就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児のへその緒の消毒はいつまで?とれた後のケアや保管方法を紹介

新生児のへその緒の消毒はいつまで?とれた後のケアや保管方法を紹介

赤ちゃんとママをつないでいたへその緒。出産直後の新生児のおへそにはまだへその緒がついていますので、きれいにとれるまでは気になりますね。へその緒の消毒方法や注意点、消毒をする期間、へその緒がとれるまでなど、へその緒に関することをまとめてみました。素敵な思い出になるへその緒をきれいに保管しましょう。

新生児のへその緒の消毒方法と注意点

へその緒の基本の消毒方法

出産直後の新生児のおへそにへその緒がついているのを見て驚きませんでしたか?いつになったらきれいなおへそになるんだろうと気になりますね。

へその緒は清潔にしていればきれいにとれますので、毎日忘れずに消毒をしましょう。基本的な方法は、1日1回程度、消毒をつけた綿棒でへその緒のまわりをやさしく拭きます。

消毒後はしっかりと乾燥させましょう。体が清潔になった沐浴の後に習慣づけて行うと忘れずにできておすすめです。病院での沐浴指導のときにへその緒の消毒の仕方も一緒に教えてもらえますよ。

消毒は、市販されているアルコール消毒液を使用します。ドラッグストアでも売っていますので、ママが用意しやすいところで準備しましょう。

へその緒を消毒するときの注意点

新生児のお腹にくっついているへその緒は、赤黒く少し痛々しく見えますね。ママがこわごわ消毒し、きちんと清潔が保てていないと、へその緒から細菌に感染する恐れがあります。

へその緒はかさぶたのような働きをしていますので、少しの刺激で出血することもあるかもしれません。決して慌てずに、殺菌されたガーゼを軽く押し当てて止血しましょう。5分ほどで血が止まったらそれで大丈夫ですが、止まらないようでしたら病院で診てもらいましょう。

また、ときどきアルコールで肌が荒れてしまう子もいますので、アルコール消毒をして肌が変化しないか確認するとよいですね。もし、肌が赤くなったり荒れてきた場合は、ほかの方法を病院で教えてもらいましょう。

うみがでたら病院を受診しよう

へその緒の付け根からジュクジュクした液が出ていませんか?へその緒の付け根が乾燥していればよいのですが、ジュクジュクしている場合は、消毒をきちんとしないと危険です。ジュクジュクした部分が、細菌に感染してしまうとそこがうんでしまう危険性があるのです。

うみのような黄色い液体が出ていたら、病院に行って診てもらいましょう。同時に、おへそから臭いにおいがしてきたときも、気を付けてくださいね。化膿して臭くなることもあるのです。

うみがでても、すぐに処置してもらえば心配することはありません。どうすればよいのか自分で判断するのが難しいときも、まずは病院を受診してみましょう。ママが判断するのも難しいですよね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

へその緒の消毒はいつまで続けるの?

へその緒が乾燥してとれるまで続けよう

へその緒の消毒はいつまでするのか気になりますね。へその緒は早い子で1~2週間、遅い子でも2~3週間すると乾燥してポロッととれます。

へその緒は「臍帯」といって、ママのお腹の中に赤ちゃんがいるときは、ママから血液や酸素などの栄養を送っていた大切なパイプになります。赤ちゃんがママのお腹の外に出た瞬間に、必要がなくなって切るのですが、その一部がおへそについて残るのです。

へその緒はもう用のないものになりますが、おへそに残ったへその緒はまだ赤ちゃんとはつながっていますから、外部からの細菌やばい菌が赤ちゃんの中に入らないように、消毒をして清潔に保つ必要があるのです。

消毒をしすぎても、へその緒に刺激が強すぎてよくないといわれています。毎日1回程度、忘れずに継続することが大切なのです。

早くとれるのがよいわけではありませんので、無理にとろうとはせずに自然にとれるまで待ちましょう。それまでは、へその緒の消毒は続けましょうね。

へその緒の周辺を消毒しながら、おへそから血は出ていないか、うみは出ていないかを見てあげましょうね。

へその緒がとれても数日は消毒しよう

ようやくへその緒がとれて安心しているママもいるでしょうが、へその緒がとれてからも消毒はしばらくは続けましょう。へその緒がとれたおへその部分は、細菌に感染しやすくなっています。そこからばい菌が入って、うんでしまっては大変です。

へその緒がとれた後も消毒のしかたは同じです。1日1回程度、消毒をつけた綿棒で優しくなでるように消毒してあげましょう。

汚れがついていた場合、無理やりゴシゴシするとおへそを傷つけてしまう可能性もありますので、水分を含ませた綿棒で優しく拭いてあげましょう。その後にしっかりと乾燥させるのも忘れないでくださいね。

へその緒がとれてからしばらく消毒し、おへそが乾燥しているようであれば、消毒をやめてもよいですね。ただ、ママが判断するのが不安であれば、赤ちゃんの1カ月健診までは続けて先生に診てもらいましょう。

赤ちゃんのおへその状態も診てもらい、先生が大丈夫といったら消毒するのをやめる方が安心かもしれませんね。自分で判断するのが難しいものは、専門家に聞くのが一番安心です。

へその緒がとれた後もおへそを観察しよう

出血やうみがでる場合について

「ようやくへその緒がとれたと思ったら、血が出てきた」となったら心配ですよね。もともとへその緒は赤ちゃんとママをつないで酸素や血液を送っていたものですよね。

へその緒に血管が通っていて閉じていませんので、血は出やすいのです。そのため、へその緒がとれた後もおへそは観察しながら、消毒を続ける必要があるのです。

黄色で臭い液が出ている場合は、うみが出ている可能性が高くなりますから、継続して消毒を続けましょう。しっかりと乾燥をさせることも忘れないようにして、おへそを清潔に保ちましょう。

出血やうみが消毒を続けることで止まれば大丈夫ですが、なかなか止まらない場合は病院で診てもらいましょう。抗生物質など薬を処方してくれる場合もあります。

新生児の臍炎、臍肉芽腫について

おへそからの出血やうみがでる場合、臍炎(さいえん)や臍肉芽腫(さいにくげしゅ)という病気の可能性が出てきます。

臍炎は、おへそに細菌が入って炎症を起こしている状態をいいます。へその緒がとれてすぐの時期にかかりやすいものです。臍炎にかかると臭いうみが出て、痛みもともないますので、赤ちゃんがぐずることが多くなります。

この臍炎を放っておいて悪化させると臍肉芽腫になる可能性もあります。へその緒がとれたときに残った組織が盛り上がることでなる可能性もあり、おへそが膿んだようになり赤やピンク色の肉の盛り上がりができるのです。

どちらもおへそに消毒をし、薬を塗って治療しますが、臍肉芽腫は臍肉芽を焼き切る必要がありますから、早めに病院で診てもらいましょう。
40 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC