就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の汗はいつから?汗をかいたときや肌トラブルの対処法

新生児の汗はいつから?汗をかいたときや肌トラブルの対処法

赤ちゃんは汗をたくさんかくといいますが、生まれてすぐに汗をかくのでしょうか?また、たくさんの汗をかいたときにケアする方法や、肌トラブルを未然に防ぐ方法も気になりますよね。ここではママに役立つ、赤ちゃんの汗に関することをまとめてあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

新生児は汗はかいても体温調節はできない

汗をかきはじめる時期とかく汗の量

赤ちゃんはいつから汗をかきはじめるのでしょうか。実は、生まれてすぐの赤ちゃんは、汗の分泌機能が未発達なので汗をかきません。

生後1週間くらいで少しずつ発汗がはじまります。そして、生後1カ月の新生児期が終わる頃には、大人と同じように汗が分泌されるようになります。

その後、赤ちゃんはたくさん汗をかきますが、これは体が小さいのに汗腺が大人と同じ数だけあるためです。赤ちゃんが汗っかきだといわれるのは、このような理由があったのですね。

また、赤ちゃんが生まれた季節によっても汗をかく量に差があり、暑い時期に生まれた赤ちゃんは通常より汗をかきやすいようです。大人以上に気を使い、汗のケアをしてあげる必要性がありそうですね。

とくに汗をかきやすいところ

汗腺の分布は均一ではなく、手足に多いといわれています。しかし、赤ちゃんの場合、汗をかきやすい部分が手足というわけではありません。

赤ちゃんが汗をかきやすい部分は、あごから首にかけてのくびれ、首の後ろ、脇の下、手首、太もものつけ根、ひざの裏、などの皮膚が合わさって密着している部分です。しかも、かいた汗がなかなか乾燥しないので炎症やあせもがおきやすい部分でもあります。

ほかには、布団と密着する背中や、汗が入りやすいおへそも汗をかきやすい部分です。こまめに触って汗をかいていないかチェックしてあげるとよいでしょう。

また、頭は大切な脳を熱から守るために汗をかきやすいといわれます。汗をかいていたらガーゼなどで優しく拭いてあげてくださいね。

まだ汗で体温調節はできない

生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節を行う自律神経の働きが未発達なので、汗などで体温の調節をすることが難しいといわれます。外気の温度に体温が影響されやすいので、部屋の温度は夏は24~28℃、冬は21~22℃前後にするように心がけてくださいね。

体温調節ができるようになるのは、赤ちゃんが活発に動けるようになる生後8カ月ごろからだといわれます。そこから少しずつ体温調節機能が発達していきますが、赤ちゃんは大人に比べて体が小さく、自力での調整が難しいので、2歳くらいまでは温度管理に気をつけてあげましょう。

体温調節は、代謝量が増えることや脳の発達によりだんだんとできるようになります。それまではママが赤ちゃんをよく観察し、調整することが大切です。

新生児が暑がっているときの見分け方と対処法

暑がっているかどうかの見分け方

まだ自力で体温調節ができない赤ちゃんのために、ママが体温調節をしてあげましょう。暑がっているかどうかを見分ける方法をご紹介します。

赤ちゃんの体を触り、体温をチェックする方法が簡単でわかりやすく、おすすめです。背中やお腹、脇の下などを触ってみて、汗をかいていたら暑がっている可能性が高いでしょう。

また、手足が温かかったり、顔が赤くなったりしているときも暑がっている可能性があります。ただし、手足や顔は眠いときにも温かくなるため、様子をみて判断してくださいね。

背中やお腹、脇の下などのチェックと、顔色や手足のチェックを両方行うことで、暑がっているかどうかがわかりやすくなります。気になったときは、赤ちゃんをこまめに触ってみてくださいね。

洋服や布団で調整する

もしも赤ちゃんが暑がっていたら、洋服や布団で調整をしましょう。赤ちゃんの体が汗ばんでいたら、一度肌着なども新しいものに替えてから、薄着にしてあげるとよいでしょう。

また、夜寝ているときは汗をかきやすいので、暑がっていたらパジャマも薄手にしてあげてくださいね。寝具にも気を使ってあげるとよいですよ。

赤ちゃんは体温が高く汗をかきやすいので、暑がると布団をはいでしまいます。その場合は、布団を軽めのダウン素材にしたり、タオルケットやバスタオルなどの薄くて汗を吸いやすいものに変えたりしてあげましょう。

どうしても布団をはいでしまうときは腹巻などを使い、お腹などの大事な部分を冷えから守る方法もおすすめです。

エアコンを利用して快適な温度に

体温調節が苦手な赤ちゃんのために、夏は室温が24~28℃になるように調整をしてあげてくださいね。エアコンの風が直接赤ちゃんの体に当たると冷えすぎてしまうため、赤ちゃんをエアコンの風が当たるところにいさせないようにしましょう。

可能であれば、赤ちゃんがいない部屋でエアコンをつけて、サーキュレーターや扇風機で循環させるとよいですよ。また、夏は1日の大半をエアコンがついた部屋で過ごすことになると思いますが、赤ちゃんの体温調節機能を育てるためにも、汗をかく時間も作るようにしましょう。

無理に暑いところに行く必要はないので、涼しい時間に散歩をしたり、入浴したりするだけでも大丈夫です。赤ちゃんの様子をみながら適度に刺激を与えてあげてくださいね。

新生児が汗をかいたときの対処法

濡れたままにしないで着替えさせる

赤ちゃんが汗をかき、肌着や服が濡れてしまうことも多いと思います。濡れてしまったままにしておくと体を冷やしたり、あせもや肌荒れの原因にもなりますので、こまめに着替えさせるようにしましょう。

また、赤ちゃんが寝ているときに汗をかき、パジャマが汗で濡れていたら着替えさせましょう。なるべく起こさないように、新しい服を広げて準備しておき、素早く着替えさせてあげるとよいですよ。

服以外にも枕やシーツが湿っていることもあります。新しいものに変えるのが一番よいですが、夜中であったりするとママも大変なので、乾いたタオルやガーゼを枕やシーツの上に敷いて応急処置をする方法もおすすめです。

汗で湿った枕カバーなどは翌朝に洗濯してあげてくださいね。

汗をこまめに拭いてあげる

赤ちゃんの汗を放っておくと冷えや肌荒れの原因になってしまうので、赤ちゃんが汗をかいていたらこまめに拭いてあげましょう。また、赤ちゃんの肌は繊細で傷つきやすいので、拭き方にも注意が必要です。

大人用のタオルなどでゴシゴシ拭いてしまうと肌を痛めてしまうので、ガーゼを濡らして赤ちゃんの肌に優しく押し当てるようにして拭いてあげてくださいね。もしも大量に汗をかいているようであれば、一度シャワーで流してからバスタオルで包むように拭いてあげる方法もよいですよ。

汗を拭いたあとは肌が乾燥しやすいので、保湿ケアも忘れないようにしましょう。保湿ケア用品をポンプタイプなどに変えると、ケアが少し楽になりますのでおすすめです。

毎日お風呂で汗をきれいに洗う

赤ちゃんは大量に汗をかきますので、毎日のお風呂で肌を清潔に保ってあげましょう。基本は1日に1回の入浴でよいですが、夏場などは1日に2回程度入れてあげると清潔に保ちやすいですよ。

新生児期の赤ちゃんは首もすわっておらず不安定なので、沐浴のスタイルが安心です。この時期はおしっこやうんちの回数も多いので、体全体をきれいにしてあげましょう。

赤ちゃんが大きくなって首もしっかりしてくると、シャワーを使いやすくなります。日中に汗をかいたらシャワーでサッと流してあげてから着替えをするとよいですよ。

1日に数回、沐浴やシャワーで体を洗うときは毎回石けんを使う必要はありません。入浴が終わったあとは、毎回保湿をして乾燥から守ってあげてくださいね。

新生児の汗対策に使えるグッズと代用品

布団の寝汗対策にバスタオルを敷く

赤ちゃんは寝汗をたくさんかきます。特に背中などは敷布団と密着しているため、熱がこもりやすいものです。

新生児期はまだ寝返りもできないので、汗で湿気がこもりやすいといえます。赤ちゃんが快適に眠れるように、寝具に工夫をするとよいですよ。

夏場は敷布団に冷感シートや冷感シーツなどを敷いて温度を下げてあげると快適さを保てます。または、家にあるバスタオルをシーツ代わりに敷く方法もおすすめです。

バスタオルは汗を吸いやすく、肌触りもよいのでシーツ代わりにうってつけです。汗をかいていたら新しいものに変えやすく洗濯もこまめにできるので、使いやすいですよ。

赤ちゃん用に使わなくなってもバスタオルとして利用できるので、経済的にもよいですね。

背中の汗には汗取りパッドを使う

赤ちゃんが汗をかきやすい背中。汗をかくたびに毎回着替えをするのは大変というママには、汗取りパッドがおすすめです。

汗取りパッドとは、下着と背中の間に挟んで汗を吸収させるパッドのことです。素材はガーゼのような優しい肌触りのものが多いのが特徴です。

汗取りパッドは日中はもちろんのこと、抜き差しが簡単なので寝ているときの寝汗対策としても使えます。また、ママが赤ちゃんの着替えに慣れていない新生児期にも、汗取りパッドは簡単に装着できるので便利ですよ。

