就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

園外保育について知ろう!安全管理の方法やお弁当のポイント

園外保育について知ろう!安全管理の方法やお弁当のポイント

子どもたちが楽しみにしている園外保育、家でも準備や伝えておきたいことなどできることがあれば、やっておきたいと思っているパパやママは多いでしょう。そこで、園外保育の目的、園外保育で事故を起こさないためにできること、園外保育のお弁当作りのコツなどを紹介します。

園外保育の目的とどこに行くのかを知ろう

園外保育って一体何をするの?その目的とは

保育園や幼稚園では園内で過ごす保育とは別に、保育園や幼稚園の外に出て保育を行うことがありますね。これを「園外保育」といいます。園外保育を実施していない保育園や幼稚園もありますが、行っている保育園や幼稚園のほうが多いようですよ。

園外保育の最大の目的は、子どもたちの興味の幅を広げるお手伝いをすることです。子どもたちが直接、外の世界を見て、触れて、感じて、興味を持って行動するきっかけになるように行うのが、園外保育です。子どもたちの感性を伸ばすきっかけ作りですね。

園外保育によって社会性も身につけることも目的の一つですね。社会のルールや交通ルール、挨拶の大切さなどを、先生方をお手本として学んでいきます。

遠足などの行事で外に行く場合の行き先

園外保育に遠足などの行事で行く場合の行き先は、さまざまですね。代表的な園外保育の行き先として挙げられるのは、動物園や水族館、植物園などです。

本物を見て、触れて、楽しめる行き先で、バスを使って移動することが多いでしょう。バスの中での歌やクイズなども園外保育ならではの楽しみですね。

消防署や工場に行く場合もあります。働いている人の様子や物ができ上がる工程などを見学します。音楽の鑑賞や演劇の鑑賞にコンサート会場や劇場に行く場合もありますね。本物を見て、感じて、さらに音楽や演劇に興味をもってもらうのがねらいですね。

家族で行ったことがある場所が多いでしょうが、保育園や幼稚園のお友達や先生と行くことでさらに多くの刺激を受けることができます。

日常活動としての園外保育!お散歩の目的

保育園や幼稚園の周りをお散歩するのも園外保育です。お弁当を持って、バスに乗って出かけることだけが園外保育ではありませんよ。

お友だちと手をつないで、近くの公園に行ったり、近所を歩いたりして、子どもたちは外の世界と触れ、いろいろな発見を通して興味を広げていきます。いつも歩いているコースでも、毎日違う景色になるものです。

季節や時間、天気、気温などの感覚も園外保育をとおして学べるとよいですね。散歩は交通ルールを学ぶよい機会です。先生やお友達とよく確認し合いながら、道路を歩いてほしいですね。

地域の方とのコミュニケーションも重要になってきます。子どもの元気な挨拶はとても大切ですよ。家でも交通ルールや挨拶についてはよく確認しましょうね。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

事故を防ぐことが大切!園外保育の安全管理

前もって園外保育で行く場所を下見しておく

とくに初めての園外保育は心配に思っているパパやママは多いですよね。なにか困らないか、お友達に迷惑をかけないかなど、気になります。

保育園や幼稚園でも、いきなり園外保育に出かけたりせずに、事前学習をするところがほとんどです。でも、園外保育に行く場所に、行ったことがある子どもとそうでない子どもとでは、パパやママ、子どもも安心感は違ってきます。そこで心配ならば下見をしておきましょう。

遠足に行くならば、先生方は教えてくれるでしょうが、トイレの場所を教えておくと安心ですよね。散歩の場合は危険な場所を知らせておきたいものです。

楽しいポイントも教えておきたいところですが、いろいろなことを教えすぎてしまうと、新鮮味がなくなってしまうかもしれませんよ。

安全に目的地に行くために気を付けたいこと

パパやママはとにかく無事に目的地について、帰ってきてほしいと思っているでしょう。園外保育で安全に目的地に行くために、家でどんなことを教えればよいでしょうか?

遠足ならば、バスや電車での移動になることが多いですね。家でも、バスや電車の乗り方やマナーなどは普段から教えておくとよいでしょう。

散歩に行く場合は、交通ルールを守ることはもちろん、先生の話しをよく聞く、お友達とふざけたりしないなど、周りに迷惑をかけないようにすることをよく伝えましょう。

園外保育に行くとなると、いつもよりテンション高めで朝からはしゃいでしまう子どもが多いですね。疲れて体調が悪くなってしまったなどということがないように、家での体調管理はしっかりしましょう。

到着した後も子どもたちの安全第一!

目的地に到着したら、遊びたくてウズウズしてしまう子どもは多いですね。でも、先生のお話をよく聞いて、行動のルールを確認することが重要です。

先生方に、危険な場所、入ってはいけない場所には絶対に行かないようにいわれるでしょう。子どもには、なにがなんでも守るようによくいい聞かせておきましょうね。

先生は必ず全体を見渡せる場所に1人はいてくれるでしょう。そしてほかの先生方と連携して、すべての子どもたちに目を配ってくれます。

でも、ちょっと目を離した隙に…ということがあります。迷子になって周りに迷惑をかけないよう、常に先生やお友達と行動するように伝えましょう。

園外保育だけでなく、家族で出かけたときもさまざまなルールについて確認するようにしたいものです。

園外保育のお弁当、二つのポイント

子どもが食べやすいお弁当にする

お弁当が必要な園外保育ですと、どんなお弁当にしようかといつも悩んでしまうパパやママは多いでしょう。では、園外保育のお弁当はどんな点に気をつけて作ればよいのでしょうか?

園外保育では、保育園や幼稚園の教室で椅子に座って、机で食べる安定感はあまりないかもしれないですね。いつもならば上手に食べられるお弁当も園外保育では食べにくいこともあります。

ですので、手づかみで食べられるおにぎりやサンドイッチがいいですね。からあげやミートボールのおかずはもちろん、おにぎりやサンドイッチも、一口サイズにしておくとよいですよ。

かわいいお弁当は食欲がわくものです。お弁当も楽しい園外保育の思い出になるようなものを作りたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事