就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

こどもの日の折り紙やお部屋の飾り作りにチャレンジしてみよう!

こどもの日の折り紙やお部屋の飾り作りにチャレンジしてみよう!

元々、端午の節句は、女性が主役の行事だったようです。その後、武士が台頭し、「菖蒲」と「尚武・勝負」が結びつき男児の誕生や成長を祝う行事になりました。お祝いをして子どもが楽しんでくれるのは、小さいときだけかもしれません。それならその大事な年代を手作りで楽しんでみてはいかがでしょうか?

こどもの日の定番折り紙を作ってみよう

大きな紙や新聞紙でかぶれる兜作り

こどもの日の定番といえば、鯉のぼりと兜ですね。立派な人形や兜も素敵ですが、せっかく買ったものを壊されると大変です。おじいちゃん、おばあちゃんのプレゼントであればなおさら、パパもママも真っ青です。

でも子どもは、触って遊んでみたいものです。そこで、代用品で子どもの気を引いてみましょう。包装紙や新聞紙などで兜を作って子どもにかぶらせるのです。親子で作れば子どもにも楽しい思い出として残るでしょう。

材料は、正方形の紙のみ。新聞紙などで大きなものを作る場合は、クリップなど、軽く留めておけるものがあると便利です。

兜なら、はさみも使いませんし、小さい子どもでも安全です。兜にも定番のものや変わったものもありますので、お好みで作ってはいかがでしょうか。

新聞紙 かぶとの折り方【簡単 おりがみの折り方】Helmet origami

簡単!楽しい!折り紙の折り方をお届けする【折り紙の折り方チャンネル】です。
お子さまやお孫様と!親子で、ご家族で楽しい、おりがみの作り方をお伝えします。

季節の折り紙や、キャラクター作品。折鶴や、くす玉などの伝承おりがみ。
かわいい動物や昆虫から、おもしろい折り紙まで、さまざまな作品を紹介していきます。
こちらの記事には折り紙を使った兜の折り方をご紹介しています。良かったら参考ください、記事の最後の方にあります。

形いろいろな鯉のぼりを作ろう

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

兜の次は鯉のぼりです。鯉のぼりがあるのとないのとでは、こどもの日という気分が全く違ってくると思います。そこで、折り紙や鯉のぼりにできそうな包装紙、または、模造紙などを選んで、手作りの鯉のぼりを折ってみましょう。

作りたい数、形、色を考えて、それに合った正方形の紙を用意してください。鯉のぼりだけでなく、吹き流しも作ってもよいですね。画用紙を用意して、子どもに空と竿の絵を描いてもらいます。その上に鯉のぼりを貼りつけ、空に泳ぐ鯉という感じにしても変わった鯉のぼりになってよい気がします。

そして肝心な目や鱗は、子どもに書いてもらうと子どもも自分が作った鯉のぼりという実感が出て、愛着が増すのではないでしょうか。

折り紙 鯉のぼりの折り方 Origami Koinobori

折り紙で親子のコミュニケーションづくり^^
お子様の指先の発達に!
脳の活性化、アンチエイジング、指先のトレーニングに!

クルクル回る風車やあやめを折ってみよう

子どもは、クルクル回ったり、動いたりするものが好きですよね。風車に息を吹きかけて、フーフーするだけで喜ぶものです。自分で息を吹きかけて早く回せるようになったときの嬉しそうな顔は、かわいいものです。

風車には、立体のものも平面のものもありますので、どちらでもよいと思いますが、クルクル回るのを重視するなら立体かもしれませんね。

そして、こどもの日の花といえば、あやめです。あやめも折り紙で作ることができます。あやめと一緒に葉っぱなども作るとますます花らしくなりますね。

ただ、風車もあやめもストローなどの軸をつけるので、小さい子どもだけで遊ばせるのではなく、パパ、ママの目が行き届くところで持たせるようにしましょう。

遊べる風車(かざぐるま)の作り方★クルクル回って楽しいよ♪

折り紙を使って、クルクル回る風車を作ってみました。
持って歩いたり、息を吹きかけて遊んでください♪

子どもと一緒に折ったり貼ったりしてみよう

パーティー折り紙でお部屋を飾りつけよう

クリスマスでもお誕生日会でも、部屋を飾り付けてパーティーをすると子どもは喜びますよね。はさみを使える年齢なら一緒に飾り付けを作って飾ることもできます。

壁に飾るのなら立体的なものではなく、簡単な平面的な折り紙で作ったものでも十分素敵だと思います。折り紙で作った鯉のぼりや風車、柏餅、あやめ、兜など定番なものでもよいですし、子ども自身にこどもの日にちなんだ絵を描いてもらって飾るというのもよい手だと思います。

折り紙は、毎年同じようになったとしても、そこにその年々で子どもに絵を描いてもらうことでその子の成長が分かりますし、親としても昨年より上手になっているなと感動することになるのではないでしょうか。

目で見て楽しい!モビールを作ってみよう

折り紙で簡単な飾りを作ったあとは、少し凝った飾り付けはいかがでしょうか?モビールという飾りがありますが、モビールとは、天秤のような形を組み合わせたものを吊るして飾るものです。でも、そこまで難しく考えなくても、一直線につなげて吊るすだけでも十分飾りとして綺麗だと思います。

【材料】
・折り紙や色画用紙
・はさみ、カッターナイフ
・糸
・セロハンテープ
・のり
・マジックやボールペン
・必要に応じて割りばしや竹ひご、適当な棒など
・カッティングボードや段ボールなど

これだけあれば、あとは子どもが好きなお花や形、生き物などを考えて作ってみるだけです。色とりどりの飾り付けができれば、それだけで華やかな部屋になって気分も上がってきますよね。

箸袋や箸置きを作って食卓を華やかに

お祝いには、食事がつきものですよね。次は、食事のときにも見た目でニッコリしてしまうような箸袋や箸置きを作ってみましょう。

これも、こどもの日にちなんだものにすると素敵ですね。鯉のぼりや兜、あやめの箸袋、箸置きなどがテーブルにあれば、子どもも喜んで食事をしてくれそうです。

どれも折り紙1枚ずつで作れますので、色、柄を統一するのもよいですし、1人1人色を分けるのもよいですね。お客様が大勢なら、子供用と大人用、男の子用と女の子用に分けるのもよいかもしれません。

鯉のぼりやあやめは色紙にしたり、兜は、和風な千代紙などにするとまた違った感じになって、雰囲気も変わってくると思います。部屋の飾り付けの様子に合わせて選ぶと統一感が出ますよ。
34 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND