就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

お月見には子どもと歌をうたおう!知ればもっと楽しい由来と手遊び

お月見には子どもと歌をうたおう!知ればもっと楽しい由来と手遊び

秋の行事の一つである「お月見」は、保育園や幼稚園でもお団子を食べたり、お月見の歌をうたったり、子どもたちにもなじみのあるイベントです。しかし、お月見の由来ややり方となると、意外と知らないことも多いのではないでしょうか。今回はお月見の由来や、子どもと一緒にお月見を楽しめる遊びなどを紹介します。

お月見の由来と、お供え物の意味

月は感謝と祈りの対象。秋の収穫を祝う行事

現在の日本では、太陽の周期を元に1年の日数を決めた「太陽暦」で暦が決まっていますが、明治6年までは月の満ち欠けを基準にした「太陰暦」を使用していました。

古代から、農業や漁業に携わる人たちは月の満ち欠けのサイクルと植物の成長、潮の満ち引きが深く関係していることを経験から知っており、月をみて種まきや漁に行くタイミングを決めていたそうです。

なかでも、満月のころは作物が大きく成長する、魚がよく捕れるとされており、満月は豊作と豊漁の象徴でした。

このことから、1年のうちでもっとも月が美しく見え、さまざまな作物が収穫できる秋の満月に、1年の豊作を感謝し、来年の豊作を願う行事として、お月見が誕生したといわれています。

月見団子は月の象徴、ススキは稲穂の代わり

お月見といえば「月見団子」と「ススキ」を飾るイメージがありますが、そもそも、なぜ「団子」と「ススキ」なのでしょうか。

月見団子は「月の象徴」といわれています。古来より月は、満ち欠けを繰り返すことから「不死」の存在とされており、不死の存在である月を食べることで健康と幸せを願うというのが、月見団子の由来といわれています。

月見団子は鏡餅を飾るときなどに使う「三方」に乗せるのが正式な方法です。数は1年の月の数である12個が基本で、閏年は13個になるほか、十五夜であることから15個にすることもあります。

また、ススキは稲穂に似ていることから、まだ収穫できない米のかわりにお供えすることで、米の豊作を祈願するという意味があるそうです。

ちょっと悲しくて切ない月うさぎの伝説

昔から「月にはうさぎがいる」といいます。これは、うさぎ、キツネ、猿の3匹と、3匹から食べ物をもらおうとする老人が登場するインドの神話が元になっているといわれています。

3匹は老人のために、それぞれ食べ物を持ってくることにしました。キツネは川で魚を捕り、猿は木に登って木の実をとってきましたが、うさぎは何も持ってくることができませんでした。

そこでうさぎは「私を食べてください」といって火の中に飛び込み、自分の体を老人に捧げます。

実は、この老人は3匹の行いを試すためにやってきた帝釈天(たいしゃくてん)という神様でした。うさぎをかわいそうに思った帝釈天は、その姿を「自己犠牲の尊さ」を説くお手本として月に残すことにしたということです。

お月見にぴったりな子どもむけの歌三つ

文部省唱歌で満月にぴったり「月」

「出た出た月が」で始まる文部省唱歌「月」は、丸い月が夜空にぽっかりと浮かぶ情景をシンプルに表現した歌です。

「お盆のようにまん丸い月」が「墨のような真っ黒い雲に隠れた」など、自然の風景をお盆や墨といった身近な道具になぞらえて表現するところが子どもにも伝わりやすく、ままごとのようなユニークさにあふれていますね。

また、3番の歌詞では、2番で雲に隠れてしまった月が再び美しい姿を見せた喜びを、1番とよく似た歌詞で表現しています。何度見ても月は美しく、見えなくなってもいずれは姿を現すという「変わらない安心感」が伝わってきます。

大好きなママの顔が見え隠れする「いないいないばあ」のような、ドキドキ感と喜びを感じられそうな歌ですね。

月うさぎ伝説の後に。わらべうた「うさぎ」

「うさぎうさぎ何見てはねる十五夜お月様見てはねる」という、ごく短い歌詞のわらべうた「うさぎ」は、うさぎが楽しそうにはねてる姿をイメージすることが多いかもしれません。

しかし、火の中に飛び込んだ月うさぎの伝説の後に聞くと、はねているうさぎたちは、単に満月を喜んでいるのではなく、火に飛び込んだ仲間を悲しんではねているようにも感じられます。

曲調が少し物悲しいのも、うさぎたちが満月を喜んではねているのではなく、仲間のことを悲しみながらはねているのだと思うとなんとなく納得できますね。

短いからこそ、その背景にある物語や感情に考えを巡らせることができる、俳句や短歌と同じ「日本の美学」を感じさせる一曲です。

童謡「しょうじょうじのたぬきばやし」

証城寺というお寺でタヌキが楽しく腹鼓を「ぽんぽこ」と叩く情景を描いた童謡「しょうじょうじのたぬきばやし」は、千葉県木更津市に実在する「證誠寺」の「狸囃子伝説」を元にした歌です。

狸囃子伝説は、庭で楽しそうに腹鼓を打ちながら踊るタヌキを見た和尚さんが、自慢の三味線でお囃子を弾き始めると、タヌキも負けじと大きな音で腹鼓を打ち始めるという話です。

伝説は、がんばって腹鼓を打ちすぎたタヌキのお腹が破れてしまい、和尚さんが「狸塚」を作って供養するという形で終わりますが、歌詞では腹鼓を打っているところで終わっています。

秋の七草の一つである萩が花盛りという歌詞があることから、タヌキたちが楽しそうにお月見をしている雰囲気が感じられますね。

お月見をもっと盛り上げる年齢別手遊び歌

【0歳】グーでできる、だんごくっついた

お団子に見立てたグーを体にくっつけて「だんごだんごくっついた」と歌う手遊び「だんごくっついた」は、1歳未満の子どもでもできる「グー」を使い、ゆっくりしたテンポでできる簡単な手遊び歌です。

赤ちゃんが自分で手遊びをできない場合は、ママが自分の顔にグーをくっつけてもよいですし、赤ちゃんの体にくっつけて遊んでもよいですね。

また、ある程度大きくなってコミュニケーションが取れるようになったら、くっついたお団子をすぐに取ってしまうのではなく「なかなかとれない」の部分を長くする、取るのを手伝ってもらうなど、アレンジを加えてみてもよいでしょう。

取れないときのハラハラ感が高まるほど、お団子が取れた「あーあよかったね」で喜んでくれますよ。

【2歳】アレンジも簡単、うさぎさん

チョキにした手を動かす「うさぎさん」は、チョキができるようになる2歳ごろから年中の子ども向けの手遊びです。

子どもはチョキができるようになると「チョキができる」こと自体が嬉しく、じゃんけんでもチョキばかりを出す「チョキブーム」になることがあります。「うさぎさん」の手遊びは、そんなチョキブームの子どもには、まさにうってつけですね。

うさぎの耳に見立てたチョキの指先を小さく動かすなど、指先や手の発達に役立つ動きも取り入れられているほか、動きを早くする、ゆっくりにすることで発達の段階に合わせて遊ぶことができます。

また、うさぎのほかにキツネを登場させるなど、アレンジをして楽しむこともできますよ。

【4歳】定番手遊び、十五夜さんのもちつき

向かい合わせに座って歌いながら手拍子を打つ「十五夜さんのもちつき」は、歌と手拍子でリズムを取る、相手の動きに合わせて動くなど、やや複雑な要素が入った手遊びです。

そのため、3歳までの子どもには少し難しいのですが、「片足で立ちながらジャンプする」「歌いながら絵を描く」など、複数の動作を同時に行えるようになる4歳ごろの子どもの発達に役立ちます。

うまくできないうちはテンポをゆっくりにするなど、少し簡単にしてもよいですね。逆に、うまくなったらテンポを早くするなど、難しくしてみるとよいでしょう。

また、拍子をとる役とお餅をこねる役がありますが、お餅をこねる役の方は動きが複雑なので、最初はママがお手本を見せるとよいですね。

まとめ

日本古来から伝わる行事でありながら、何をすればよいかわからないことが多い「お月見」ですが、今年は月見団子やススキを飾るだけではなく、手遊びや歌を取り入れてお月見を楽しんでみてはどうでしょうか。

お月様とうさぎ、キツネ、タヌキといった動物をテーマにした絵本や紙芝居もありますので、読み聞かせるのもよいかもしれません。

また、お団子の粉と砂糖があればお団子は簡単に作ることができるので、子どもと一緒に月見団子を作るのもおすすめです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018