角形のフードの先にポンポンが付いているため、赤ちゃんがフードをかぶるとまるで小人のようなかわいさになります。歩くたびにポンポンが揺れ、子どもらしいかわいさを演出してくれます。

男女ともに着ることができるデザインなので、兄弟姉妹でお揃いや色違いで着ると、よりかわいさが増しますよ。

まとめ

いかがでしたか?お出かけを快適にする冬のアウター選びのポイントや、成長に合わせたアウターの選び方などがおわかりいただけたのではないでしょうか。

赤ちゃんを連れて冬にお出かけをするのは億劫というママは少なくありませんよね。しかし、アウターの選び方によって着脱が簡単にできてママの手間が省けたり、赤ちゃんが快適に過ごすことができたりします。

ここでご紹介した内容を参考に、ぜひ冬も楽しくお出かけしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018