市販の汗取りパッドはうさぎの耳や天使の羽がついている可愛いデザインのものが多いので、汗対策をしながら可愛らしい赤ちゃんの姿が見られて癒されますよ。プレゼントにもおすすめです。

汗取りパッドを代用品や手作りで

汗取りパッドは市販のものを購入しなくても代用品を使ったり、手作りしたりすることもできます。代用品として使えるのはガーゼやハンドタオルといった赤ちゃんの肌に優しく吸水性がよいものです。

赤ちゃんの体に合うように小さめのものを使うとよいかもしれませんね。また、汗取りパッドを手作りするときも、ガーゼやタオルなどの素材を使うとよいですよ。

手作りする方法は赤ちゃんの背中に合わせた型紙を作り、その形に合わせて素材を切り、縫い合わせるだけなので簡単です。手作りが得意なママは好みの素材やデザインで作ってみると楽しいかもしれませんね。

ネットで検索すると型紙の通販やデザインを紹介しているサイトがたくさんヒットしますので、興味のある方は調べてみてくださいね。

新生児の汗でおこる肌トラブルと対処法

あせもの症状とできやすいところ

「あせも」は汗が原因でできる吹き出物です。赤ちゃんは大人と比べて汗をかきやすく、あせもができやすいので、しっかり対策をしてあげましょう。

あせもの症状には種類があり、赤い湿疹の紅色汗疹(こうしょくかんしん)が一般的で、かゆみをともないます。また、新生児期には水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれる、かゆみがほとんどない白っぽいあせもができることもあります。

あせもは新生児から生後2カ月くらいまでの、ねんねの赤ちゃんにできることが多いといわれます。汗をかきやすく蒸れやすい部分にできることが多いので、具体的には額、首、腕、股、おむつのウエスト部分、背中などにできやすくなります。

これらの部分をよく見て、あせもを防いであげましょう。

自宅でできるあせもの対処法

あせもの状態が軽度であれば自宅のケアだけで様子をみてもよいでしょう。ただし、あせもの数が多いときや、かゆみが強そうなときは、小児科や皮膚科で診てもらってくださいね。

あせもができてしまったときは、部屋の温度や湿度を見直し、快適に過ごせるようにしましょう。赤ちゃんが着る肌着も、通気性がよく肌に優しい素材を選んでくださいね。

軽度のあせもの場合は桃の葉やアロエのエキスが入ったローションを使うことでよくなることもあります。お風呂やシャワーで清潔にした後の保湿ケアとして使うとよいですよ。

また、市販の薬を使う場合は、薬局で薬剤師に相談し、ステロイドが入っていないものを選びましょう。あせもは掻くと周りに広がりやすいので、早めのケアを心がけてくださいね。

あせもを予防するケアの仕方

あせもの予防をするためには日々の入浴が大切です。赤ちゃんの肌が傷つかないようにせっけんを泡立てて優しくしっかりと洗い、よくすすぎましょう。

すすぎをシャワーでしっかりと行っても、洗浄剤はどうしても落としきれず、微量が体に残ってしまいます。できれば体を洗ったあとは湯船に入って、洗浄剤を落とし切ることをおすすめします。

お風呂から出たあとは保湿ケアも行いましょう。肌の乾燥を防ぐことでバリア機能が高まるので、あせもができにくくなりますよ。

保湿ケア用品は、高保湿のものからさっぱりタイプなど、色々なタイプが売られています。肌のタイプは赤ちゃんにより異なりますので、その子の肌に合うものを選んであげてくださいね。

まとめ

赤ちゃんは大人よりもたくさん汗をかきます。体が小さい分、汗による影響を受けやすいので、快適に過ごせるようにしっかりとケアをしてあげましょう。

室温や赤ちゃんの服装の調整、寝具の工夫など色々と気を使う部分が多いですが、汗によるトラブルを防ぐためにも、こまめに様子をみてあげてくださいね。

対策が万全でも肌トラブルなどがおこることはありますが、早めにケアしてあげることで軽度ですみます。

日々の入浴や保湿などを気をつけながら、赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018