就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後2カ月の赤ちゃんについて知ろう!かわいい成長と子育てまめ知識

生後2カ月の赤ちゃんについて知ろう!かわいい成長と子育てまめ知識

初めて出産したママは「もうすぐ赤ちゃんが2カ月になるけれど、ちゃんと成長しているのか不安」「ほかのママたちは、2カ月の赤ちゃんとお家でどのように過ごしているの?」など、分からないことが多く不安になる方が多いですよね。ここでは、ママの不安がなくなるように、2カ月ごろの赤ちゃんについてご紹介します。

目次

生後2カ月の赤ちゃんの発育の様子を知ろう

男の子と女の子の身長と体重の違いとは

初めての出産で育児経験がないと、2カ月の赤ちゃんは平均的にどのくらいの大きさなのかが分かりづらいですよね。また同じ生後2カ月でも「男の子と女の子では、大きさに違いがあるの?」と、性別で体の大きさが違うのかも気になっている方がいるでしょう。

生後2カ月の男の子の場合は、身長が54~63cmくらい、体重は4.5~7kgくらいが平均的です。女の子の場合は、身長が53~61cmくらい、体重は4~6.5kgくらいが目安ですよ。

生まれたときの体の大きさによっても違いがありますが、生後2カ月ごろでも男の子のほうが女の子に比べると少し大きいことが分かりますよね。あまり数字にとらわれずに、体が成長し続けているかを確認することが大切でしょう。

生後2カ月は睡眠のリズムが整ってくる

新生児のころは大人のように夜に寝て朝起きるという睡眠のリズムが整っておらず、頻繁に赤ちゃんが起きて泣いていることでしょう。生後2カ月ごろになると少しずつ睡眠のリズムが整ってくるため、お世話のタイミングを予測しやすくなりますよ。

新生児のころは体の機能がまだまだ未熟で、体力もないので眠っている時間は長くても、眠りは浅い状態です。2カ月ごろになると体が成長し徐々に体力がついてくるので、深く眠れるようになり日中に起きる時間も少しずつ長くなっていきます。

睡眠のリズムが整ってくれるとママも赤ちゃんと一緒にお昼寝したり、寝ているあいだに家事を進めたりなど、赤ちゃんから手が離れる時間がとれて嬉しいですよね。

ぽっちゃりした体で運動機能がぐんと発達

生後2カ月ごろまでは、おっぱいやミルクをたくさん飲んでいても運動量が少ないので、赤ちゃんの体は生まれたころに比べるとぽっちゃりしてきますよね。生まれたときは「細すぎて抱っこするのが怖い」と思っていた赤ちゃんでも、生後2カ月ごろになると骨が目立たないくらい丸くなる子もいますよ。

体に脂肪がついてくると、赤ちゃんを抱っこしやすくなるでしょう。体がしっかりしてくるとお世話もしやすくなるので、パパも怖がらずに育児に参加できそうですね。

また、この時期になると運動機能が発達し、手足をバタバタとたくさん動かして遊ぶようになります。筋力がついてくるので、手足だけでなく首を左右に動かせるように成長していきますよ。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

生後2カ月の赤ちゃんの心の発達を知ろう

あやすとかわいい笑顔を見せてくれる

赤ちゃんは体がすくすくと大きくなるだけでなく、心も日々発達していきます。生後2カ月ごろになると、パパやママがあやすと赤ちゃんが笑顔を見せてくれることが増えてくるでしょう。

新生児のころにも笑顔を見せてくれることはありますが、その時期の笑顔は嬉しい、楽しいといった感情を表すものではなく、生理的微笑で自分を守るために反射的に笑顔になっているといわれています。成長していくにつれてパパやママの声に反応するように笑ったり、抱っこして気持ちがよいときに笑顔になったりなど、社会的微笑へと変化していきますよ。

自分たちの声に反応して笑顔を見せてくれると、幸せな気持ちになるでしょう。かわいい笑顔を見ることができると「この子のために頑張ろう」と思えそうですね。

クーイングで発声を楽しむ姿が見られる

新生児のころは起きていても声を発することはあまりなく「泣き声しか聞いていないから、違う声を聞きたいな」「早くお話してくれないかな」など、赤ちゃんがどんな声をしているのか気になるママは多いのではないでしょうか。生後2カ月ごろになると、クーイングといって赤ちゃんが「うー」などとかわいらしい声を出し始めますよ。

とくに、赤ちゃんのご機嫌のよいときは「うー、あー」とよく声を出します。声を出すのが楽しかったり、自分の声を聞いて喜んだりなど、遊び感覚で声を出していることが多いでしょう。

赤ちゃんが楽しそうに声を出しているときは、赤ちゃんの真似をして声を出す、「すごいね。お話上手だね」と褒めるなど、コミュニケーションをとるとよいですよ。

おてて発見!ハンドリガードのかわいい仕草

生まれたての赤ちゃんは寝ている時間が長く、起きているときは泣いていたり、おっぱいを飲んだりして過ごしていますよね。成長してくると起きている時間が長くなって、様々な行動が見られるようになります。

成長すると見られる行動の一つに、ハンドリガードがあります。自分の手をじっと不思議そうに見つめる行動で、興味津々におててを動かして遊んでいますよ。

生後2カ月ごろになっても視力は未熟ですが、ぼんやりとは見えるようになっていきます。この行動が見られると、赤ちゃんの体や心が発達している証拠でもありますよ。成長とともにおてて以外のものに興味を持っていくので、嬉しそうに見つめている可愛い仕草に癒やされましょう。

生後2カ月の母乳とミルクの基礎知識

母乳ママの授乳の目安やポイント

ママのおっぱいは人によって出る量が違いますし、ミルクのように測るのが難しいので赤ちゃんに与える目安が分かりにくいですよね。新生児のころと比べると体が大きくなってきて、1回の授乳で飲める量が少しずつ増えていきます。

1回のおっぱいを与える時間は、長くても30分以内に終えるようにしましょう。両方のおっぱいから母乳が飲めるように、バランスよく飲ませてくださいね。

おっぱいを飲んだのに赤ちゃんが満足していない、30分以上経ってもおっぱいを飲み続けているなど、赤ちゃんのお腹が満たされていない場合は母乳の量が足りていない可能性があるため、ミルクを足して様子を見ましょう。授乳の前後に赤ちゃんの体重を量ると、どのくらい飲めているかが分かりますよ。
82 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND